So-net無料ブログ作成
検索選択
喰蔵公式TOP
喰蔵利用案内
喰蔵会社概要
喰蔵登録店一覧
喰蔵加盟問合せ
プライバシーポリシー
喰蔵クーポンGET
うどん
ラーメン
そば
お好み焼き
たこ焼き
鉄板焼き
焼肉
レストラン
洋食
ダイニング
イタリアン
ステーキ
しゃぶしゃぶ
牛タン
骨付鳥
串揚げ
居酒屋
焼き鳥
割烹
創作料理
丼もの
おでん
餃子
カニ
うなぎ
スイーツ
韓国料理
中華料理
カフェ
スープ
飲茶
バー
屋台
製造・販売
惣菜
和食
寿司
スタッフ募集中
高松市街中心部
高松市街地南部
高松市西部
高松市東部
高松市南部
高松市周辺
国分寺町
坂出市
丸亀市
さぬき市
多度津町
お好み焼 多美也
お好み焼 ふみや
鍛冶屋町店
ガトーよしだ
飲茶居 天胡同
マジックバー・バー
インティキ マジシャン
讃岐食酒工房
ふるさと
中華料理 彩宴
韓国料理マッコウル
讃岐食堂
がもう うどん

【喰蔵】- くうぞう - お知らせ

「喰蔵 -くうぞう-」とは、香川県の様々なジャンルの飲食店を検索して、外食を楽しくお得に利用できるサイトです♪
外出先でもチェックできるように下のQRを読み込むかURLを入力してブックマークして下さいね◎
[携帯電話]喰蔵サイト:http://www.ku-zou.com/mb/     [携帯電話]喰蔵ブログ:http://ku-zou.blog.so-net.ne.jp/ ブログ貼付用QR.gif

このso-net用のブログと同じ記事を【mixi】と【アメブロ】にも書いてますので、お好みのバージョンでご覧下さい。
※ちなみにmixi版は画像容量が無制限なので写真アップ枚数が一番多いので是非覗いてみてください☆
【mixi版】http://mixi.jp/show_profile.pl?id=6800189&from=navi
【アメブロ版】http://ameblo.jp/houtensyouti/

【喰蔵】への掲載の問合せ・申し込みを始め、
ホームページ制作・印刷物制作・デザイン・写真撮影などのお仕事依頼も受付けてますので
お気軽にフォームに必要事項を入力して送信して下さい。
【PC版】http://www.ku-zou.com/inquiry/
【携帯版】http://www.ku-zou.com/mb/inquiry/
前の10件 | -

『裏きせき 国分寺本店』 [ラーメン]

高松市西部運動センターの北側にある
『裏きせき 国分寺本店』
裏きせき-外観2.jpg


以前は『手打うどん まるや』だった場所で、
かつて喫茶店だったと思われるデザインが目を引きます。

そして勘のいい人は店名で気付いた通り
ここは塩ラーメン専門として人気を博している
『麺屋 軌跡 (きせき)』が展開する新しいラーメン屋さんです。

元々は現在閉鎖されている<高松いろは市場>から始まり、
施設の閉鎖と共に本店を栗林公園近くに移してからも人気が高まって
今では丸亀・志度にも店舗があるのでラーメン好きなら必ず知ってると言っても過言ではないお店。

しかし、今回出店したお店は店名に“裏”とつけるだけあって
今迄の『軌跡』のイメージとは全く、違う濃厚豚骨ラーメンとつけ麺の専門店になってるとの事で
あっちゃん夫婦に薦められて一緒に行ってきました♪

店内は入って右側にカウンター席と、右側に座敷席というレイアウトで
席数がうどん屋だった頃は36席だったのが今は25席に減っているのも原因だと思いますが
結構イメージが変わっていました。
裏きせき-カウンター2.jpg
裏きせき-店内2.jpg

店員さんは平均年齢が若く、爽やかな印象を受けるのが『軌跡』っぽくていい感じ。


そんなお店のメニューを開くと、麺類はラーメンとつけ麺が各1種類ずつというシンプルさに驚きましたが
そのほうが専門性が高くて味に期待できるので「魚介豚骨つけ麺 800円」を注文してみました。

それから待つこと約11分。
出来上がったつけ麺は、見た目は王道だけど味は王道ではありませんでした。
裏きせき-つけ麺2.jpg

一般的な魚介豚骨のスープと比べて脂っぽさと塩気が強めなので
豚骨や醤油の味が控えめで、目を閉じて食べれば濃厚な塩つけ麺だと思うかもしれません。

もちろん、海苔の上に魚粉もトッピングしてあるので魚介の風味も感じるし
優しい味わいのプリッとした食感の太麺との相性がいいので箸の進みが早かったです。
裏きせき-麺2.jpg

といった感じで今迄の『軌跡』とは全く違うタイプの麺を愉しめるので
今までは塩ラーメン専門という事で敬遠していた人も是非どうぞ。


▽メニュー紹介

▼麺
「濃厚豚骨ラーメン 700円/替玉150円/肉増し300円/味付け半熟玉子100円」
「魚介豚骨つけ麺 800円/大盛無料(300g)※替玉不可」

▼サイドメニュー
「白めし 100円」
「肉めし 250円」
「浜松餃子 350円」


【住】香川県高松市国分寺町新居8-6
【電】087-802-8033
【営】11:00~23:00
【休】無休
【席】25席
【駐】10台




nice!(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

『さっぽろジンギス 北の大地』 [居酒屋]

トキワ新町を国道11号線側から入って2軒目にある
『さっぽろジンギス 北の大地』
北の大地-外観2.jpg


レインボーロードの『贔屓屋かくれんぼ』などを経営する会社のお店で、
以前は『けむり家』という焼肉屋さんがあった場所です。

ちなみに『けむり家』は『寅や』があった場所に移動して
『寅や』は『酔灯屋』があった場所に移動しました。

更に言えば、贔屓屋のテストキッチンが『北の大地』と『寅や』の間にあるので
トキワ新町を北から入って最初の交差点迄、西側に並ぶお店は全て『贔屓屋』グループという事になります。

で、様々な業態の居酒屋を展開する『贔屓屋』が羊肉専門店として新しく挑戦したのがこのお店。

羊の肉は独特の臭いとクセがあるので好き嫌いが分かれる料理ですが、
野菜も付いたセットが900円というリーズナブルな価格で食べられるのは魅力的です。

その安さに背中を押され、
試しに「ジンギスカンセット 900円」と「ラムしゃぶセット 900円」を食べてきました♪

ただ、この安さなので2人前からしか注文できないんじゃないかと少し不安でしたが
席に着く前に、それぞれ1人前ずつという注文が可能か尋ねたところ普通にOKだったので嬉しかった◎
北の大地-店内2.jpg


だけど、ジンギスカンとラムしゃぶ1人前ずつが揃った状態を見ると
予想以上に豪勢な雰囲気満点で、何だか申し訳なく感じるほどでした。
北の大地-料理2.jpg

というのも、ジンギスカンは炭火を使ってるんです♪
直火ではないので炭の風味は肉につかないものの、
遠赤外線効果のある炭火で焼いたジンギスカンは香ばしさと柔らかさを併せ持っていて最高◎

しかもラム肉特有のクセもあまり感じないし、
専用のドーム型鉄板を使う事で余分な脂を落としながら食べるので、とてもヘルシー。
北の大地-ジンギスカン2.jpg


ただし、ラムしゃぶのほうは羊肉特有のクセをしっかり感じます。
火鍋にも使う半分に分割された鉄鍋に<塩だし>と<昆布だし>が入ってるので
食べる度に違う味を堪能してみましたが、どちらもしっかりとした羊肉のクセが鼻を抜けていきます。
北の大地-ラムしゃぶ2.jpg

それでも、臭い豚骨ラーメンが好きな人がいるように
ラムはこれぐらいのクセがあるほうが好きな人も大勢いるし
そもそも、このお店はラムが好きな人が来ると思うので全く問題ありません。


という感じで、あっさりに寄せてない本物のラム肉を堪能したい人はガッツリと。
私のように羊肉に興味あるけど好みに合うか不安な人は、基本的なセットだけを注文してみたりして
それぞれ自分に合う注文の仕方で一度試してみて下さい。


▽メニュー紹介

▼本日のおすすめ
「自家製ピクルス 420円」
「ユッケジャンスープ 420円」
「もち豚のしゃぶしゃぶ 800円」
「塩ジンギス山わさび添え 850円」

▼ジンギスカン
「ジンギスカンセット 900円」
◇ジンギスカン追加
「追加ラム肉 600円」
「追加ラム肉 1,100円」
「追加野菜盛り 340円」
「単品野菜 各200円」

▼ラムしゃぶ
「ラムしゃぶセット 900円」
◇ラムしゃぶ追加
「追加オーストラリア産ラム肉 小皿600円/大皿1,100円」
「追加野菜盛り 340円」
「知床産エゾシカ 800円」
「国産黒毛和牛 1,800円」
「追加野菜 各200円」

▼一品
「塩キャベツ 200円」
「白菜キムチ 340円」
「チャンヂャ 380円」
「キムチ盛り合わせ 480円」
「トマトスライス 320円」
「ゴロゴロポテトサラダ 380円」
「チョレギサラダ 480円」
「あっさりごま塩サラダ 480円」
「サーモンとアボカドのサラダ 560円」
「十勝豚丼 640円」
「さっぽろ風 味噌ラーメン 600円」
「炙り明太子茶漬け 480円」
「梅昆布茶漬け 480円」
「ご飯 小200円/中250円」

▼こだわりデザートMENU
「手づくり なめらかクリームチーズプリン 280円」
「手づくり クラシックショコラのミルクアイス添え 430円」
「北海道産ミルクアイス 280円」
「手づくりタルトチーズケーキ 430円」
「北海道産 夕張メロンアイス 280円」

▼各種宴会コース
「ジンギスカン+ラムしゃぶコース お1人様3,500円/飲み放題付き4,800円」
「ジンギスカンコース お1人様2,500円/飲み放題付き3,800円」


【住】香川県高松市瓦町1-10-16
【電】087-861-1005
【営】16:00~24:00(Lo.23:00)
【休】無休(元旦は除く)
【席】36席
【駐】無し




nice!(11)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

『こだわり麺や 今里店』 [うどん]

ホームランドーム木太店の向かいにある
『こだわり麺や 今里店』
こだわり麺や-外観2.jpg


以前は『うどん棒 今里店』があった場所で、
2016年9月2日にオープンした郊外型セルフうどん店♪

かつて丸亀市で個人店として創業した『麺や』ですが
今ではマレーシアにまで出店している勢いのあるうどん屋さんです◎

なので新店でありながら、オペレーションに安定感があるし
どの店員さんが対応しても気持ちの良い接客をしてくれるのが素晴らしい♪♪

店舗も、壁の3面から光が射す明るい構造になっているため
曇天だったこの時も暗さを全く感じず、解放感に溢れていました。
こだわり麺や-店内2.jpg

『うどん棒』だった時は11時から21時迄という夜重視の営業でしたが
『麺や』に変わった事で6時半から15時までという真逆の朝方営業になりました。


そんなお店でまず注文したのは「ぶっかけ(冷) 小290円」。
こだわり麺や-ぶっかけ2.jpg

メニュー表の順番を見て、それが推し麺だと判断して食べてみると
麺の艶、程よく強いコシ、少しモッチリ感のある食感、
どれをとっても一般的な郊外型セルフうどん店の平均点を越えたレベルで美味しい♪♪

その麺に負けず殺さずバランスのとれたダシも臭みや後味の悪さが全く無く、
大量にトッピングされた鰹節と合わさる事で風味豊かなうどんへと仕上がっていました。



で、「ぶっかけ」を食べてたらお腹が空いてきたので「釜揚げ(温) 小290円」を追加注文。

その時点で閉店まで残り1時間という頃合いだった為、断られるかと少し心配しましたが
何のためらいも無く、明るい笑顔で快く注文を受けてくれるのがポイント高い◎

普通、閉店が近い時間に釜揚げを注文すると
「今日はもう釜入れは終わった」と言われたり、明らかに不機嫌そうな顔をされたり
「湯だめ」を「釜あげ」だと言って提供したりするお店があるので
たった1玉の為にわざわざ釜揚げを作ってくれるというのは実は結構珍しいんです。

しかもそれがセルフ店で行われているというのが最高♪
フルサービスの一般店でも断られる事があるのに
低価格が自慢のセルフ店で、営業時間中いつでも釜揚げを食べられるのは貴重です◎


なので、この時は感謝の意味も込めて
茹であがるまでの待ち時間に「かけ(温) 小210円」を追加注文♪
こだわり麺や-かけ2.jpg

しかも個人的に『こだわり麺や』のメニューでは「かけ」が一番好きなので
時間つぶしのつもりが本気食いになってしまいましたww

風味豊かな優しいダシが絶妙な濃さで、存在感のある麺との相性抜群で
2杯目にもかかわらず1分ほどで完食◎


それからほどなくして「釜揚げ」が出来上がったので薬味をセッティングして食べると、
「釜揚げ」でしか堪能できない表面のヌメり具合とソフトな食感、つけダシとの絡み具合がこれまた最高で
やっぱり追加注文して大正解でした♪
こだわり麺や-釜あげ2.jpg

で、どのうどんも1玉ずつなので玉数としては3玉という事で特に多くもないけれど、
1人で何回も追加注文するお客さんは珍しいのか、
追加注文の度にちょっと驚いた顔をする店員さん達が面白かったです◎


▽メニュー紹介

▼うどん
「ぶっかけ(温・冷) 小290円/中380円/大470円」
「かけ(温・冷) 小210円/中300円/大390円」
「醤油(温・冷) 小290円/中380円/大470円」
「ざる(冷) 小290円/中380円/大470円」
「釜玉(温) 小290円/中380円/大470円」
「肉ぶっかけ(温・冷) 小480円/中580円/大680円」
「肉うどん(温) 小480円/中580円/大680円」
「カレー(温) 小420円/中540円/大660円」
「冷やし(冷) 小290円/中380円/大470円」
「釜揚げ(温) 小290円/中380円/大470円」

▼持ち帰り
「うどん玉 1玉85円」
「かけだし 1人前85円」
「つけだし 1人前85円」


【住】香川県高松市木太町2区1130-4
【電】087-873-2311
【営】6:30~15:00
【休】毎月第3水曜
【席】48席
【駐】19台




nice!(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

『焼肉 山惣 (やまそう)』 [焼肉]

ゆめタウン三豊店から11号線を愛媛方面に進み、
陸橋のある最初の信号を越えてすぐの三差路を右に入り、
昔ながらの商店や住宅が並ぶ道を約350m進んだ所の交差点を右折すると見えてくる
『焼肉 山惣 (やまそう)』


先日、観音寺方面で食事をする機会があったのですが
何のあてもなく突然の事だったので、どこで何を食べようか悩んでいたところ
地元に住んでいる人にすすめられたのがここ♪

当初は馬刺しが食べられるお店と、どちらがいいかと話していたのですが
『山惣』は、ものすごく妖しくて当たり外れが大きいけど安くて美味しいと教えてくれたので
そっちを選んでみました◎

そして道案内の通りに車を進めていくと、大通りから外れて
人通りの無い古びた昔ながらの商店や住宅が並ぶ細い道に入って行く。

すると、ギリギリ車が対向できるかなと思うくらいの真っ暗な道の先に光が灯っていて
そこが目的のお店だったのですが、ただでさえ妖しい雰囲気満点なのに
隣が墓地という立地が面白すぎて店に入る前からワクワクしてました♪
山惣-外観2.jpg

で、店に入ってみると意外にも雑然さが無かったし
大きな鉄板があるカウンター席と、座敷が用意されていて結構居心地いい雰囲気◎
山惣-店内2.jpg

なので近所の常連さんらしきお客さんも結構いて
店主との楽しそうな会話が店に響いてるのがいい感じでした。

そしてメニューを見てみると、肩書きは焼肉屋さんなのに
焼肉メニューが約4分の1くらいしか無くて
ピザトーストやカレーライスとかが載ってるのが面白い♪


そんなお店で注文した焼肉は
「ハラミ 500円」「ホルモン 400円」「タン 650円」「センマイ 400円」「とりモモ(若) 350円」。
山惣-ハラミ2.jpg
山惣-ホルモン2.jpg
山惣-牛タン2.jpg
山惣-センマイ2.jpg
山惣-鶏2.jpg

肉は保存方法が悪かったり日が経つと変色や臭いが出てくる繊細な食材ですが
ここで出てきた物は、どれも色も食感も味も良くてビックリ!!

街中の名の知れたお店でも稀に痛んでるような味がする肉が出てくる事があるのに
失礼ながら、こんな田舎の人通りの無い場所にあるお店でこれだけの肉が出てくるとは思いませんでした。

もちろん、高級店と比べれば肉の質は普通ですが
それでも設定されている価格帯から考えれば十分満足できる美味しさだったし
店内には<全国和牛能力共進会出品記念>と書かれた写真が飾られていて
経営者の肉に対するこだわりが伝わってきて、ここを教えてくれた人に心から感謝です◎
山惣-焼肉2.jpg


あと、焼肉以外にも
「ホルモン鍋 700円」「生ハムサラダ 400円」
「焼き飯 650円」「ポテトとベーコンのチーズ焼き 500円」を食べてみたところ、
これまたどれもハズレが無いどころか
良質なホルモンをたっぷり使った鍋は旨味が凝縮されていたし
生ハムは、ソフトな舌触りと濃厚な味わいが最高でした♪
山惣-ホルモン鍋2.jpg
山惣-サラダ2.jpg
山惣-チャーハン2.jpg

という感じで、自分だけでは絶対に見つけられなかったであろう
当たりのお店に出会えて、幸せな時間を過ごせた事に感謝です◎


▽メニュー紹介

▼おすすめ
「メザシ 400円」
「ハギみりん干 400円」
「エイみりん干 400円」
「シマあじみりん干 400円」
「生セン 600円」
「里芋煮 350円」
「もちピザ 400円」
「生ハムサラダ 400円」
「ミョーガ酢漬 350円」
「卵豆腐 350円」
「なまこ 350円」

▼焼肉
「和牛ロース 1,400円」
「カルビ 600円」
「ハラミ 500円」
「バラ 500円」
「タン 650円」
「上ミノ 450円」
「豚ロース 400円」
「センマイ 400円」
「心臓 400円」
「レバー 400円」
「ホルモン 400円」
「とりモモ(若・親) 350円」
「トントロ 400円」

▼一品料理
「もやし炒め 400円」
「冷奴 350円」
「メザシ 400円」
「ししゃも 500円」
「ウインナー 300円」
「ちくわ天ぷら 500円」
「ハムサラダ 500円」
「焼き餃子 400円」
「焼きうどん 500円」
「焼きそば 500円」
「お好み焼き 700円」
「ホルモン鍋 700円」
「とりの足(若・親) 700円」
「とりの皮串2本 300円」
「軟骨から揚げ 500円」
「スペアリブ 700円」
「トンカツ 800円より」
「ポテトとベーコンのチーズ焼き 500円」
「ピザトースト 500円」
「山いも鉄板焼き 500円」
「ポテトフライ 350円」
「トマトスライス 350円」
「たこわさ 350円」
「カレーライス 650円」
「焼き飯 650円」
「お茶漬け 400円」
「焼きおにぎり 300円」
「ごはん 150円」

▼オーブン焼き
「ハラミ・タン・心臓・豚 お店で確認」


【住】香川県三豊市豊中町本山甲1435-2
【電】0875-62-2917
【営】?
【休】?
【席】22席
【駐】4台




nice!(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

蟹を食む♪ [かに料理]

東バイパス沿い、高松ぽかぽか温泉の西側にある
『高松甲羅本店 (たかまつこうらほんてん)』


半年に一度の贅沢な日がやってきました♪

本当ならば三日に一度くらいは食べたい蟹料理ですが
そんな訳にもいかないので、半年に一度存分に食べるようにしてます◎

しかも蟹料理を提供するお店で、個人的には
蟹の質が一番良いと思う『甲羅』で食べるのが至福の時間です♪

もちろん味だけでなく、高級感のある店舗や丁寧な接客の店員さんも外せないポイントで
私の周りで蟹を食べたいという人がいると真っ先にこのお店を紹介しています。


そんなお店で食べた会席の始まりが【前菜】。
甲羅-前菜2.jpg

「タラバミニサラダ、茸と菊花のみぞれ和え、柚子帆立、
烏賊海老銀杏串、栗袱紗、鰤の泥酢かけ」というラインナップで、
とにかく料理に施された仕事の細かさに脱帽です◎

味や彩りはもちろん、器や切り方、盛り付け方まで文句のつけようがない芸術品♪
更に、一枚の折り紙から作った蟹が飾れてる遊び心が潜んでいるのも魅力的で、
あまりの出来の良さに見とれてしまいました。



次に【刺身】として「ずわい蟹のお刺身」。
甲羅-刺身2.jpg

シンプルであるからこそ味の誤魔化しがきかない刺身。
刺身は質が悪いとカビっぽい風味を感じたりしますが
『甲羅』の刺身は、とにかく甘さが強くて文句無しに美味しいんです☆



次に【台物】として「ずわい蟹と毛蟹の豆乳鍋」。
甲羅-台物具2.jpg

食べるのに夢中になりすぎて豆乳で煮込んだ状態を撮るのを忘れてしまいましたが
蟹と豆乳がこんなに合うとは思わなかったので新発見な料理でした♪



次に【焼物】として「蟹と士幌(しほろ)牛の朴葉(ほうば)焼き」。
甲羅-焼物2.jpg

北海道は十勝地方にある士幌町で育てられた牛肉を
飛騨高山の郷土料理の朴葉味噌のような焼き方で食べるオリジナル料理◎

甘さが引き立つ白味噌を絡めつつ焼いて食べるのですが、
牛肉と蟹の味を殺す事無く、味噌や葉っぱの風味が更に美味しさを引き立ててくれるし
不思議とどこかの旅館で食事してるかのような感覚にさせてくれる贅沢さが最高でした♪



次に【蒸物】として「蟹の茶碗蒸し餡かけ」。
甲羅-蒸物2.jpg

蟹入り茶碗蒸しというのはスーパーでも売ってますが、
やはり専門店のレベルの高さは圧倒的で
蟹の身の量はもちろん味の深さが全然違うし、
出汁の上品さが絶妙すぎて一瞬で食べ終わってしまいました◎



次に【酢物】として「茹で蟹三種盛り(ズワイ・タラバ・毛蟹)」。
甲羅-茹蟹2.jpg

蟹の調理法として茹で蟹は一番オーソドックスなので蟹の良し悪しがハッキリ分かるし、
とある店で茹で蟹を食べた時は冷凍の味が強すぎて蟹そのものの味が死んでた事がありますが
『甲羅』ではそんな状態で提供された事は過去一度も無いので安心して食べられます♪

しかも蟹を代表するズワイ、タラバ、毛蟹を一度に食べられるのがたまらない逸品です◎



次に【寿司】として「海鮮ちらし寿司」と「鉄砲汁」。
甲羅-寿司2.jpg

御飯が見えないほどの具がトッピングされていて、
具材を混ぜながら食べればちらし寿司になるのだと思いますが、
まず具を少し食べないと混ぜられないという贅沢さがたまらない♪

しかも私の大好きな生ズワイが一本入ってるのも嬉しくて
〆の料理でありながら強烈な美味しさが口に広がって最高でした☆



そして【デザート】として「抹茶プリンとフルーツ」。
甲羅-デザート2.jpg

抹茶のデザートというのは比較的抹茶パウダーの味そのものを感じる物が多いけど
この抹茶プリンは、その安っぽさを感じない上に上品さと濃厚な甘さを兼ね備えているのが素晴らしかった◎

手抜きになりがちな付け合わせの果物に関しても質の良い物を使っていて
最後まで『甲羅』のレベルの高さを堪能できて最高の食事を愉しめました♪


ちなみに蟹は近年、どんどん値上がりをしていて
蟹だけでメニューを構成すると価格帯の平均が高くなってしまう為、
肉や魚を取り入れたメニューへとシフトチェンジする予定らしいので
純粋に蟹を満喫したい人は忘年会等も兼ねて今のうちに食べに行く事をオススメします◎


▼『高松甲羅本店』の詳しい情報はこちら▼
■PC・スマホ版■ http://www.ku-zou.com/shop/takamatsukoura/
■ガラケー版■ http://www.ku-zou.com/mb/shop/takamatsukoura/
nice!(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

『GOOD NEIGHBORS COFFEE 高松 (グッドネイバーズコーヒー)』 [カフェ・喫茶]

レインボーロードのパワーシティの敷地にある
『GOOD NEIGHBORS COFFEE 高松 (グッドネイバーズコーヒー)』
グッドネイバーズ-外観2.jpg


2016年9月17日にオープンしたカフェで、
2013年4月24日、丸亀に1号店がオープンして以来、人気の高いお店です♪

店名が示す通りコーヒーにこだわったお店ですが
紅茶やソフトドリンクも充実してるのが嬉しい◎

かつて回転寿司屋だった店舗をフルリニューアルし、
ブルックリンのダイナーをイメージしたオシャレな空間に生まれ変わりました。
グッドネイバーズ-店内手前2.jpg
グッドネイバーズ-店内奥2.jpg

外観はもちろん、三角屋根を利用した高い天井が解放感を増してくれるし
暗めの照明とデザインのいい調度品が心を和ませてくれます♪

これだけ店舗に力を入れてるお店なので、当然ながらスタッフさんの接客レベルも高くて
上辺だけでなく、しっかりとお客さんに向き合った対応をしてくれてる感じがしました。


そんなお店で注文したのは店イチオシの「特製ロースカツサンドイッチセット 1,200円」。

メニューには<ランチ>として載ってますが11時から22時まで注文できるので
モーニングの時間を除けば、ほぼ終日注文できます。

しかもセットのドリンクが9種類から選べるのは私的にポイントが高い上に
ピンクグレープフルーツが用意されてるのが嬉しかった◎

で、自慢のロースカツは注文を受けてから揚げてくれるので少々待ち時間があって
約9分待った頃に完成♪
グッドネイバーズ-サンドイッチ2.jpg

そのカツは極厚とかではなかったけど、
噛むとジュワッと肉汁が出てくるジューシー加減とサクカリッの衣がいい感じ。

サラダ・スープ・ポテト・ドリンクがセットになっているとはいえ
1,200円のランチというのは決して安くはないけれど
味・雰囲気・接客全ての要素が満足度を十分に満たしてくれるお店でした。


▽メニュー紹介

▼コーヒーとサンドウィッチのセット
「ロースカツサンド ドリンク代+750円」
「チキンカツサンド ドリンク代+700円」
「ベシャメルコロッケサンド ドリンク代+600円」
「カレーメンチカツサンド ドリンク代+600円」
「和風チキンカツサンド ドリンク代+700円」
「味噌カツサンド ドリンク代+750円」
「タマゴサンド ドリンク代+500円」
「クラブハウスサンド ドリンク代+800円」
「サーモンフライサンド ドリンク代+650円」
「タルタルエビフライサンド ドリンク代+800円」
「グリルチキンサンド ドリンク代+750円」

▼コーヒーとピラフのセット
「チキンピラフ 950円」
「エビフライピラフ 850円」
「ベシャメルコロッケ・カレーピラフ 850円」
「ロースカツ・カレーピラフ 950円」

▼コーヒーとトーストのセット
※+50円でイチゴジャム追加
「厚切りトースト ドリンク代+200円」
「1/2トースト ドリンク代+150円」
「おいもパン ドリンク代+300円」
「1/2おいもパン ドリンク代+200円」
「讃岐粒あんトースト ドリンク代+380円」
「1/2讃岐粒あんトースト ドリンク代+240円」

▼POTATO
「ポテト ドリンク代+400円」

▼コーヒーとスイーツのセット
「グッドネイバーズパフェ ドリンク代+650円」
「コーヒーゼリー ドリンク代+500円」
「スペシャルコーヒーゼリー ドリンク代+600円」
「NYパンケーキ ドリンク代+600円」
「クロワッサンシェル ドリンク代+450円」
「ブルーベリーシェル ドリンク代+500円」
「キャラメルチョコレートシェル ドリンク代+550円」
「スィートチョコレートシェル ドリンク代+550円」
「小倉&黒蜜シェル ドリンク代+650円」

▼モーニングメニュー
※7:30~11:00
「Aセット/厚切りバタートースト+サラダ+ゆで玉子+ヨーグルト付 ドリンク代+200円」
「Bセット/厚切りバタートースト1/2+ゆで玉子付 ドリンク代+100円」
「Cセット/タマゴサンド+スープ+サラダ+ヨーグルト付 ドリンク代+300円」

▼ランチメニュー
※11:00~22:00
「日替わりサンドイッチセット 1,000円」
「特製ロースカツサンドイッチセット 1,200円」


【住】香川県高松市多肥下町1552-26
【電】087-813-5852
【営】7:30~23:00
【休】無し
【席】50席
【駐】パワーシティレインボー駐車場利用




nice!(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

『肉の一冨士本店』 [焼肉]

岡山インターから車で約3分の場所にある
『肉の一冨士本店』
一冨士-外観2.jpg


肉の卸しとネット販売をしている会社が開催した
「朝からBBQ食べ放題30分」というイベントに参加してきました♪

そこは毎週日曜日にも10時から20時まで手ぶらで行って楽しめる
「バーベキュースタジアム」というイベントもしていて
道具や食材を現場で購入できるのも好評のようです。

しかし、今回参加したイベントは出血サービスのイベントらしくて
20名限定で30分という短い時間とはいえ男性1,200円女性1,000円という破格値だったのが驚きでした◎

そんな会場に開始時間の約1時間前に到着する感じだったので
いくら何でも早すぎて誰もいないと思ったら、すでに30人くらいの行列ができていてビックリ!!

え!?こんな早くから皆並んでるの??予約制なのに早い者勝ちなの??
と、驚きながら現場に着いてみて謎が判明。

その列は、同じ会社が定期的に開催している肉の超特売日を目当てに来た人達だったのです。
整理券まで配布され、売切れ御免の卸売価格販売なので
人気の肉は早々に完売してしまうのを知っている常連さん達が早朝から並んでいました。

で、それに便乗して車屋のコーティングや豆腐屋さんがブースを出していたアンバランスさが面白かった♪


なので、早朝バーベキュー組としては一番のりだったのでコンビニで飲み物を調達したりして
まったり待っていると、店員さんが肉を大量に焼き始めました。
一冨士-BBQ2.jpg

最初は特売に来た人達に販売する目的かと思っていたら
どうやらバーベキュー食べ放題用に焼いてるようでした。
一冨士-肉2.jpg

バーベキューというからには自分で焼いて食べるのだと思ってましたが
次から次へと店員さんが焼いてくれるので本人は食べる事に集中できるのは良かったです。

あと、小さいながらもバーベキューセットが2つ用意されていたので
自分で焼いて食べる事もできました。

そんなこんなで9時になると同時に30分食べ放題スタート◎

したのはいいけど、とにかく肉が固い!!
熱いのも大変だったけど思いっきり噛み切る必要があるので全然スピードが出ない!

焼き置きしてる肉だからそんな状態なのかと思って
後発で焼けたばかりの肉を食べてみたら、やっぱりそれも固くて次々食べられないが残念★

仕方なく別で用意されていた唐揚げを食べてみると、これがめちゃくちゃいい感じでした♪
結構冷めてたけど肉質は柔らかいし、サクカリッとした食感の衣の甘辛スパイシーな味付けが最高◎
一冨士-からあげ2.jpg

なので後半はほとんど唐揚げしか食べてませんでしたww

とはいえ、メインの肉があまり食べられなかったので
御飯一杯も付いていましたが1,200円の元はとれてないと思います。

しかし、この食べ放題は元をとるのが目的ではなくて
イベント性を愉しむのが目的だと思うので他の参加者はとても楽しそうに満喫してました。

かくいう私も、一人BBQではなくて
バーベキューインストラクター仲間と一緒に十分楽しめたので参加して良かったです♪
一冨士-参加者2.jpg


【住】岡山県岡山市北区富原543-4
【電】086-252-5872
【営】6:00~18:00
【休】?
【席】16席
【駐】約30台




nice!(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

『讃岐うどん えん家』 [うどん]

フェリー通り沿い、片原町商店街の東側入口脇にある
『讃岐うどん えん家』
えん家-外観2.jpg


かつて『オリーブ食堂』があった場所で、
その後に徳島ラーメンを食べられる『おかめ』というお店になった店舗が
2016年10月6日に讃岐うどんのお店としてグランドオープン♪

道路と平行した縦長の店内はカウンター席だけかと思いきや
1卓だけ2人用のテーブル席もあって、更に2階にも座敷があるんだとか。
えん家-店内2.jpg

ちなみに、たまたま他のお客さんが質問していたのが聞こえたのですが、
2階は宴会ができるほどの広さはないそうです。

そんなお店は男性2人の店員さんが切り盛りしていて
小じんまりしたお店ながら威勢も良かったし清潔感もあるのが好印象でした◎

そんなお店で注文したのはメニューに“人気No.1”と書いてあった「かしわ天ざる 680円」。

夜の19時迄の営業だし、注文したのが13時55分というピークを過ぎた時間だったので
茹で置きの麺が出てくるのを覚悟していたのですが、メニューの小さな説明書きを見ると
注文ごとに麺を茹でるし、天ぷらも注文を聞いてから揚げるから時間がかかるとの事だったので
期待しつつ約8分経った頃に完成♪
えん家-かしわ天ざる2.jpg

さすがに茹でたてだけあって艶は抜群ですが、
食感はツルツルではなくて、ツルッとしてモニュッとしているので重さを感じるのが特徴。
えん家-麺2.jpg

どちらかといえば東讃に多くみられる“団子系”の麺に近い食べ心地なので
何となく懐かしさを感じるし、つゆも濃すぎず薄すぎないので食べやすかった。


で、宮崎県産の地鶏を使ったという「かしわ天」は
衣はサクサクだし中はジューシーでスパイスを効かせた味付けがいい仕事してました♪

という感じで讃岐うどん店としては遅めの19時まで
茹でたての麺が食べられる貴重な存在だと思いますので
ランチタイムはもちろん、仕事帰りに立ち寄ってみて下さい◎


▽メニュー紹介

▼宮崎県地鶏×うどん
「かしわ天うどん 580円」
「かしわ天ざる 680円」
「かしわ天ぶっかけ(温・冷) 710円」

▼自慢のいか天
「いか天うどん 580円」
「いか天ざる 680円」
「いか天ぶっかけ(温・冷) 710円」

▼季節野菜
「野菜天うどん 490円」
「野菜天ざる 590円」
「野菜天ぶっかけ(温・冷) 620円」

▼讃岐の新名物
「釜かけうどん 390円」
「釜揚げうどん 390円」
「釜玉うどん 450円」
「釜玉バターうどん 490円」

▼定番うどん
「かけうどん 290円」
「湯だめうどん 350円」
「ざるうどん 390円」
「わかめうどん 390円」
「ぶっかけうどん(温・冷) 420円」

▼サイド
「うどん一玉増 100円」
「生卵 80円」

▼単品
「かしわ天(4個) 390円」
「いか天 390円」
「野菜天 350円」
「一口鶏皮揚げ(数量限定) 250円」
「おつまみ枝豆 250円」
「おにぎり 1個80円/2個150円」
「おでん 各100円~/牛スジ串120円」

▼お酒
「ビール(生or中瓶) 500円」
「ノンアルコールビール 400円」
「焼酎(麦・芋) 450円」
「日本酒(白鶴) 500円」


【住】香川県高松市片原町3-1
【電】087-822-9090
【営】11:00~19:00
【休】火曜
【席】11席
【駐】無し




nice!(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

『日南市じとっこ組合 フェスタ2鍛冶屋町店』 [居酒屋]

丸亀町商店街のスタバから西へ約50m、フェスタ2ビルの2階にある
『日南市じとっこ組合 フェスタ2鍛冶屋町店』
じとっこ組合-外観2.jpg


ビル正面の階段を上がってすぐの場所に入口がありますが、エレベーターでも行けます♪

『塚田農場』で知られる「株式会社エー・ピーカンパニー」が展開する業態の一つで、
宮崎県日南市の地鶏や宮崎県の郷土料理などを食べられる居酒屋さんです。

ビルの外観とは全く違う雰囲気の店内は木の温かみに溢れ、
店員さん達の元気な掛け声が飛び交う活気ある雰囲気がいい感じ◎
じとっこ組合-店内2.jpg

若いスタッフが多いのに気遣いやおもてなしの精神が素晴らしく、
出迎えから席への案内、商品説明や料理提供時の一言、最後の送り出しまで
一般的な居酒屋よりかなり上をいってます☆

お店イチオシの「じとっこ焼」を食べ終わった後に
鉄板に残った鶏脂を使ってチャーハンを無料提供するだけでなく、
そのお客さんに対してのメッセージをマヨネーズで書いてたり、
会計後に小さなタッパに入った“もろみ”をサービスで渡してくれると同時に
「次回これを空にして持ってきてもらえれば満タンにしてお返しします。」といった感じで
メニューには載って無いサービスを受けると、
マニュアルに組み込まれている行動だと分かっていても嬉しいものです♪
じとっこ組合-チャーハン2.jpg


そんなお店で色々注文して最初に出てきたのが「卵焼 480円」。
じとっこ組合-玉子焼き2.jpg
濃度の強い黄色が目を引く玉子焼きで味付けも濃いので白御飯がほしくなりますが
それよりも半分あたりを斜めにカットしてハート型に盛り付けてるのが面白かった◎


で、次に来たのが「完熟トマトサラダ 650円」。
じとっこ組合-トマト2.jpg
新鮮なトマトの甘さと程よい酸味も良かったし、
特製の玉葱ソースがサッパリ味に深みを与えてくれるのがいい感じ♪


次に「じとっこスープのつけ麺 880円」。
じとっこ組合-つけ麺2.jpg
地頭鶏のスープに数種類の野菜を加え、魚粉で味を調えたというつけ麺は
居酒屋の〆の一品の枠を超えたクオリティで、個人的に穂先メンマが添えられてるのが嬉しかった。


それを食べ終わった頃に届いたのがこのお店の名物「じとっこ焼 中1,220円」。
じとっこ組合-じとっこ焼き2.jpg
宮崎でも限られた農家しか生産が許されていないという
<みやざき地頭鶏>を炭火で豪快に炙り焼きにし、
農具のクワのような鉄板に盛り付けたインパクトはすごい◎

もちろん見た目だけでなく、炭の香りと味を纏った地鶏は風味豊かで
それだけで食べても十分満足できる味なのに、柚子胡椒をつけて食べるのが最高でした♪


あと、「れば炭火焼 480円」も炭火でじっくり焼いてるので
レバーならのでの濃厚な旨味が引き立ってたり、柔らかさも絶妙。
じとっこ組合-レバー2.jpg


で、「じとっこソーセージの焼チーズフォンデュ 780円」は
鉄板にソーセージだけ入れた状態でテーブルに持ってきて、
お客さんの目の前でチーズをかけるパフォーマンスで満足度を上げてるのが良かったし
バケットが添えられてるのが女性に人気ありそうな一品でした。
じとっこ組合-チーズフォンデュ2.jpg

という感じで、料理のコンセプト・店のデザインと雰囲気・接客のレベルの高さ、
全てが揃ってちょうどいいバランスがとれたお店だと思うので是非一度立ち寄ってみて下さい。


▽メニュー紹介

▼宮崎地頭鶏炭火焼
「じとっこ焼 中1,220円/大1,880円」
「地頭鶏のニンニク スタミナ焼き 1,220円」

▼二種より選べるむねみたたき
「マルタニ生姜醤油 650円」
「自家製日向夏ポン酢 650円」

▼セット
「まずこれセット 中1,780円/大2,380円」

▼地頭鶏ささ身
「ささみ串焼(梅大葉・山わさび・明太マヨ) 各1本 380円」
「とりかわポン酢 480円」
「せせり焼 580円」

▼手羽
「じとっこクリスピー 300円」
「手羽先 300円」
「手羽唐 300円」

▼JITOKKO SAUSAGE
「じとっこソーセージの焼チーズフォンデュ 780円」

▼レバ
「れば炭火焼 480円」
「ればテキ 680円」
「れば味噌 480円」

▼一品
「じとっこ流 ミックス盛り 780円」
「鶏とアボカドの山わさび醤油 550円」
「ささみの梅和え 580円」
「とりわさ 480円」

▼野菜
「しらすチョレギサラダ 680円」
「梅もやし 380円」
「たくポテ 380円」
「冷汁シーザーサラダ 580円」
「完熟トマトサラダ 650円」

▼こだわり卵
「卵焼 480円」
「ウフマヨ 380円」
「とんぺい焼 580円」
「とんぺい焼 大葉明太 680円」
「ニラ釜玉 480円」

▼ひむか南蛮
「チキン南蛮 680円/小さいサイズ380円」
「椎茸つくね南蛮 580円」

▼馬刺
「馬刺しネギまみれ 780円」

▼飫肥の天ぷら
「おびのてんぷら 480円」
「おびのてんぷら青のり 480円」
「長芋明太おやき 580円」

▼スパイス魔法のマキシマム
「マキシマムポテト 480円」
「長茄子の唐揚げ 480円」
「ごぼうチップス 380円」

▼明太子
「焦がし七味明太 480円」
「とんぺい焼 大葉明太 680円」
「長芋明太おやき 580円」

▼日向灘しらす
「日向灘しらすおろし 380円」
「ねぎ盛り日向灘しらすまみれ 480円」
「日向灘しらすチョレギサラダ 680円」

▼鍋
「塩もつ鍋 1,180円/〆のラーメン280円」
「名代 炊餃子 880円/〆のラーメン380円」

▼飯・麺
「じとっこ焼そば 780円」
「じとっこチャーハン 680円」
「じとっこスープのつけ麺 880円」
「ごはん 180円」

▼おつまみ
「焦がし七味明太 480円」
「梅もやし 380円」
「ウフマヨ 380円」
「たくポテ 380円」
「さつまいものポテトフライ 480円」
「ざぶとんメンマ 380円」
「ねぎ盛り日向灘しらすまみれ 480円」
「黒枝豆 380円」
「きびなご炙り 480円」
「クリームチーズ醤油漬け 380円」
「ごぼうチップス 380円」

▼宮崎ソウルフード
「宮崎 釜揚げうどん 680円」

▼肉巻
「肉巻おにぎり 300円」
「肉巻チーズ 330円」
「肉巻柚子胡椒マヨ 330円」

▼汁
「冷汁 580円」

▼甘味
「自家製プリン 380円」
「煎茶あいす最中 350円」
「マルタニあいす最中 350円」
「ふわふわレアチーズケーキ 480円」


【住】香川県高松市鍛冶屋町4−1 フェスタ2 2F
【電】087-813-2617
【営】17:00~24:00(Lo.23:30)
【休】無休
【席】52席
【駐】無し




nice!(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ちょっと贅沢な一人焼肉♪ [焼肉]

コープかがわ扇町から西へ約450mの場所にある
『焼肉 香蘭(こうらん) 西宝町店』
香蘭-外観2.jpg


数ある高松の焼肉屋さんの中でも古くから人気の高いお店♪

歴史の長さを物語る店内は昔ながらの焼肉屋さんの雰囲気そのままで
肩ひじ張らず焼肉を日常使いしてほしいというお店のコンセプトにピッタリです◎
香蘭-店内2.jpg

そして扱ってるお肉は安すぎず高すぎないちょうどいい感じで
リーズナブルに食べたいけど肉の質にはこだわりたいという人に最適だと思います。


で、今回食べた中でも一番オススメしたいのが「黒毛和牛オリーブ牛ミスジ 1,500円」。
香蘭-ミスジ2.jpg

肉好きなら必ず知っている希少部位のミスジ。
もちろん定番メニューとしていつでも食べられる訳ではなく、
入荷のある時だけ<本日のおすすめ>としてボードに書いてあるそうですが
これだけの量と質の良さで1,500円で食べられる焼肉屋さんは珍しい♪

このレベルの肉は軽く炙ってレア状態で食べるのがベストで、
高級肉ならではの脂の甘さと純度の高い牛肉の旨さが舌から脳へ突き抜けるほど美味しい☆
香蘭-ミスジ&カルビ焼2.jpg

これと一緒に食べた「三角上カルビ 1,380円」はいつでも食べられる定番メニューでしたが
希少部位に負けず劣らず柔らかくジューシーで、注文した御飯がこの2品で無くなってしまいましたw
香蘭-上ハラミ2.jpg


あと、個人的に好きな部位の「ホルモン 680円」と「センマイ 580円」は
ハズレの無い安定した味で、特にセンマイの風味と食感が私好みで最高でした♪
香蘭-ホルモン2.jpg
香蘭-センマイ2.jpg
香蘭-ホルモン&センマイ焼2.jpg


それと「もやしナムル 200円」「わかたまスープ 350円」を注文して
ちょっと贅沢な焼肉定食のような感覚で“一人焼肉”を満喫できて贅沢過ぎる時間を過ごせました◎
香蘭-スープ2.jpg


という感じで食べ放題などの格安店と高級店との中間ほどに位置する老舗の焼肉屋さんは
店員さんもアットホームな雰囲気の人が多くて、初めて来ても気さくに話してくれると思うので
是非一度立ち寄ってみて下さい♪


▼『焼肉 香蘭(こうらん) 西宝町店』の詳しい情報はこちら▼
■PC・スマホ■ http://www.ku-zou.com/shop/kouran-saihouchou/
■ガラケー■ http://www.ku-zou.com/mb/shop/kouran-saihouchou/
nice!(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の10件 | -
焼鳥てんやわんや
お好み焼 多美也 -たみや-
お好み焼 ふみや 加治屋町店
飲茶居 天胡同 (やむちゃどころ ティンプートン)
香川のグルメ情報検索サイト 喰蔵 -くうぞう-