So-net無料ブログ作成
検索選択
喰蔵公式TOP
喰蔵利用案内
喰蔵会社概要
喰蔵登録店一覧
喰蔵加盟問合せ
プライバシーポリシー
喰蔵クーポンGET
うどん
ラーメン
そば
お好み焼き
たこ焼き
鉄板焼き
焼肉
レストラン
洋食
ダイニング
イタリアン
ステーキ
しゃぶしゃぶ
牛タン
骨付鳥
串揚げ
居酒屋
焼き鳥
割烹
創作料理
丼もの
おでん
餃子
カニ
うなぎ
スイーツ
韓国料理
中華料理
カフェ
スープ
飲茶
バー
屋台
製造・販売
惣菜
和食
寿司
スタッフ募集中
高松市街中心部
高松市街地南部
高松市西部
高松市東部
高松市南部
高松市周辺
国分寺町
坂出市
丸亀市
さぬき市
多度津町
お好み焼 多美也
お好み焼 ふみや
鍛冶屋町店
ガトーよしだ
飲茶居 天胡同
マジックバー・バー
インティキ マジシャン
讃岐食酒工房
ふるさと
中華料理 彩宴
韓国料理マッコウル
讃岐食堂
がもう うどん

【喰蔵】- くうぞう - お知らせ

「喰蔵 -くうぞう-」とは、香川県の様々なジャンルの飲食店を検索して、外食を楽しくお得に利用できるサイトです♪
外出先でもチェックできるように下のQRを読み込むかURLを入力してブックマークして下さいね◎
[携帯電話]喰蔵サイト:http://www.ku-zou.com/mb/     [携帯電話]喰蔵ブログ:http://ku-zou.blog.so-net.ne.jp/ ブログ貼付用QR.gif

このso-net用のブログと同じ記事を【mixi】と【アメブロ】にも書いてますので、お好みのバージョンでご覧下さい。
※ちなみにmixi版は画像容量が無制限なので写真アップ枚数が一番多いので是非覗いてみてください☆
【mixi版】http://mixi.jp/show_profile.pl?id=6800189&from=navi
【アメブロ版】http://ameblo.jp/houtensyouti/

【喰蔵】への掲載の問合せ・申し込みを始め、
ホームページ制作・印刷物制作・デザイン・写真撮影などのお仕事依頼も受付けてますので
お気軽にフォームに必要事項を入力して送信して下さい。
【PC版】http://www.ku-zou.com/inquiry/
【携帯版】http://www.ku-zou.com/mb/inquiry/
前の10件 | -

最近ハンバーグ率が高い♪ [食堂]

高松商業高校から住宅街の路地を南に約160mの場所にある
『多賀町の食堂 スマイリー』
スマイリー-外観2.jpg


高松にずっと住んでるのに一度も行った事がないというので
久々に会ったあっちゃんと寄ってきました♪
スマイリー-店内2.jpg

食べ物にあまり興味ないのに色んな物を食べたがるという特異な性格の人ですが
長年私と食べ歩きをしてるうちに少しは興味が出てきたようで嬉しい◎

しかも前は食べ物の写真を撮ったりしなかったのに
最近は撮る頻度が高くなったし、どんなアングルがいいか聞いてくるようになりました。

更に言えば食べる量が普通の人よりも少ないくらいなのに
好きな物を全部食べたい衝動に駆られるらしく、「洋食タルタル定食 1,300円」をチョイス♪

御飯とキャベツの量は<小>で抑えたものの、やっぱり完食できませんでしたが
味には満足してもらえたので良かったです◎
スマイリー-洋食タルタル定食2.jpg


そんな傍らで私が食べたのは「デミグラスソースハンバーグ定食」のエビフライ&唐揚げセット♪
スマイリー-ハンバーグセット2.jpg

いつもなら御飯もキャベツも<大>を選ぶところですが
確実に食べ残すであろう、あっちゃんの残りを食べないといけないので御飯とキャベツは<中>で注文。

ちなみに、この時点で夜営業開始から間もない17時15分頃でしたが
オープンと同時に入店した先客が2組ほどいたので約15分待った頃に完成。

御飯とキャベツを中で抑えたとはいえ、やっぱりここの完成品はインパクトがあります◎

デミグラスソースもタルタルソースが
これでもかっ!というくらいかかっていて、たまに食材の味に勝ったりしますが
いかにも街の食堂といった感じがするもの好きなポイントです♪

挽肉感の強いハンバーグに甘く濃厚なソース、
粗めのパン粉でサクッ!バリッ!とした食感がクセになるエビフライ、
何の変哲もないけど懐かしさと手作りならではの温かさがある唐揚げ、
どれをとっても昔ながらの食堂の1ランク上をいく味で、大満足でした◎


▽夜メニュー紹介

▼ハンバーグ
「デミグラスソースハンバーグ定食 1,000円」
「おろしハンバーグ定食 1,000円」
「トマトソースハンバーグ定食 1,000円」
「チーズハンバーグ定食 1,200円」
「目玉焼ハンバーグ定食 1,200円」
「目玉焼&チーズハンバーグ定食 1,400円」
◇トッピング
「エビフライ1本のせ 300円」
「チキン南蛮2ヶのせ 300円」
「ヒレカツ2枚のせ 300円」
「ササミカツ1枚のせ 300円」
「唐揚げ2ヶのせ 300円」
「目玉焼1ヶのせ 200円」
「たっぷりチーズのせ 200円」
◇ハンバーグにプラスセット
「A/エビフライ&オムレツセット 1,400円」
「B/エビフライ&ヒレカツセット 1,400円」
「C/ヒレカツ&唐揚げセット 1,400円」
「D/エビフライ&唐揚げセット 1,500円」

▼エビフライセット
「エビフライ定食 1,250円」
「エビ+唐揚げ定食 1,350円」
「エビ+チキン南蛮定食 1,350円」
「エビ+チキンカツ定食 1,350円」
「エビ+ササミカツ定食 1,350円」
「エビ+ヒレカツ定食 1,350円」
「エビ+チーズ春巻き定食 1,350円」
「エビ+メンチカツ定食 1,350円」

▼定食
「若鶏の唐揚げ定食 1,000円」
「ササミカツレツ定食 1,000円」
「チキン南蛮定食 1,100円」
「サーモンフライ定食 1,200円」
「スマイリーのメンチカツ定食 1,200円」
「豚ヒレカツ定食 1,200円」
「スマイリーのチキンカツ定食 1,100円」
「アスパラベーコンのチーズ春巻き定食 1,200円」
「スマイリーのグリルチキン定食 1,200円」

▼スペシャル定食
「スマイル定食 1,300円」
「洋食タルタル定食 1,300円」
「ごちそうフライ定食 1,300円」
「スペシャル唐揚げ定食 1,300円」
「スペシャルチキンカツ定食 1,300円」
「スペシャルヒレカツ定食 1,300円」
「スペシャル南蛮定食 1,300円」

▼本日のまかない小鉢
「本日のまかない小鉢定食 1,000円」
「本日のまかない小鉢定食ええぶん 1,200円」

▼カレーとハヤシライス
「カレーライス 1,000円」
「オム カレーライス 1,200円」
「スマイリー特製ハヤシライス 1,100円」
「オム ハヤシライス 1,300円」
◇トッピング
「エビフライ1本のせ 300円」
「チキン南蛮2ヶのせ 300円」
「ヒレカツ2枚のせ 300円」
「チーズのせ 200円」※オムカレー、オムハヤシのみ
「ササミカツ1枚のせ 300円」
「唐揚げ2ヶのせ 300円」

▼お持ち帰り
「若鶏の唐揚げ(5ヶ) 700円」
「チキン南蛮(5ヶ) 800円」
「メンチカツ(4ヶ) 800円」
「チキンカツ(5ヶ) 800円」
「ヒレカツ(5ヶ) 800円」
「えびフライ(3本) 900円」
「キャベツ(大盛) 100円」
「ごはん 150円」
「酢マリーのドレッシング 小(200ml)500円/大(300ml)670円」


【住】香川県高松市多賀町2-15-3
【電】087-831-9686
【営】昼(火~金)11:00~14:30/夜(火~土)17:00~21:30(Lo.21:00)
【休】日曜・月曜
【席】30席
【駐】13台




nice!(0)  トラックバック(0) 

平日限定プレモル500円で30分飲み放題♪ [ステーキ]

丸亀町グリーンの2階にある
『アミーゴ森崎(もりさき) 丸亀町GREEN店』

“塊肉が喰える店”というフレーズがインパクトのある
ハンバーグとステーキが自慢のお店に新メニューが登場したので食べてきました♪

それが「アミーゴ ガーリックステーキ」。
ハーフの225gで1550円、1ポンドの450gで2,800円というリーズナブルな価格設定も魅力的ですが
やはり何と言っても肉が隠れるほど大量にトッピングされたガーリックチップが食欲そそります◎
アミーゴ森崎_ガーリックステーキ2.jpg

レアな部分を少しだけ残し、柔らかさと甘さを感じる牛肉とニンニクの相性は抜群で
パリパリ状態のチップの時は食感と香ばしさが引き立つし
少し時間が経ってチップが柔らかくなり、バターも溶け出すと更に風味と味が強くなるので
時間経過によって違った味と食感が愉しめるのもオススメポイント♪

あと、ガーリックの量が選べるオプションもあって
無しの場合は100円引きになるし、「普通×1」「増し×2」「マシマシ×4」という
二郎系ラーメンのような注文の仕方もできるのでニンニク好きの人は是非MAXに挑戦してみてください◎


それと、もう一つとんでもないメニューが増えていて
平日の17時~20時迄で、ハンバーグかステーキの<ハーフポンド>以上注文という条件があるものの
「プレミアムモルツ」の生ビールを税別500円で30分飲み放題という超太っ腹なメニューが登場!!
アミーゴ森崎_飲み放題メニュー2.jpg

私は下戸なのでアルコールは飲みませんが、プレミアムモルツが高級品だという事は分かるし
一般的な居酒屋さんで注文すると1杯で500円はするはずなので
これはビール好きにはたまらないメニューですね♪
アミーゴ森崎_飲み放題POP2.jpg

という感じでインパクトのあるステーキと超お得な飲み放題が追加されたアミーゴ森崎は
丸亀町グリーンの2階にありますので、是非一度足を運んで見て下さい◎


▼『アミーゴ森崎(もりさき) 丸亀町GREEN店』の詳しい情報はこちら▼
■PC・スマホ■ http://www.ku-zou.com/shop/amigomorisaki/
■ガラケー■ http://www.ku-zou.com/mb/shop/amigomorisaki/
nice!(4)  トラックバック(0) 

『Turquoise Kebab (ターコイズケバブ)』 [各国料理]

菊地貫通り沿いで、南新町商店街から西(中央公園方面)に進んですぐの場所にある
『Turquoise Kebab (ターコイズケバブ)』
ターコイズケバブ-外観2.jpg


トルコ国旗の象徴でもある赤色をイメージカラーに使ったデザインが目を引くケバブ屋さんで
2016年3月のオープン以来、香川では珍しい業態故、早速いくつかのメディアで紹介されてます。

それもそのはず、店の御主人は本場トルコ人なので本物の味を愉しめる上に
名物のトルコアイスを注文すると長ーく延びるアイスを盛り付けるパフォーマンスが見れると評判♪

そこを人柄の良い奥さんと2人で切り盛りしているのですが
店内にある4席のイートインスペースよりもテイクアウトで食べる人が多そうな感じでした。
ターコイズケバブ-店内2.jpg

そんなお店で食べのが「ケバブライス 500円」。

メニューに載ってる優先順位で言うと
定番のピタパンに挟んだケバブサンドに次いでトルティーヤで巻いたケバブロールがあって
ケバブライスは最後という事は日本人に合うように作ってくれたんだと思います◎

そして待つこと約2分で完成したケバブライスは羊肉ではなく鶏肉を使ってるので食べやすい♪
ターコイズケバブ-ケバブライス2.jpg

タンドリーチキンに似たスパイシーな味付けと香ばしさが印象的で
オーロラソースのような色だけど明らかに日本の味とは違う、
ピリッと辛さを感じるコクのあるソースと合わさる事で日本人が生み出せない味に仕上がってます◎

それが下に敷かれたキャベツのシャキシャキ食感とほのかな甘さとマッチしてました。

こういうタイプのお店がイベントではなく、実店舗で存在するのは香川では珍しいので
気になった人はアイスだけでも食べに寄ってみて下さい。


▽メニュー

▼ランチ
「平日限定ケバブランチ(ケバブ+サラダ+チャイ+デザート) 700円」

▼定番
「ケバブサンド(普通・辛口ソース) 500円」
「ケバブロール(普通・辛口ソース) 500円」
「ケバブライス(普通・辛口ソース) 500円」
「トルコアイス 350円」

▼セット
「ドリンクセット(ケバブ+ドリンク) 600円」
「アイスセット(ケバブ+アイス) 800円」
「全部セット(ケバブ+ドリンク+アイス) 900円」

▼ドリンク
「トルコフルーツジュース(サワーチェリー・アプリコット・マンゴー) 各130円」
「コカ・コーラ 120円」
「バヤリースオレンジ 120円」
「三ツ矢サイダー 120円」


【住】香川県高松市南新町5-1
【電】087-880-4065
【営】11:00~19:30頃(夏季20:30頃)
【休】不定休
【席】4席
【駐】無し




nice!(7)  トラックバック(0) 

『コナズ珈琲 栗林公園店』 [カフェ・喫茶]

室新町の交差点にある
『コナズ珈琲 栗林公園店』
コナズ珈琲-外観2.jpg


『クローバー珈琲焙煎所 栗林公園店』や
『讃岐 釜揚げうどん 丸亀製麺 栗林公園店』があった場所に2016年9月16日にオープン♪

で、経営している会社はその2店舗も運営していた<株式会社トリドール>。

『クローバー珈琲焙煎所』がオープンしたばかりの時に
トリドールのホームページを見ても店舗紹介にリストが載ってなかったので
ある意味実験的な要素も含めてオープンしたのかもしれません。

その証拠に『クローバー珈琲焙煎所 栗林公園店』はお客さんが結構入っていたにもかかわらず
2015年3月30日から2016年6月30日までという1年3ヶ月の短い営業期間を経てフルリニューアルし、
『コナズ珈琲』へと生まれ変わりました。

ゲーム業界では一般発売の前にベータ版を一部ユーザーに公開して
様々な意見を集め、製品版へと完成させる事がありますが、その方法に似てます。

全然関係ないけれど約25年前、常磐街アーケード内の2階にあった
TAITOのゲームセンターがロケテストのモデル店だったのが嬉しかったのを覚えています◎

余談はさておき、珈琲好きなら店名を見てすぐ分かると思いますが
ここはハワイをコンセプトにしたカフェなので
何となく外国にいるような気にさせてくれる雰囲気に溢れています。
コナズ珈琲-テーブル2.jpg
コナズ珈琲-店内2.jpg

参考までに説明を入れると、“コナ”とはハワイで栽培された珈琲の品種で高級品に部類され、
ブルーマウンテンやキリマンジャロといった有名ブランドと並んで人気の高い珈琲だそうです。


あと、お店が新しいのも関係してると思いますが店員さんが1人残らず明るく元気な接客をしてくれて、
それだけでも寄って良かったと思えるほど気持ち良かったです♪


そんなお店で注文したのはスイートパンケーキの中から
「マカダミアナッツ&ココナッツソース 1,080円」と「フレッシュマンゴー 1,580円」をチョイス。

その時点で16時10分頃という中途半端な時間でしたが
席がほぼ埋まっていた事もあって約20分待った頃に完成◎

…したのはいいけど、何これ!?デカい!!
メニューに写真が載っていて、それを見るとあまり大きそうに見えなかったのに
これ、どっちもビッグマックより大きいww
コナズ珈琲-フレッシュマンゴー2.jpg
コナズ珈琲-マカダミアナッツ&ココナッツソース2.jpg

そんな事も知らずにマカダミアナッツのほうにはアイスクリームのトッピングまで注文してしまったので
マンゴーに付いてるアイスと合わせただけでも少食な人なら満腹になると思います♪

だけどマカダミアナッツのほうはココナッツソースのまろやかかつ濃厚な甘さがクセになるし
マンゴーのほうは甘味が強い物と酸味を感じる2種類の生マンゴーを使ってくれていて
甘いもの&果物が大好きな私としてはパラダイスでした◎

にしても両方合わせて8枚のパンケーキを食べるのは大変でしたww
コナズ珈琲-断面2.jpg

しかもパンケーキ本体は“ふんわり軽い”とか“しっとり柔らかい”物ではなくて
昔ながらのパンケーキなので、食べる度に水分が欲しくなるし
最初の種類が終わった頃には味に飽きてましたw

多少健啖家な私でもこんな感じなので、普通の人なら完食できない事もあると思うので
友達2人で来て1種類をシェアするのがオススメです♪

という感じでオープンしたカフェは
「エッグベネディクト」や「ハワイアンバーガー」など味を確かめるべきメニューがあるので
また近いうちに寄ってみようと思います。


▽メニュー紹介

▼クラシックパンケーキ
「コナズクラシックパンケーキ 3枚480円/5枚680円/8枚880円」
「クラシックホイップパンケーキ 3枚980円/5枚780円/8枚1,180円」
「クラシックミルクソフトパンケーキ 3枚980円/5枚780円/8枚1,180円」

▼スイートパンケーキ
「フレッシュマンゴー 1,580円」
「ゴールデンパイン&ホイップクリーム 1,380円」
「ストロベリー&バナナ&ホイップクリーム 1,380円」
「アップルハニー&ミルクソフト 1,280円」
「レアチーズ&ブルーベリー 1,380円」
「マカダミアナッツ&ココナッツソース 1,080円」
「削りチョコレート&バナナ 1,280円」
「ティラミス 1,280円」

▼パンケーキトッピング
「ソフトクリーム 300円」
「ホイップクリーム 300円」
「フルーツミックス 400円」
「パンケーキ 1枚100円」

▼サラダ
「チーズハンバーグとアボカド 1,380円」
「チキンシーザーサラダ 1,180円」
「サーモンサラダ 1,380円」

▼ミールパンケーキ
「ソーセージ&エッグ 980円」
「ベーコン&エッグ 980円」

▼エッグベネディクト
「ステーキベーコン 1,380円」
「ラタトゥイユ 1,280円」
「ガーリックシュリンプ 1,780円」

▼オムレツ&パンケーキ
「トマト&ラタトゥイユ 1,380円」
「スパイシーメキシカンワカモレ 1,480円」
「マッシュルーム&ほうれん草 1,480円」

▼ハワイアンバーガー
「コナズハンバーガー 1,180円」
「バーベキューベーコンチーズハンバーガー 1,480円」
「アボカドハンバーガー 1,380円」

▼ハワイアンディッシュ
「スパイシーハンバーグロコモコ 1,180円」
「コナズハンバーグロコモコ 1,180円」
「アロハモチコチキン 1,280円」
「ハワイアンココナッツカレー 1,180円」
「コナズタコライス 1,180円」

▼スイーツ
「ココナッツ&マンゴーパフェ 1,280円」
「ピタヤ&ベリーパフェ 1,280円」
「アサイーボウル 780円」
「ピタヤボウル 780円」


【住】香川県高松市室新町972-6
【電】087-867-3630
【営】10:00~22:00/土日祝9:00~22:00
【休】無休
【席】50席
【駐】20台




nice!(6)  トラックバック(0) 

『讃岐せんぬき屋』 [居酒屋]

カインズホーム神栖店から東へ約700mの場所にある
『讃岐せんぬき屋』
せんぬき屋-外観2.jpg


大きな商業施設も無く、一番近い駅<鹿島線 鹿島神宮駅>から約8.3kmもの距離があって
住宅と工場と田んぼしか見えない場所にある居酒屋さん。

そんな立地ながら、人口に対する飲食店の数が少ないのか
平日でも結構賑わっていました。

ほったて小屋と海の家を合わせたような雰囲気のお店は
見るからに財布に優しそうな感じがするので会社帰りに一杯呑んで帰りたい人には最高だと思います♪
せんぬき屋-店内2.jpg

しかもこのお店は香川から700km以上離れた茨城県にあるのに
店名に“讃岐”を掲げ、骨付鳥も提供しているのが珍しい。


店内は座敷とテーブルが半々くらいで高い天井と温かみのある照明がいい感じ◎
加え、店員さんの接客も人情味があるのでリピーターが多そうでした。


そんなお店で食べたのは
「とりわさ 580円」「親どりのたたき 580円」「旨!!塩こんぶキュウリ 390円」
「山いもの短冊 390円」「冷しトマト 290円」「韓国のり 100円」
「おやどりにんにく焼き 680円」「豚しゃぶサラダ 580円」
「脂ずりの唐揚 580円」「鳥ユッケ 580円」。
せんぬき屋-料理2.jpg
せんぬき屋-おやどりにんにく焼き2.jpg
せんぬき屋-豚しゃぶサラダ2.jpg
せんぬき屋-ナンコツの唐揚2.jpg
せんぬき屋-鳥ユッケ2.jpg

どれも居酒屋の定番的存在の料理ばかりですが全て手仕込みで作ってくれてるおかげで
業務用食品や化学調味料たっぷりの料理を食べた時に感じる
キリキリとした後味や、潤いを感じない乾いた感触も無いので舌も胃も満たされます♪

ただし、韓国海苔だけは袋から出しただけですww

しかも香川県の料理を売りにしてるお店だけあって
味付けも慣れ親しんだ濃さや風味なので余計に箸が進みました◎

もちろん、少しは地域性に寄せた提供の仕方にアレンジしている料理もありましたが
香川から遠く離れた場所で食べ慣れた料理を堪能できたし
価格設定も良心的で、とても満足度の高いお店でした♪


▽メニュー紹介
※消費税別途

▼四国B級グルメで人気のオーダー率87%
「香川名物 骨付鳥(ひなどり) 780円/+チャーハン100円増」
「おやどりにんにく焼き 680円」

▼割りと早めに出る系Series
「韓国のり 100円」
「冷奴 290円」
「チャンジャ 290円」
「温玉オニオン 390円」
「鳥皮ポン酢 390円」
「茹でたて枝豆 290円」
「キムチ 290円」
「キムチメンマ 390円」
「みそキャベツ 290円」
「みそキュウリ 290円」
「冷しトマト(しお・さとう・マヨネーズ) 290円」

▼串揚げでグビットな!!
「お得な串揚盛り合わせ! 780円」※内容は選べません
「エビちゃん 200円」
「ガッキー(カキ) 200円」
「ホタテマン 200円」
「紅しゃけ 200円」
「厚切りベーコン 200円」
「アスパラチーズベーコン 200円」
「豚巻き(えのき・トマト・ポテト) 150円」
「ササ身(チーズ・梅しそ) 150円」
「紅しょうが 120円」
「ちーずとちくわ 120円」
「うずら 120円」
「赤ウィンナー 120円」
「Mr.ちん 120円」
「マイタケ 100円」
「玉ねぎ 100円」
「にんにく 100円」
「じゃがいも 100円」
「レンコン 100円」
「ししとう 100円」
「オクラ 100円」
「山いも 100円」
「エリンギ 100円」

▼串揚げにちょいたしにどうぞ
「魚介にはやっぱりタルタルソース 50円」
「肉にはさっぱりレモン(八つ切り1つ分) 20円」

▼SALADA
「不動の人気 豆腐とチキンの特製ゴマダレサラダ 580円」
「豚とすりオニオンがキセキの出会い…豚しゃぶサラダ ~すりおろしオニオンドレッシング~ 580円」
「ありがちなスモークベーコンのシーザーサラダ 580円」

▼ちょいと一品+さっぱり一品
「旨!!塩こんぶキュウリ 390円」
「山いもの短冊 390円」
「チーズフライ 390円」
「セロリの浅漬 390円」
「炙り明太子 390円」
「ささキムチ和え 390円」
「ササミペッパーマヨネーズ 480円」
「ササ身炙り焼き ~オススメからのグランド入り~ 580円」

▼食い尽くせ せんぬきやさんの定番メニュー
「炙りレバー 580円」
「かしわ天 580円」
「チキン南蛮 580円」
「脂ずり炒め 580円」
「親どりのたたき 580円」
「手仕込みとりつくね 580円」
「とりわさ 580円」
「鳥ユッケ 580円」
「とりわさアボカド 580円」
「脂ずりの唐揚 580円」
「ニラ半熟玉子 580円」
「スパイシー手羽揚 580円」
「ししゃものオリーブ焼き 580円」

▼本格中華も食べれるせんぬきや
「四川麻婆豆腐 ノーマル580円/大辛+50円/激辛+100円」
「気まぐれ春巻き 2本480円」
「海老チリ 680円」
「海老マヨ 680円」

▼居酒屋の定番メニュー
「川えびの唐揚 390円」
「フライドポテト 390円」
「チーズフライ 390円」
「豚もつの塩ダレ炒め 580円」
「ナンコツの唐揚 390円」
「ポテトもち 2個480円」
「玉子焼き 480円」


【住】茨城県神栖市深芝2681
【電】0299-94-8709
【営】17:00~24:00(Lo.23:00)/金・土は翌2:00迄(Lo.翌1:00)
【休】無休
【席】42席
【駐】20台




nice!(7)  トラックバック(0) 

『どうとんぼり神座 (かむくら) 東京ドームシティ店』 [ラーメン]

東京ドームの敷地にある
『どうとんぼり神座 (かむくら) 東京ドームシティ店』
神座-外観2.jpg


1986年にオープンした大阪道頓堀店を皮きりに徐々に店舗を増やし
今では京都・奈良・兵庫・和歌山・愛知・東京・千葉・神奈川を合わせて40店舗展開するラーメン屋さん♪

<ラーメン大好き小泉さん>の3巻「25杯目 おいしいラーメン」で紹介されたり
<ごぶごぶ>でロンブーの淳が持っている【ブラックカード】を行使してテレビ局まで作りにきてくれたりして
色々と気になってたお店にようやく立ち寄れたので嬉しかった◎

食べた事のある人からの情報によれば『彩華ラーメン』に似てるそうですが
残念ながらそのラーメンも食べた事が無かったので実食するまで味の想像ができませんでした。

にしても東京ドームに店があるのもすごいし、そこで2階席まであるのに驚きました。

1階にはカウンター席とテーブル席があって
2階は普通のテーブル席と、壁側だけがソファになってるテーブル席があるのが
ちょっとファミレスっぽい雰囲気を醸し出してます。
神座-店内2.jpg
神座-テーブル2.jpg

それは厨房の店員さんが白衣にコック帽をかぶっている姿が目に入るのも理由の一つかもしれません。

あと、1階の店員さん達は全員活気があって大きな声でかけ合いをしていたのに対し
2階の店員さんの接客は物静かで、別の店に通されたのかと思うほどでした。


そんなお店で食べたのは「おいしいラーメン 680円」と「野菜いっぱいラーメン 880円」と
「小チャーシュー煮玉子 930円」と「どうとんぼり餃子 5個300円」。

それから待つこと約6分で餃子が到着。
オーソドックスな焼き餃子ですが、1個が少し小さめだしニンニクをあまり感じないので食べやすかった。
神座-餃子2.jpg


で、餃子から待つこと約4分。
つごう10分待った頃にラーメン達が到着♪
神座-ラーメン2.jpg

最初から分かっていた事ですが、トッピングが違うだけでスープはどれも同じでした。

そしてようやく食べた『神座』の味の印象は一言で言うと<鍋の後のラーメン>と説明したくなる味。
その理由は、ほぼ間違いなくほんのり甘いスープに大量の白菜が入ってるからだと思います。

更に言えばチャーシューや豚肉から出た旨味もスープに溶け込んで余計にそう感じさせます。
だからこそ老若男女幅広いお客さんに愛される馴染み深い味なのかもしれませんね。

麺は冷やし中華にも合いそうなシコシコ麺で、エッジが効いた四角いタイプで加水率も高く、
食べ終わるまで時間がかかっても伸びにくいように作っているのが家族連れに優しいなと思いました。
神座-麺2.jpg

という感じでずっと気になっていた『神座』の味を確かめる事ができましたが、
詳しい人曰く、ここの味は本来の味と少し違うらしいので機会があれば道頓堀店に行ってみたいものです。


▽メニュー紹介

▼麺
「小チャーシュー煮玉子 930円」
「煮玉子ねぎラーメン 880円」
「半チャーシューラーメン 980円」
「煮玉子磯海苔ラーメン 930円」
「ねぎキムチラーメン 880円」
「野菜いっぱいラーメン 880円」
「煮玉子もやしラーメン 880円」
「煮玉子コーンラーメン 880円」
「ねぎラーメン 780円」
「おいしいラーメン 680円」
「ラーメンぞうすい 880円」
「つけ麺(温or冷) 並780円/大880円/追加麺100円」
「スープ春雨 680円」

▼ラーメントッピング
「半熟煮玉子 100円」
「ねぎ 100円」
「もやし 100円」
「温泉玉子 100円」
「わかめ 100円」
「小チャーシュー 150円」
「キムチ 100円」
「コーン 100円」
「磯海苔 150円」
「半チャーシュー 300円」

▼サイドメニュー
「どうとんぼり餃子 5個300円」
「揚げ餃子 5個300円」
「水餃子 5個300円」

▼ライス
「おいしい餃子 680円」
「チャーシューそぼろ丼 380円」
「ライス 並100円/大150円」

▼セット
「どうとんぼり餃子セット お好きなラーメン+300円」
「からあげセット お好きなラーメン+350円」
「チャーシューそぼろ丼 お好きなラーメン+280円」
「お子様セット 600円」


【住】東京都文京区後楽1-3-61 黄色いビル別棟2F
【電】03-3868-0236
【営】11:00~23:00/土日10:00~23:00
【休】無休
【席】57席
【駐】無し




nice!(7)  トラックバック(0) 

『車海老専科 天麩羅 手一束 (くるまえびせんか てんぷら ていっそく)』 [和食]

新橋駅から徒歩約7分の場所にある
『車海老専科 天麩羅 手一束 (くるまえびせんか てんぷら ていっそく)』
手一束-外観2.jpg


どこで昼ご飯を食べようかと徘徊してる時に見つけたカウンター10席だけの天ぷら屋さんで
車海老専門というこだわりぶりに興味をそそられて入ってみました。

席の後ろを通るスペースが無い不便さを感じさせない構造になっていて
道路の角に面した立地を利用し、細長い店内の壁のほとんどが小分けにされた引き戸なので
空いてる席の手前の扉を開けて入れるのが素晴らしい♪

そこは厨房に1人だけの料理人が切り盛りする空間で
黙々と作業をこなす姿を見ると気難しい職人気質かと思いきや
撮影許可をお願いすると、明るく笑顔でOKしてくれたのが意外で嬉しかったです◎
手一束-カウンター2.jpg


そんなお店で注文したのは「昼おまかせ定食 1,200円」。
というか、昼のメニューはこれだけなので注文を聞く必要が無いのも手間を減らす事に一役買ってます。

にしても“手一束”と呼ばれる手の平サイズの車海老を2尾も使って1,200円というのは本当に安い♪
お店のコメント曰く、数百メートル先の中心街なら2倍~8倍の値段がつく高級品らしいので超お得◎

ただし、一つ一つ丁寧に揚げて提供してくれるので
注文してから食べ終わりまでの平均所要時間が30分かかるらしくて
昼御飯にかける時間に余裕がある時に利用するのがオススメです。

しかし、ここは近所で働いてる人のみならず
わざわざ食べに行く価値のある美味しさが待ってました☆

特に最初に出してくれた車海老の頭は
パリパリッと軽く砕ける食感と中に秘められた濃厚な旨味とのバランスが最高だし
塩加減も絶妙で、これだけ食べてもここに入って良かったと思わせてくれるほど美味しかった☆
手一束-海老頭2.jpg


その後にエンドウ豆を挟み、次に車海老の本体が登場♪
車海老ならではの大きな身は、さすが専門で扱っているだけあって
ギュッと締まった身と優しい甘味が最高◎
手一束-いんげん豆2.jpg
手一束-海老2.jpg

昼の定食には御飯と味噌汁が付いていますが、この時点で御飯を完食してしまうくらい箸がすすみます♪

その後にも、ヤングコーン・茄子・椎茸と続いて
どれも高級店の天ぷらと比べて遜色ないクオリティでしたが
やはり車海老の満足度が高すぎて、野菜の存在感は薄かったですww
手一束-ヤングコーン2.jpg
手一束-茄子2.jpg
手一束-しいたけ2.jpg

という感じで車海老に的を絞ったお店は夜のコースもかなり魅力的なので
近くに寄った際は是非一度立ち寄ってほしいオススメのお店でした◎


▽メニュー紹介

▼ランチ
「昼おまかせ定食(車海老2尾と季節の野菜4品) 1,200円」
※所要時間30分以上。時間に余裕をお待ち下さい。
※最初のごはん大盛りはサービス
◇追加メニュー
「サイマキ(車海老) 1尾150円」
「ごはん御替り 100円」
「味噌汁御替り 50円」

▼ディナー
「夜おまかせコース(車海老2尾と魚介類1品・季節の野菜4品・ミニ掻揚丼・アイスの天ぷら) 3,000円」
※ラストオーダー以降の4名様以上のご来店は別途ご相談ください。
◇追加メニュー
「サイマキ(手一束サイズの車海老) 1尾150円」
「車海老 1尾1,200円」
「ヤワラ(脱皮直後の希少なソフトシェル車海老) 1尾700円」


【住】東京都港区新橋5-5-5 1F
【電】03-6721-5945
【営】11:30~13:30/17:00~21:30(Lo.20:30)
【休】土日祝
【席】10席
【駐】無し




nice!(5)  トラックバック(0) 

『鉄板と海の台所 南風(なんぷう) 栄北店』 [居酒屋]

名古屋城から大津通を南下し、名古屋高速都心環状線を越えてすぐの場所にある
『鉄板と海の台所 南風(なんぷう) 栄北店』
南風-外観2.jpg


沖縄料理を筆頭にお好み焼やピザ、創作料理まで種類豊富な居酒屋さんで、
本店を含めた直営が8店舗とフランチャイズが3店舗ある人気のお店♪

で、今回立ち寄ったのは直営店の一つで
外観は洗練されたデザインでスタイリッシュな雰囲気ですが
店内は木の温もりに溢れた落ち着く空間でした◎
南風-店内2.jpg

それでも、建物自体の構造によって天井が斜めになっていたり
店内中央に階段があって、ロフトのような感じの席が上にあったりするのが面白い。

あと、今回座ったのは外が見える窓際席だったのですが
窓が全開で、店内なのに少しだけテラスで食べてるような雰囲気も愉しめる気持ちのいい席でした♪

ただ、客席のスペースは余裕があって良かったけれど
トイレに行く時に垣間見た厨房がかなり狭くて
調理する店員さんが狭い中で工夫しながら調理してるのが大変そうでした。

それでも比較的平均年齢が若い店員さん達は元気にテキパキと働いているのが素晴らしかったです◎


そんなお店で最初に食べたのは「新鮮!ゴーヤの刺身 380円」。
チャンプルは食べた事があるけど刺身は初めてでしたが、
想像よりは苦くなかったけど、やっぱり苦いww
南風-ゴーヤの刺身2.jpg


次に「自家製塩ダレきゅうり 250円」。
縦に真っ二つにしたキュウリをスライスした料理ですが、盛り付けが綺麗でインパクトあります♪
しかも胡麻油と塩と煎り胡麻だけというシンプルな味付けながらクセになる味でポイント高かったです◎
南風-自家製塩ダレきゅうり2.jpg


次に「もちもちジーマミ豆腐 500円」。
白くて丸い形だけでも可愛いのに、海ブドウがハート型でトッピングされてるのが素敵♪
醤油とワサビとの相性抜群で、程よい濃厚味にコクと刺激を与えてくれて食べやすかったし
名前の通り弾力が強くて、そのもちもち食感が心地良かったです◎
南風-ジーマミ豆腐2.jpg


次に「麩チャンプル 680円」。
ゴーヤやそうめん以外のチャンプルを初めて注文してみましたが、個人的にこれは大当たり♪
空気を含んだ麩のふわふわ食感とほのかな甘さが
玉子や野菜とベストマッチだし、塩加減もちょうどよくてペロリと食べてしまいました◎
南風-麩チャンプル2.jpg


そして最後に「スパムのサイコロステーキ 580円」。
名前そのままで、スパムを一口サイズにカットして焼いた超シンプル料理ですが
ある意味外しようがないので安心して食べられます♪
塩コショウだけで食べるのもいいし、粒マスタード・ケチャップ・マヨネーズが添えられているので
好きなタイミングで味変できるのも良かったです◎
南風-スパムのサイコロステーキ2.jpg


という感じで今回は沖縄料理を中心に食べてみましたが、
店長さんがネパール人だからという理由で「ネパール風 特製カレー」や「タンドリーチキン」を扱う遊び心や
だし巻き玉子だけで7種類も用意していたりして、セールスポイントの多い居酒屋さんでした。


▽メニュー紹介

▼創作一品料理
「長芋のフライドポテト 580円」
「ナスとベビーホタテのバター炒め 580円」

▼熊本応援メニュー
「さくらユッケ 880円」
「赤身の刺身 880円」

▼オススメ
「せせりの唐揚げ 500円」
「せせりと白ネギの黒胡椒焼 580円」
「せせりとゴーヤの塩チャンプル 980円」

▼デザート
「ブルーシールアイス 塩ちんすこう 300円」

▼南風料理グランプリ2016優勝作品
「鉄板DEエビチリ 880円」

▼料理グランプリ出展作品
「自家製ローストビーフ ~シークヮーサージュレを添えて~ 880円」
「チキンと長芋の甘酢炒め 730円」

▼逸品料理
「サメ軟骨の梅肉和え 380円」
「ネパール風 特製カレー 780円」
「とうもろこしの天ぷら 560円」
「タンドリーチキン 680円」
「牛肉とナスのサイコロステーキ 1,300円」

▼産地直送 沖縄前菜
「沖縄珍味の盛り合わせ 1,500円」
「沖縄産プチプチ海ブドウ 680円」
「もちもちジーマミ豆腐 500円」
「沖縄特産 島らっきょう 680円」
「自家製とろとろラフテー 680円」
「沖縄伝統料理スクガラス豆腐 500円」
「コリコリ!ミミガーの中華和え 500円」
「新鮮!ゴーヤの刺身 380円」
「久米島産!太もずく 420円」
「東洋のチーズ!豆腐よう 550円」

▼定番前菜
「ピリ辛きゅうり 250円」
「自家製塩ダレきゅうり 250円」
「茹でたて枝豆 380円」
「酒盗(しゅとう) 420円」
「チャンジャ 480円」
「南風のポテトサラダ 480円」
「自家製ダレの海鮮ユッケ 680円」
「本日の鮮魚のカルパッチョ 780円」
「マグロとアボカドのなめたけ和え 680円」
「アボカドとカマンベールの酒盗和え 580円」

▼お刺身
「二人盛り 1,200円」
「三人盛り 1,800円」
「四人盛り 2,400円」
「五人盛り 3,000円」
「活〆アジの姿造り 980円」
「マグロのお刺身 700円」
「クラゲのお刺身 680円」
「トロサーモンのお刺身 680円」
「ホタテ貝柱のお刺身 680円」
「タコブツ 680円」

▼鮮馬刺し
「赤身・タタキの二種盛り 1,200円」
「赤身 880円」
「赤身のタタキ おろしポン酢 880円」
「極上!さくらユッケ 880円」
「極上!さくら納豆 880円」

▼サラダ
「海ブドウたっぷり美ら海サラダ 1,200円」
「じゃこネギサラダ 480円」
「大根のサッパリ梅じそサラダ 580円」
「大根の明太子マヨネーズサラダ 680円」
「島豆腐とカリカリじゃこのサラダ 780円/ハーフ480円」
「半熟玉子のシーザーサラダ 780円/ハーフ480円」
「エビとアボカドのコブサラダ 780円/ハーフ480円」
「マグロとアボカドのサラダ 780円/ハーフ480円」
「海鮮クリーミーレモンサラダ 780円/ハーフ480円」

▼チヂミ
「スパムとゴーヤ 700円」
「海鮮たっぷり 700円」
「豚キムチーズ 700円」
「もずくと青唐辛子 700円」
「島豆腐と野菜 700円」

▼だしまき玉子
「シンプル 500円」
「納豆入り 580円」
「ツナマヨ 580円」
「なめたけ入り 580円」
「明太子入り 680円」
「じゃこと大葉入り 680円」
「スパム入り 680円」

▼鉄板オムレツ
「カマンベールチーズ 680円」
「シンプル 500円」
「納豆 580円」
「明太子とチーズ 680円」
「ポーク玉子 680円」

▼チャンプル
「ふわふわ玉子のゴーヤチャンプル 750円」
「旨辛味噌ダレのホルモンチャンプル 880円」
「島豆腐チャンプル 750円」
「麩チャンプル 680円」
「ソーミンチャンプル 680円」

▼鉄板焼
「もやし炒め 420円」
「激辛もやし炒め 500円」
「台湾風青菜炒め 580円」
「長芋バター 500円」
「ほうれん草バター 500円」
「きのこベーコンバター 580円」
「魚介とキノコのホイル包み焼 ~ウニバタークリームソース~ 1,200円」
「にんじんしりしり 480円」
「マグロのレアステーキ ~特製おろしソース~ 980円」

▼一品
「紅あぐー豚ともやしの蒸籠蒸し ~シークヮーサーの香り~ 780円」
「島唐辛子入り一口餃子 10ヶ480円」
「スパムのサイコロステーキ 580円」
「ポーク玉子 680円」
「ポルトギューソーセージの鉄板焼 580円」
「ガーリックチキングリル 680円」
「鶏の柚子胡椒焼 680円」
「和牛肉と茄子のサイコロステーキ 1,300円」

▼お好み焼
「南風自慢のデラックス 850円」
「イカ玉 700円」
「豚玉 700円」
「豚キムチ 800円」
「トマトとカマンベール 850円」
「お餅とチーズ 800円」
「エビと大葉 800円」
「エビとアボカド 850円」

▼ピザ
「毛利店長のきまぐれピザ 1,180円」
「ペペロンチーノピザ 880円」
「明太子と刻みのりのマヨピザ 1,080円」
「沖縄燃える!ピザ 1,080円」
「ポルトギューソーセージとほうれん草のピザ 1,180円」
「半熟玉子のタコスピザ 1,180円」
「厚切りベーコンとおもちの和風ピザ 1,080円」
「スパムとアボカドのわさびマヨピザ 1,180円」

▼沖縄の揚げ物
「ゴーヤのカリカリチップ 420円」
「紅芋コロッケ 2ヶ420円」
「おばぁの紅芋スティック 580円」
「厚切りスパムカツ 580円」
「チリチーズカーリーフライ 580円」
「グルクンの唐揚げ 680円」
「紅芋の天麩羅 480円」
「太もずくの天麩羅 580円」
「島らっきょうの天麩羅 800円」

▼南風流唐揚げ
「南風流 鶏の唐揚げ 680円/ハーフ380円」
「おろし柚子ポン酢 780円/ハーフ480円」
「鶏ちゃん味噌ダレ 780円/ハーフ480円」
「南風流チキン南蛮 780円/ハーフ480円」
「ポン酢チリソース 780円/ハーフ480円」

▼定番の揚げ物
「自家製フライドポテト 480円」
「大人のフライドポテト 480円」
「超激辛フライドポテト 550円」
「長芋のフライドポテト 580円」
「牛ホルモンの唐揚げ 680円」
「やわらかタコの唐揚げ 680円」
「カマンベールチーズフライ 580円」

▼麺
「ソーキそば 780円」
「沖縄焼そば(塩・ソース・ケチャップ・ピリ辛台湾風) 各780円」
「沖縄そばでパスタ(海鮮明太子クリーム・カルボナーラ・キムチクリーム) 各880円」

▼飯
「タコライス 780円」
「沖縄茶漬け 500円/トッピング 梅 +100円/焼鮭・酒盗・炙り明太子・チャンジャ 各+200円」

▼ごはんもの
「じゃこと細ネギのチャーハン 780円」
「ゴーヤとスパムのチバリヨチャーハン 780円」
「キムチチャーハン 780円」
「ラフテーチャーハン 780円」
「鉄板ガーリックライス 880円」

▼デザート
「ブルーシールアイス(さとうきび味) 280円」
「揚げたて!さぁたあんだぎー(バニラアイス添え) 480円」
「バニラのHONEYHONEYトースト 550円」
「自家製フローズンプリン ~黒糖カラメルソース~ 350円」
「フレンチトースト ~バニラアイス添え~(プレーン・モカ) 各680円」


【住】愛知県名古屋市中区丸の内3-5-39
【電】050-5831-1741
【営】17:00~翌1:00/日・祝は24:00迄
【休】不定休
【席】90席
【駐】無し



nice!(6)  トラックバック(0) 

『国産黒毛和牛ハンバーグ専門店 ヒッコリー (HICKORY) 本店』 [ハンバーグ]

ナゴヤドームから東へ約6km離れた場所にある
『国産黒毛和牛ハンバーグ専門店 ヒッコリー (HICKORY) 本店』
ヒッコリー-外観2.jpg


少し進めば日進市に入る名古屋市の東の端あたりで
最寄りの駅<名古屋市営地下鉄 東山線 上社駅>から徒歩だと20分近くかかりますが
バスで<名東図書館>まで行くと店が見える距離まで近づけます。

という場所にあるお店なので、当然ながら来店するお客さんはほぼ全員車を利用するため
40台ある駐車場は常に満車状態。

とはいえ、それだけの収容台数のある駐車場が常に満車状態で
空車ができるのを待つ車が道路にずらりと並んでいた人気ぶりに驚かされました♪

ただし、本店から120mしか離れてない場所に
23歳以上しか利用できない『おとなのヒッコリー』という支店には
行列もできなかったし駐車場も空いてました。

扱ってるメニューも値段も同じなのに、それだけ差があるという事は
この界隈は家族連れの需要が多いようですね。


で、この時は17時30分頃という夜御飯には早めの時間だったにもかかわらず
すでに満席で、待合席にもかなりの人数が待っていたので
受付をしてから約30分後にようやく席に座れました◎

店内は至る箇所に丸太を使用した木の温もり溢れるイメージと
暗めの照明や各テーブルごとに設置されたスポットライトが『びっくりドンキー』に似てますが、
席同士の仕切りが少ないせいか広く解放感があるのが特徴。
ヒッコリー-店内2.jpg


そんなお店で注文したのは
「ジャーマンハンバーグ 1,430円」と「ヒッコリーハンバーグ 1,530円」と「ガーリックハンバーグ 1,230円」。

メニュー表に、注文を受けてから焼くので調理に多少時間かかる場合があると書いてあったし
当然ながら先客のオーダーも通ってるとなれば30分くらい待つ覚悟でいましたが
予想より早く、約13分待った頃にハンバーグが到着したので待ち時間のストレスはありませんでした♪

ちなみに、それぞれのハンバーグの値段は単品価格で、スープやライスなど付いてない状態なので
普通のハンバーグなら高く感じますが、国産黒毛和牛100%となれば逆に安いかもしれません。

それほど質の高い肉を使っているので、
レアで仕上げる「ジャーマンハンバーグ」の注文率は高かったし
ソースの味に負けてしまわない肉の甘さが良かったです◎
ヒッコリー-中身2.jpg


あと、店名を掲げた「ヒッコリーハンバーグ」は
熱々の陶器にビーフシチューと一緒に盛り付けられているビジュアルが
めちゃくちゃ食欲そそります♪
ヒッコリー-ヒッコリーハンバーグ2.jpg

陶器の熱により、しばらくはシチューがグツグツしてるので猫舌の人は注意が必要ですが
まだ温かいうちにハンバーグを一口サイズにして、シチューをディップするように食べるのがベスト◎

ハンバーグの肉感が、ビーフシチューのまろやかなコクと合わさって
ちょうどいい濃さに仕上がってるので、これは男女問わず人気がありそうでした♪



「ガーリックハンバーグ」は、中までしっかり火が通ってるし
表面の焦げ目やカリカリ具合が、食べる度に香ばしさを与えてくれるし
何よりもガーリックチップの風味が最高で、
今回食べた中では一番王道的な味でした◎
ヒッコリー-ガーリック2.jpg


という感じで、少し値段は高めですが
種類の多さと肉質や味の良さで、この界隈では圧倒的な人気を集めるお店だったので
もし近くを通る事があれば立ち寄ってみるのをオススメします♪


▽メニュー紹介

▼ランチ
※土日祝を除く
※スープ・サラダ・ライスorパン付
※ライス大盛り無料
※ランチ注文時ソフトドリンク100円引き
※1.5倍350円増/ダブル550円増/3分の4サイズ100円引
「ロコモコ 1,000円」
「ジャーマンロコモコ 1,180円」
「ふつうのハンバーグ 980円」
「おろしハンバーグ 980円」
「チーズハンバーグ 1,050円」
「しょうが焼きハンバーグ 1,030円」
「スパイシーチリハンバーグ 1,030円」
「ペッパーハンバーグ 1,030円」
「とうふハンバーグ 930円」
「ごまだれハンバーグ 1,080円」
「わさびマヨネーズハンバーグ 1,080円」
「スパイシーチリチーズハンバーグ 1,180円」
「なんちゃってグリルハンバーグ 1,180円」
「ジャーマンハンバーグ丼 1,180円」
「ヒレカツとハンバーグ 1,330円」

▼グランドメニュー
※1.5倍500円増/ダブル850円増/5分の8サイズ100円引
「グリルハンバーグ 1,480円」
「ジャーマンハンバーグ 1,430円」
「ヒッコリーハンバーグ 1,530円」
「あらびきハンバーグ 1,430円」
「トマト煮込みハンバーグ 1,350円」
「ガーリックハンバーグ 1,230円」
「まるごとニンニクハンバーグ 1,300円」
「スタミナハンバーグ 1,280円」
「チーズハンバーグ 1,230円」
「ふつうのハンバーグ 1,080円」
「チーズたまごハンバーグ 1,400円」
「しょうが焼きハンバーグ 1,200円」
「とうふハンバーグ 980円」
「レモン風味のねぎハンバーグ 1,400円」
「おろしハンバーグ 1,080円」
「山かけハンバーグ 1,300円」
「みそ煮込みハンバーグ 1,350円」
「たまごとじハンバーグ 1,350円」
「テリヤキハンバーグ 1,200円」
「ごまだれハンバーグ 1,300円」
「ヒレカツとハンバーグ 1,530円」
「カレー煮込ハンバーグ 1,380円」
「スパイシーチリハンバーグ 1,200円」
「スパイシーチリチーズハンバーグ 1,380円」
「ペッパーハンバーグ 1,200円」
「わさびマヨネーズハンバーグ 1,300円」

▼セット・コース
※ハンバーグとの組み合わせでご利用ください
「和風セット(赤だし・ライス) 400円」
「ドリンクセット(ソフトドリンク・ライスorパン) 400円」
「サラダセット(サラダ・ライスorパン) 450円」
「スープセット(スープ・ライスorパン) 450円」
「ライトセット(スープ・サラダ) 500円」
「コース(スープ・サラダ・ライスorパン・ソフトドリンク・orグラスビールorグラスワイン) 850円」

▼スープ
「ミネストローネ 350円」
「クラムチャウダー 350円」
「オニオンスープ 680円」

▼サラダ
「大きなサラダ 650円」
「小さなサラダ 350円」

▼ライス・パン
「ライス 200円」
「大ライス 300円」
「パン 200円」


【住】愛知県名古屋市名東区文教台1-1419
【電】052-777-8100
【営】11:00~15:00(Lo.14:30)/17:00~23:00(Lo.22:00)
【休】第3木曜
【席】78席
【駐】40台




nice!(7)  トラックバック(0) 

『そばの里荘川 心打亭 (しんうちてい)』 [そば]

飛騨ふるさと村役場の隣にある
『そばの里荘川 心打亭 (しんうちてい)』
心打亭-外観2.jpg


山間を通る国道沿いで、役場と同じ敷地にある雰囲気が何となく道の駅のような印象をうける蕎麦屋さん♪

更に言えば、純和風の店舗は110席という豊富な収容人数を誇り、
広い駐車場の横には巨大な水車が回っている感じは
『わら家』を思い出すので総合すると観光客が利用するお店といった雰囲気です。
心打亭-店内2.jpg

それでも見上げるほど大きい五連水車や、横にある小屋の中で蕎麦を挽いてる光景を見ると
いい蕎麦を提供してくれそうな気がして期待をふくらませつつ店内へ。
心打亭-水車2.jpg

靴を脱いで上がる店内は畳敷きの座敷と板張りのテーブル席が用意されているので
グループや家族連れで来ても不便しなさそうでいい感じ。

接客担当の店員さんは女性ばかりで、おそらく近くに住む人達ばかりだと思いますが
丁寧な対応の中に少しアットホームさを感じるのが良かったです。


そんなお店で注文したのは「ざるそば 900円」。

<挽きたて、打ちたて、茹でたての蕎麦の旨さをご賞味下さい。>
とメニューに書いてあるので、期待しつつ待つこと約4分で到着◎
心打亭-蕎麦2.jpg

薄いグレーの中にマゼンタとグリーンが見え隠れする蕎麦は二八だと思いますが
食べてみても蕎麦の風味がそれほど強くなく、つゆの魚出汁の味が勝ってる気がする。
心打亭-麺2.jpg

そのつゆは甘さもあるので蕎麦全体を浸してしまうとつゆの味しか感じなくなるので
多くても4分の1程度に抑えるのがオススメ。

にしても、最近は『杉亭』と『福得妙満』で十割蕎麦を食べる機会が多かったせいか
二八だと物足りなくなってしまったのかと自己分析してみたものの、
三七が基本の“祖谷そば”を食べた時のほうが
小麦粉の割合が多いにもかかわらず蕎麦の風味も堪能できたので、
荘川の蕎麦本来の味と、つゆのバランスがそう感じさせるのだと思います。

ただ、このお店は冒頭でも書いた通り観光客メインのような感じがするので
<そばの里>の真骨頂には触れられてないような気がして
せっかく蕎麦が名物の土地を通ったのに少し心残りでした。

とはいえ、ロケーション、店の雰囲気、接客、仕事の丁寧さは
満足いくレベルだったので良かったです。


▽メニュー紹介

▼荘川手打ちそば
「ざるそば 900円」
「とろろそば 1,050円/追加ざるそば1枚 600円」
「かけそば(温) 900円」
「とろろそば(温) 1,050円」
「とろろそば(温) 1,050円」
「山菜そば(温) 1,050円」
「にしんそば(温) 1,200円」
「飛騨牛丼(そば団子付) 1,200円」

▼手打ちそば定食
「ざるそば定食 1,800円」
「かけそば定食 1,700円」
「ざるミニ牛丼定食 1,600円」
「かけミニ牛丼定食 1,500円」

▼単品
「川魚のうま煮 650円」
「とろろ 150円」
「ごはん 150円」
「ミニ飛騨牛丼 650円」

▼おすすめ
「野菜の天ぷら 400円」※数量限定


【住】岐阜県高山市荘川町中畑65
【電】05769-2-3100
【営】10:00~16:00(Lo.15:00)
【休】火曜(祝日の場合は翌日)、不定休
【席】110席
【駐】80台




nice!(6)  トラックバック(0) 
前の10件 | -
焼鳥てんやわんや
お好み焼 多美也 -たみや-
お好み焼 ふみや 加治屋町店
飲茶居 天胡同 (やむちゃどころ ティンプートン)
香川のグルメ情報検索サイト 喰蔵 -くうぞう-