So-net無料ブログ作成
喰蔵公式TOP
喰蔵利用案内
喰蔵会社概要
喰蔵登録店一覧
喰蔵加盟問合せ
プライバシーポリシー
喰蔵クーポンGET
うどん
ラーメン
そば
お好み焼き
たこ焼き
鉄板焼き
焼肉
レストラン
洋食
ダイニング
イタリアン
ステーキ
しゃぶしゃぶ
牛タン
骨付鳥
串揚げ
居酒屋
焼き鳥
割烹
創作料理
丼もの
おでん
餃子
カニ
うなぎ
スイーツ
韓国料理
中華料理
カフェ
スープ
飲茶
バー
屋台
製造・販売
惣菜
和食
寿司
スタッフ募集中
高松市街中心部
高松市街地南部
高松市西部
高松市東部
高松市南部
高松市周辺
国分寺町
坂出市
丸亀市
さぬき市
多度津町
お好み焼 多美也
お好み焼 ふみや
鍛冶屋町店
ガトーよしだ
飲茶居 天胡同
マジックバー・バー
インティキ マジシャン
讃岐食酒工房
ふるさと
中華料理 彩宴
韓国料理マッコウル
讃岐食堂
がもう うどん

【喰蔵】- くうぞう - お知らせ

「喰蔵 -くうぞう-」とは、香川県の様々なジャンルの飲食店を検索して、外食を楽しくお得に利用できるサイトです♪
外出先でもチェックできるように下のQRを読み込むかURLを入力してブックマークして下さいね◎
[携帯電話]喰蔵サイト:http://www.ku-zou.com/mb/     [携帯電話]喰蔵ブログ:http://ku-zou.blog.so-net.ne.jp/ ブログ貼付用QR.gif

このso-net用のブログと同じ記事を【mixi】と【アメブロ】にも書いてますので、お好みのバージョンでご覧下さい。
※ちなみにmixi版は画像容量が無制限なので写真アップ枚数が一番多いので是非覗いてみてください☆
【mixi版】http://mixi.jp/show_profile.pl?id=6800189&from=navi
【アメブロ版】http://ameblo.jp/houtensyouti/

【喰蔵】への掲載の問合せ・申し込みを始め、
ホームページ制作・印刷物制作・デザイン・写真撮影などのお仕事依頼も受付けてますので
お気軽にフォームに必要事項を入力して送信して下さい。
【PC版】http://www.ku-zou.com/inquiry/
【携帯版】http://www.ku-zou.com/mb/inquiry/
2018年01月| 2018年02月 |- ブログトップ

塩ラーメンの麺が全粒粉になっていた♪ [ラーメン]

田町交番から南下して最初の路地を東に入った場所にある
『支那そば 讃岐ロック』
讃岐ロック-外観2.jpg


商店街としては人通りの少ない田町商店街にあって、
更にその脇の路地という立地からか、
個人的には全国レベルのクオリティのラーメンを食べられるお店なのに
未だに存在を知らない人が結構多い穴場的名店♪


約3年半前に書いた記事でも説明していますが、
ここは元々高松シンボルタワーにある
<高松拉麺築港(たかまつラーメンポート)>で開業し、
その後、今の場所へと移店してきました。

その際、ラーメンの味を一新してから私の大好きなお店へとなったのです◎



ちなみに、太洋ボウルの近くにあった
『熊本ラーメン とら家』※現在は『ごんちゃんラーメン』
の店主がお父さんらしいので、親子揃ってラーメン店を経営してるというのがすごい。


そんなお店は、カウンター7席だけの小じんまりとしたスペースと
少し雑然とした雰囲気が、一見さんに二の足を踏ませそうですが
ラーメン好きなら必ず寄ってみてほしいオススメのお店です♪
讃岐ロック-店内2.jpg


メニューは基本的に醤油と塩だけで、
それぞれラーメンとつけ麺が用意されているのと、限定ラーメンがありますが、
初めて来店した際は是非ともノーマルのラーメンを食べてほしいです。


とか言いながら私自身も久しぶりに立ち寄ったので
味の再確認のため、定番の「醤油玉子入り 780円」と「塩 750円」を注文。

で、前回同様に固麺でお願いしようと思った時に気づいたのが
「固麺おすすめしません。」という表示。

私の見落としでなければ以前は無かった注意書きですが、
これを見る限りスープと麺とのバランスが固麺だと崩れてしまうので、
ベストの状態で食べてほしいという考えから書いたものだと思います。


そうして完成した醤油ラーメンは、
透き通った琥珀色のスープから立ち上がる香りがたまりません◎
讃岐ロック-醤油2.jpg

鶏と煮干でとったスープは素材の旨味を活かしつつ
鶏の旨味と脂のバランスをとり、クセを感じさせない煮干の風味を加え、
焦がし葱の香ばしさで食欲を増してくれていて、本当に美味しい☆

薄切りだけど存在感のある豚と鶏のチャーシューと
黄身のとろみ加減が絶妙な味付け玉子もよかったけど、
メンマが、穂先メンマへと変わっていたので上品さが増しました♪


つるつるシコシコ食感の平打ちストレート麺は
濃度の高いスープに負けず、その存在をしっかりと最後まで保っているのも素晴らしい◎
讃岐ロック-醤油麺2.jpg



そして次に食べた塩ラーメンは、
以前よりもかなり味も見た目も変わっていたのが驚き。

スープが透明なのと、鶏と豚の2枚のチャーシューが入っているという箇所以外全て変化していて、
塩のミネラル感で旨味を感じつつも、どことなく中華っぽい風味がする味になっていました♪♪
讃岐ロック-塩2.jpg

あと、丼の淵に添えられた柚子胡椒が
オーソドックスな緑色の物から赤い柚子胡椒になっていましたが、
視覚の効果も加わって以前よりも混ぜたときのピリ辛度が強くなっていました。


で、一番の変化が塩ラーメンの麺が全粒粉になっていた事◎
讃岐ロック-塩麺2.jpg

一般的に塩ラーメンは他のラーメンと比べてスープの主張が控えめなので
それに合うように、あっさり味の細麺が使われますが、
しっかりした旨味の強いスープへとバージョンアップした事によって、
麺も小麦の風味をしっかりと感じる全粒粉麺にしたのだと思います♪


という感じで美味しいラーメンを作りつつも更なる進化を追い求めているお店なので
この記事を見て少しでも気になった人は是非一度足を運んでみて下さい◎


▽メニュー紹介

▼支那そば醤油
「醤油 700円」
「醤油玉子入り 780円」
「醤油チャーシュー 900円」
「醤油つけ麺 750円」
「各大盛り +100円」

▼支那そば塩
「塩 750円」
「塩玉子入り 830円」
「塩バター 800円」
「塩チャーシュー 950円」
「塩つけ麺 800円」

▼トッピング
「玉子 100円」

▼限定ラーメン
「トマトラーメン 800円」

▼ご飯
「ご飯 100円」
「チャーシュー丼 350円」

▼定番サイドメニュー
「鳥ももからあげ 400円」
「ギョーザ 300円」


【住】香川県高松市常磐町2-1-1
【営】11:30~14:00/18:00~翌1:00
   日・祝11:30~14:00
【休】日曜不定休
【席】7席
【駐】無し




nice!(6) 
共通テーマ:グルメ・料理

『コリアンダイニング 李朝園(りちょうえん) なんば店』 [韓国料理]

なんばグランド花月劇場から北へ約50mの場所にある
『コリアンダイニング 李朝園(りちょうえん) なんば店』
李朝園-外観2.jpg


なんばオリエンタルホテルの1階にある韓国料理屋さんで、
場所的には分かりやすいのはいいけど
居酒屋のキャッチが多い地区なので
店を探しつつ歩いているとしつこく話しかけてくるのが面倒。

ただ、数年前に居酒屋のキャッチとプチぼったくりがあまりに多くなった為に施行された
「大阪市客引き行為適正化条例」の取締りにより、ピーク時よりはかなり減ってます。


そんな場所にある『李朝園』は、
焼肉店やカフェ等の系列を含めると20軒以上の店舗を展開する大きな会社のようです。

お店の雰囲気も女性が利用しやすそうな明るくスッキリとしたデザインで、
接客も丁寧なのがよかったです♪
李朝園-店内2.jpg


料理もサムギョプサルの食べ放題やチーズタッカルビなどが揃い、
ガッツリ食べたい人も、インスタ映えを気にする人も満足できそう。



そこでまず最初に食べたのが
「キムチ餃子 6コ 380円」
李朝園-キムチ餃子2.jpg

正直言うと経験上、変化球の餃子でいい思い出が無かったので
これに関しても味にはあまり期待してませんでしたが、
一口食べた瞬間、そんな事を考えていたのを謝りたくなるほど美味しかった☆♪♪

提供時間が約10分という事で
おそらくは注文してから包んで焼いてくれてるのだと思います。

なので平均的な待ち時間より長いですが、これは待つ価値が十分にあります◎

単純に餃子の餡にキムチを混ぜたという味ではなく、
元々餃子はこういう料理だったんじゃないかと思うほど全体のバランスがとれていて
程よいピリ辛と餡の旨味と厚めの皮の食感がヤミツキになる逸品でした♪



そんな餃子を真っ先に食べて、次の料理へのハードルが上がる時に届いたのが
「トッポギ 480円」
李朝園-トッポギ2.jpg

これは見た目からして驚いたのですが、
今まで食べてきたトッポギは、トッポギ単体が皿に盛り付けられている物ばかりだったのに
ここではキャベツ・ニンジンなどの野菜と、ゆで卵が一緒に入っていました◎

こんなに色んな食材が入ってると、トッポギの良さが薄れるんじゃないかと思いつつ食べてみると
これがまた美味しいじゃありませんか☆

野菜が邪魔するどころかトッポギのムチムチ食感を引き立ててくれるし
一緒に食べることで全く新しい料理を食べてる気持ちにさせてくれました♪



それとほぼ同じタイミングで届いたのが
「カルビスープ 単品780円」
李朝園-カルビスープ2.jpg

これはメニューの写真と比べて具の量が少なかったので
その点では少し残念でしたが、味は文句なしのハイクオリティ♪♪

真っ赤な色のわりに辛さは控えめで、
スープの中に濃厚な牛カルビの旨味が溶け出しているのがいい感じ◎



次に「石焼ピビンパ 550円」
李朝園-石焼ピビンパ2.jpg

最近、石焼ビビンバを食べる機会が多いけど
やっぱり専門店だと美味しさのレベルが違います☆

かかっているタレの旨味も抜群ですが、
御飯の上に並べられている食材それぞれのレベルが高くて感心しきりでした♪



そして最後に「プルコギ海苔巻き 350円」
李朝園-プルコギ海苔巻き2.jpg

途中で4人のグループが2組来店して一気に注文したからだと思いますが
石焼ピビンパ の提供から約23分の待ち時間がありました。

ただ、先に提供された料理を
ゆっくり食べながら食事の時間を愉しめば全く気にならない時間だと思うので、
出てきた料理をあっという間に完食してしまう私が悪いですww

「キンパ」とも呼ばれるこの料理は日本の巻き寿司そっくりで親しみやすい。

塩とゴマ油の風味がたまらない韓国海苔を使用しているだけでも魅力的な料理なのに
その中に「朝鮮半島風すき焼き」とも呼ばれる、
甘辛く炒めた牛肉を入れることで更に味が豊かになって、
いくらでも食べられそうな一品に仕上がっていました。


という感じで大満足の味を体験させてくれただけでなく、
これだけ食べて2,743円という安さにも驚いた、素晴らしいお店でした◎



▽メニュー紹介

▼期間限定 牡蠣づくし
「カキスンドゥブチゲ ハーフピビンパセット1,080円/ライス・おかずセット980円/単品880円」
「カキキムチチゲ ハーフピビンパセット1,050円/ライス・おかずセット950円/単品850円」

▼李朝園イチ押し新メニュー
「チーズタッカルビ 2人前3,480円」
◇追加メニュー
「包み野菜 480円」
「チーズ 480円」
「ダッカルビ 680円」
「トルティーヤ 480円」
「焼き飯 380円」

▼オーダーバイキング
「サムギョプサル食べ放題 全60種コース お1人様2,980円」
◇飲み放題プラス
「アルコール お1人様1,200円」
「ソフトドリンク お1人様500円」

▼自家製キムチ
「白菜きざみキムチ 0円」
「大根キムチ 280円」
「きゅうりキムチ 280円」
「タコキムチ 380円」
「チャンジャ 380円」
「おすすめキムチ 3種盛380円/5種盛480円」

▼冷菜・サラダ
「生ハムユッケ 580円」
「ナムル盛合せ 380円」
「もやしナムル 280円」
「蒸し鶏の塩チョレギサラダ 420円」
「チョレギサラダ 380円」
「海鮮フェ 580円」

▼自家製一品
「キムチ餃子 6コ 380円」
「トッポギ 480円」
「チーズトッポギ 580円」
「チャプチェ 480円」
「蒸し豚(包み野菜付き) 680円」

▼自家製チヂミ
「ニラチヂミ 400円」
「チーズチヂミ 480円」
「海鮮チヂミ 500円」
「豚キムチチヂミ 600円」
「ミックスチヂミ 700円」

▼海苔巻き
「韓国海苔巻き 300円」
「プルコギ海苔巻き 350円」
「チャンジャ海苔巻き 350円」
「キムチチーズ海苔巻き 350円」

▼李朝園名物サムギョプサル
「厚切りサムギョプサル 950円」
「サムギョプサルセット 750円/単品650円」
「塩麹厚切りサムギョプサルセット 1,050円/単品950円」
「特製生姜塩タレ厚切りサムギョプサルセット 1,050円/単品950円」
「カレー風味厚切りサムギョプサルセット 1,050円/単品950円」
「激辛厚切りサムギョプサルセット 1,050円/単品950円」
◇追加メニュー
「牛バラ 750円」
「まるちょう 580円」
「ミノ 580円」
「エビ 380円」
「ホタテ 380円」
「ウインナー 480円」
「サンチュ 6枚280円」
「サンチュとゴマの葉 各6枚480円」
「もやしナムル 280円」
「ネギサラダ 280円」
「青唐辛子 280円」
「焼ニンニク 280円」

▼李朝園の鍋
「ホルモン鍋 2人前2,480円」
「キムチ餃子プデチゲ 2人前1,780円」
「プデチゲ 2人前1,580円」
「ヘムルタン 2人前2,980円」
◇お鍋の追加メニュー
「豆腐 280円」
「トック 280円」
「ラーメン 280円」
「ウインナー 280円」
「スパム 380円」
「野菜盛 380円」
「キムチ餃子 380円」
「豚バラ 380円」
「ホルモン(80g) 380円」
◇お鍋の〆セット
「うどんセット 380円」
「雑炊セット 380円」
「太麺セット 380円」

▼スープセット
「おからキムチチゲ セット880円/単品780円」
「熟成キムチチゲ セット880円/単品780円」
「カルビスープ セット880円/単品780円」
「テールスープ セット880円/単品780円」
「ユッケジャンスープ セット880円/単品780円」

▼スンドゥブチゲ
「赤いスンドゥブチゲ セット800円/単品700円」

▼サムゲタン
「サムゲタン 1,580円」
「ミニサムゲタンとミニ石焼ビビンバセット 1,480円」

▼スープ
「クッパ 580円/ハーフ480円」
「カルビクッパ 880円」
「ユッケジャンクッパ 880円」
「トック 580円」
「マンドゥクッ 580円」

▼ピビンパ
「石焼ピビンパ 550円/ハーフ450円/大盛り650円」
「ピビンパ丼 450円」

▼冷麺・ラーメン
「オリジナル冷麺 550円/ハーフ450円」
「石焼激辛ラーメン 399円/ライスセット500円」
「石焼辛くないラーメン 399円/ライスセット500円」
「どんぐり冷麺 680円」
「ピビン麺 580円」

▼海苔巻き
「韓国海苔巻き 300円」
「プルコギ海苔巻き 350円」
「チャンジャ海苔巻き 350円」
「キムチチーズ海苔巻き 350円」

▼御飯
「ライス 小150円/中200円/大250円」

▼デザート
「特製ミスカルサンデー ブラウニー入り 480円」
「ミニもちパフェ 480円」
「バニラアイス 280円」
「柚子ジェラート 280円」
「季節のジェラート 280円」
「まっこりジェラート280円」


【住】大阪府大阪市中央区千日前2-8-17 なんばオリエンタルホテル1F
【電】06-6649-1066
【営】11:30~23:00
【休】無休
【席】35席
【駐】無し




nice!(10) 
共通テーマ:グルメ・料理

『成田のうなぎ専門店 川豊(かわとよ) 本店』 [うなぎ]

成田駅から徒歩約11分、成田山新勝寺の参道沿いにある
『成田のうなぎ専門店 川豊(かわとよ) 本店』
川豊本店-外観2.jpg


うなぎ屋さんの多い地域にあって
明治43年創業という歴史を誇る老舗♪

元々は川魚の漁や養殖・卸しを生業としていていたこともあって
目利きに優れ、その経験が今日の仕入れや調理にも生かされているそうです。


成田山表参道「仲ノ町」は門前町としての風情が今も感じられるエリアで、
『川豊 本店』も、3階建ての純日本家屋が魅力的◎
川豊本店-店内手前2.jpg
川豊本店-店内2.jpg

そこそこ勾配のある坂の途中という立地も面白いし、
店の入口脇にある大きな一枚板のまな板では
数人の職人さんが黙々と鰻を捌く姿を見られるのも楽しい♪
川豊本店-捌き2.jpg


1階席は前払いの食券制で、2階席は後払い制。
席の予約不可で、クレジットカード払い不可ですが
本店から約1kmほど離れた場所にある別館は席の予約ができます。


ちなみに今回案内されたのは1階のテーブル席でしたが、
そこから見える2階へと続く階段が
「となりのトトロ」に出てくるサツキとメイが住む家の階段に匹敵するほど傾斜が高く、
段が細かかったので上ってみたかったのが心残り。


そんなお店で注文したのは「うな重 2,500円」

次々と来店する観光客に対応する店員さんや、
入口脇で行われている鰻の捌き作業を見ているから
待ち時間が気にならなかったのかと思ったけど、
実際の提供時間が約8分という早さだったので
あっという間に出来上がった感じでした。


そしてお重の蓋を開けると、ご飯が隠れるほどの鰻が姿を見せ、
香ばしい焼き色とタレの香りが食欲を刺激してテンションが上がります◎
川豊本店-うな重2.jpg

特上は1.5尾、上は1尾、のウナギを使用していますが
今回注文したのは2/3尾分という事で御飯の間にウナギは入っていませんでした。
川豊本店-うな重俯瞰2.jpg


そしておもむろに蒲焼だけを実食すると、
ふっくらとした食感と、川魚特有の臭みを感じさせない鰻の風味が口いっぱいに広がって最高♪

常にお客さんに対応するため、鰻の調理も休み無く行っているからこそ
短い提供時間で作りたてを食べられるのも人気店のいいところですね◎

場所柄、当然ながら関東風の調理が施されているので
焼きの前に蒸しの工程を挟むことで歯が必要ないと思えるほどふっくら柔らかく仕上がっています。

タレは少し甘味が強く、濃さを感じないので
鰻自体の味もしっかり味わえるのもよかったです。


という感じで長い歴史と高い人気を誇るお店で鰻を食べてみましたが
やはり鰻は関東風と関西風で味も食感も全く違うので
初めて訪れる鰻屋さんに行く時は、どちらのタイプなのかを調べて行くのがオススメです。



▽メニュー紹介
「特上うな重 4,100円」
「上うな重 3,100円」
「うな重 2,500円」
「白焼 2,600円」
「上蒲焼 2,900円」
「蒲焼 2,300円」
「きも吸 100円」
「鯉のあらい 860円」
「鯉こく 500円」
「ほね煎餅 430円」
「おしんこ 430円」
「きも煮 570円」


【住】千葉県成田市仲町386
【電】0476-22-2711
【営】10:00~17:00
  ※7月と8月は18:00迄
【休】無休(時期により不定休あり)
【席】160席
【駐】無し




nice!(7) 
共通テーマ:グルメ・料理

『焼肉 炭火亭 (すみびてい)』 [焼肉]

外堀通りから神楽坂を約230m進んだ場所にある
『焼肉 炭火亭 (すみびてい)』
炭火亭-外観2.jpg


看板に<KOREAN DINING>と書いてあるだけあって
スンドゥブ、チゲ、チヂミ等の韓国メニューも充実している焼肉店。

月・火・水・日・祝は23時半迄ですが、
木・金・土は深夜3時半まで営業しているので
休日の前夜は時間が遅くなっても利用できるのが便利です。

ただし、23時以降はお会計の10%を深夜料金として加算されるので
少しでも安く食べたい場合は早い時間の利用がオススメ。


おしゃれスポットとしても知られる神楽坂にあるお店なので
建物自体は歴史を感じさせる古さがありますが、
店内はアジアンテイストを感じさせるシックな空間が広がっていました。
炭火亭-店内2.jpg
炭火亭-座敷2.jpg


そんなお店は黒毛和牛の取り扱いも多く、
今回はそのあたりを中心にいくつか食べてきたので紹介しようと思います。



まずは「上タン塩 1,580円」
焼肉の始めに注文する定番メニューですが、
やはり黒毛和牛ともなれば旨味が強い。
炭火亭-牛タン2.jpg

なのにタン特有のクセも感じさせない上品な味わいと
しなやかな食感はさすがと言うべきです。
炭火亭-牛タン焼2.jpg



次に「ミスジ 1,780円」。
ミスジとは肩バラの端の部位を指し、牛一頭から約1kgくらいしか取れない希少部位。
カルビとロースの良さを兼ね備えた肉は脂の乗り具合と後味のキレの良さが抜群♪
炭火亭-ミスジ2.jpg

生でも食べられそうなほど綺麗な肉なので
両面を数秒炙る程度のレアで食べるのがベストだと思います◎
炭火亭-ミスジ焼2.jpg



次に「ザブトン 2,380円」
これも希少部位の一つで、肩ロースの中でも最もサシが入っている部分なんだとか。
炭火亭-ザブトン2.jpg

強いコクととろけるような食感が特徴的で、
今回食べた中で一番ご飯がほしくなる逸品でした♪
炭火亭-ザブトン焼2.jpg



次に「中落ちカルビ 1,180円」と「イチボ 1,780円」
これも黒毛和牛で、どちらも数量限定メニュー。
炭火亭-中落ちカルビ&イチボ2.jpg

サシの多いカルビと、脂身の少ない赤身のイチボで、
どちらも旨味の強い上質な肉なので、
希少部位を連続で食べた後だと印象が薄れてしまったり
味に飽きがきそうですが、どちらの肉もそんな事が無く、
食べ終わるまで箸が止まらなかったほど良いお肉でした♪
炭火亭-中落ちカルビ&イチボ焼2.jpg



あと、ご飯ものから
「石焼ビビンバ 1,000円」と「カルビクッパ 850円」を注文しましたが
やはりコリアンダイニングと肩書きがある通り、どちらもレベルの高い味わいでした。
炭火亭-石焼ビビンバ2.jpg
炭火亭-カルビクッパ2.jpg

という感じで急遽立ち寄ったお店でしたが肉質の満足度は高かったし
日本人ではないスタッフさん達の一生懸命さが伝わる接客もよかったです★★



▽メニュー紹介

▼黒毛和牛
◇希少部位
「ミスジ 1,780円」
「ザブトン 2,380円」
◇カルビ
「カルビ 980円」
「ソウルカルビ 1,050円」
「サイコロカルビ 1,100円」
「中落ちカルビ 1,180円」※数量限定
「上カルビ 1,680円」
「特上カルビ 2,200円」
◇ロース
「ロース 1,150円」
「上ロース 1,680円」
「イチボ 1,780円」※数量限定
「特上ロース 2,250円」
◇ハラミ
「ハラミ 900円」
「上ハラミ 1,800円」※数量限定
◇牛タン・ほっぺ
「厚切り特上タン塩 2,480円」
「上タン塩 1,480円」
「ねぎ上タン塩 1,580円」
「ほっぺ塩焼 850円」

▼ホルモン
「ホルモン 850円」
「上ミノ 950円」
「レバ焼 780円」
「ハツ 780円」
「ギャラ(赤千枚) 780円」
「千枚 780円」
「子袋 780円」

▼豚・鶏
「ポークウィンナー 500円」
「豚カルビ塩 680円」
「豚ロース 680円」
「豚トロ 750円」
「鶏もも 780円」

▼海鮮
「ホタテ焼 900円」
「イカ焼 700円」
「海鮮盛合せ 1,580円」
「海老焼 3本900円/1本追加300円」

▼野菜
「にんにくホイル焼 600円」
「お好み野菜焼(長ねぎ・玉ねぎ・椎茸・茄子・南瓜・エリンギ・ピーマン) 各600円」
「野菜焼盛合せ 700円」

▼薬味
「にんにくスライス 120円」
「青唐辛子 120円」
「味ねぎ 150円」
「ピリ辛ねぎ 150円」
「おろしポン酢 150円」
「わさびぽん酢 100円」
「きざみにんにく 0円」
「すりにんにく 0円」
「おろし生姜 0円」

▼刺身・炙り物
「和牛炙りユッケ 1,150円」
「和牛ユッケ 1,280円」
「白千枚刺 780円」
「ハチノス刺 780円」
「和牛炙りにぎり寿司 850円/追加1かん290円」

▼盛合せ焼肉
「特上盛合せ(特上カルビ・ミスジ・イチボ・ザブトン) 6,000円」
「赤身三種盛(カルビ・ロース・ハラミ) 3,980円」
「ファミリー盛合せ(カルビ・ロース・豚トロ・ウィンナー・ホルモン) 5,580円」
「上物盛合せ(上タン塩・上カルビ・上ロース・上ミノ) 7,800円」
「ホルモン盛合せ(ホルモン・レバ・ハツ・ギャラ・千枚・子袋) 1,380円」
「豚盛合せ(豚トロ・豚ロース・豚カルビ・ポークウィンナー) 1,980円」

▼自家製キムチ
「キムチ 470円」
「オイキムチ 470円」
「カクテキ 470円」
「キムチ盛合せ 920円」

▼ナムル
「もやしナムル 470円」
「ピリ辛もやしナムル 470円」
「ナムル盛合せ 570円」

▼サラダ
「一本きゅうり 200円」
「ねぎムンチ 380円」
「チョレギサラダ 650円」
「塩チョレギサラダ 650円」
「わかめサラダ 650円」
「トマトサラダ 650円」
「豆腐サラダ 650円」
「生キャベツ 450円」
「サンチュ 650円」

▼一品料理
「韓国岩海苔 300円」
「チャプチェ 480円」
「納豆キムチ 480円」
「チャンヂャ 500円」
「豚足 500円」
「コリコリ豚キムチ炒め 500円」
「豚足キムチ炒め 600円」
「枝豆 470円」
「冷奴 480円」

▼自家製チヂミ
「ジャガイモチヂミ 980円」
「キムチチーズチヂミ 1,000円」
「豚ニラチヂミ 1,000円」
「海鮮チヂミ 1,200円」

▼純豆腐(スンドゥブ)
「純豆腐<赤>セット 1,000円/単品720円」
「純豆腐<白>セット 1,000円/単品720円」
◇トッピング
「生卵 100円」
「チーズ 100円」

▼韓国鍋
「豆腐チゲ 1,000円」
「納豆チゲ 1,000円」
「もつ鍋 1人前1,280円」
「サムゲタン 2,500円」※2~3名様用
◇トッピング
「生卵 100円」
「雑炊セット(ライス・生卵) 330円」

▼スープ
「わかめスープ 400円/ハーフ260円」
「玉子スープ 400円/ハーフ260円」
「野菜スープ 400円/ハーフ260円」
「もやしスープ 450円/ハーフ300円」
「カルビスープ 650円/ハーフ430円」
「ユッケジャンスープ 650円/ハーフ430円」
「コムタン(テール)スープ 750円/ハーフ530円」

▼ビビンバ
「ビビンバ 680円/ハーフ450円」
「サラダビビンバ 780円/ハーフ520円」
「石焼ビビンバ 1,000円/ハーフ660円」
「石焼ガーリックライス 880円/ハーフ600円」
「キムチチャーハン 780円」

▼韓国スープご飯
「クッパ 600円/ハーフ400円」
「キムチクッパ 600円/ハーフ400円」
「わかめクッパ 600円/ハーフ400円」
「もやしクッパ 650円/ハーフ450円」
「牛骨すじクッパ 750円/ハーフ500円」
「カルビクッパ 850円/ハーフ560円」
「ユッケジャンクッパ 850円/ハーフ560円」
「コムタン(テール)クッパ 950円/ハーフ630円」
「サムゲタンおじや 880円」
「トック(韓国風お雑煮) 680円」

▼ライス
「ライス 小150円/中200円/大300円」

▼麺
「温麺 900円」
「冷麺 950円」
「カルビ麺 880円」
「カルビうどん 880円」
「ユッケジャン麺 880円」
「ユッケジャンうどん 880円」
「ビビン麺 980円」

▼コース
「匠 3,550円」
「響 4,550円」
「極 5,550円」
「雅 7,050円」


【住】東京都新宿区神楽坂3-6 ニュージョウトーヤビル2F
【電】03-3260-1129
【営】11:30~14:30
   月~水16:30~23:30(Lo.23:00)
   木~土16:30~翌3:30(Lo.翌3:00)
   日・祝11:30~23:30(Lo.23:00)
【休】無休
【席】54席
【駐】無し




nice!(3) 
共通テーマ:グルメ・料理

A5ランク牛肉が詰まった恵方巻き♪ [ステーキ]

四国初のオリーブ牛専門店として人気を博す
『ステーキハウス 一牛 (いちご)』さんで今年も恵方巻きが販売されました♪
一牛-恵方巻き箱2.jpg


2016年7月15日のオープン以来、
右肩上がりに人気が高まっているステーキ屋さんが作った恵方巻きは
贅沢にもオリーブ牛を使った豪華な逸品◎
一牛-恵方巻き2.jpg

しかも!その肉の等級がA5ランクだというのが驚きです!!
これも、オリーブ牛を一頭買いしているお店だからこそなせる業ですね。

更に、去年よりも肉の量が多くなっていたのも嬉しかったし
冷たい状態でも美味しく食べられるように仕上げたしぐれ煮の味付けも抜群でした☆
一牛-恵方巻き断面2.jpg

もちろんお米にもこだわり、自家製黄金色の寿司酢を
炊きたての一牛ブレンドのお米に混ぜることで
肉の旨味とのバランスがちょうどよくなるように計算されていました♪

細巻ではなく太巻きなので、丸かぶりをするには工夫が必要ですが
こんな豪華な恵方巻を食べたなら、きっと今年はいい年になるはずです◎

という事で今年の節分は終わってしまいましたが
来年は更にバージョンアップされた恵方巻きが食べられると思うので
節分が近づいた頃に是非予約して購入してみて下さい♪


あと、一牛さんは
<香川県145回牛枝肉共励会>で最優秀賞を獲得した
A5ランク マーブリング12のオリーブ牛を一頭買いしました!!
一牛-最優秀牛2.jpg

牛肉のランク付けの中でA5がトップなのは有名な話ですが、
そのA5の中でも格付けが存在し、その最高位がA5の12番なんです☆

年間を通しても数パーセントしか存在しないA5の12番で、
それがオリーブ牛ともなれば、普通に考えれば
お店で食べられるのはとんでもなく高くなるはずですが、
一牛さんでは非常に良心的な価格で提供してくれるし、
何と今回紹介した恵方巻きにも使っている太っ腹さが素晴らしい◎


そんな幻ともいえるオリーブ牛を使った特別コースが
3月4日(日)まで食べられるので是非この機会に予約の上、立ち寄ってみてください♪

ちなみに期間内であっても最優秀賞牛が無くなり次第、
このコースの提供は終了しますので、お早目の利用をオススメします◎


▽A5ランク12番を使った期間限定コース
※2名以上、要前日迄予約

「最優秀賞牛黒毛オリーブ牛づくし 食べ比べコース 12,000円」
◇前肉三種
・オリーブ牛と長芋の白あえ
・オリーブ牛の柚子胡椒焼き
・オリーブ牛の濃厚肉団子
◇握り
・極上霜降りの雲丹握り
◇一品
・オリーブ牛と旬野菜の自家製クリームスープ
◇メイン
・最優秀賞牛プレミアムオリーブ牛厳選食べ比べ & 炭火野菜
◇お口直し
・名浜蜜村のグラニテ
◇ご飯物
・名物石焼ガーリックライス or 一牛特製そぼろ飯
◇デザート
・チョコの宝石箱&コーヒー or 紅茶

「最優秀賞牛 黒毛オリーブ牛づくしコース 7,980円」
◇前肉三種
・オリーブ牛と長芋の白あえ
・オリーブ牛の柚子胡椒焼き
・オリーブ牛の濃厚肉団子
◇一品
・オリーブ牛と旬野菜の自家製クリームスープ
◇メイン
・最優秀賞牛プレミアムオリーブ牛 & 炭火野菜
◇ご飯物
・名物石焼ガーリックライス or 一牛特製出汁茶漬け
◇デザート
・濃厚ガトーショコラ 旬のパンナコッタとフルーツ & コーヒー or 紅茶


▼『 ステーキハウス 一牛 (いちご)』の詳しい情報はこちら▼
■PC・スマホ■ http://www.ku-zou.com/shop/ichigo/
■ガラケー■ http://www.ku-zou.com/mb/shop/ichigo/
nice!(11) 
共通テーマ:グルメ・料理

2018年01月|2018年02月 |- ブログトップ
焼鳥てんやわんや
お好み焼 多美也 -たみや-
お好み焼 ふみや 加治屋町店
飲茶居 天胡同 (やむちゃどころ ティンプートン)
香川のグルメ情報検索サイト 喰蔵 -くうぞう-