So-net無料ブログ作成
喰蔵公式TOP
喰蔵利用案内
喰蔵会社概要
喰蔵登録店一覧
喰蔵加盟問合せ
プライバシーポリシー
喰蔵クーポンGET
うどん
ラーメン
そば
お好み焼き
たこ焼き
鉄板焼き
焼肉
レストラン
洋食
ダイニング
イタリアン
ステーキ
しゃぶしゃぶ
牛タン
骨付鳥
串揚げ
居酒屋
焼き鳥
割烹
創作料理
丼もの
おでん
餃子
カニ
うなぎ
スイーツ
韓国料理
中華料理
カフェ
スープ
飲茶
バー
屋台
製造・販売
惣菜
和食
寿司
スタッフ募集中
高松市街中心部
高松市街地南部
高松市西部
高松市東部
高松市南部
高松市周辺
国分寺町
坂出市
丸亀市
さぬき市
多度津町
お好み焼 多美也
お好み焼 ふみや
鍛冶屋町店
ガトーよしだ
飲茶居 天胡同
マジックバー・バー
インティキ マジシャン
讃岐食酒工房
ふるさと
中華料理 彩宴
韓国料理マッコウル
讃岐食堂
がもう うどん

【喰蔵】- くうぞう - お知らせ

「喰蔵 -くうぞう-」とは、香川県の様々なジャンルの飲食店を検索して、外食を楽しくお得に利用できるサイトです♪
外出先でもチェックできるように下のQRを読み込むかURLを入力してブックマークして下さいね◎
[携帯電話]喰蔵サイト:http://www.ku-zou.com/mb/     [携帯電話]喰蔵ブログ:http://ku-zou.blog.so-net.ne.jp/ ブログ貼付用QR.gif

このso-net用のブログと同じ記事を【mixi】と【アメブロ】にも書いてますので、お好みのバージョンでご覧下さい。
※ちなみにmixi版は画像容量が無制限なので写真アップ枚数が一番多いので是非覗いてみてください☆
【mixi版】http://mixi.jp/show_profile.pl?id=6800189&from=navi
【アメブロ版】http://ameblo.jp/houtensyouti/

【喰蔵】への掲載の問合せ・申し込みを始め、
ホームページ制作・印刷物制作・デザイン・写真撮影などのお仕事依頼も受付けてますので
お気軽にフォームに必要事項を入力して送信して下さい。
【PC版】http://www.ku-zou.com/inquiry/
【携帯版】http://www.ku-zou.com/mb/inquiry/
カフェ・喫茶 ブログトップ
前の10件 | -

『Cafe SPAZIO(スパジオ)』 [カフェ・喫茶]

池袋駅東口から徒歩約2分の場所にある
『Cafe SPAZIO(スパジオ)』
スパジオ-外観2.jpg


冒頭の場所説明文で分かると思いますが、
前回の記事の蕎麦屋さんと同じく
サンシャイン通りの入口にあるビルです。
スパジオ-店内2.jpg

ちなみに、今回のお店は1階のワッフルが自慢のカフェですが、
その真上の2階にもパフェが自慢のカフェがあるので
カフェスイーツが好きな人は、どちらに入ろうか悩みどころ。

で、結局はワッフルに落ち着いたのはいいけれど
ワッフルメニューだけでも16種類もあるので再びシンキングタイム。


そして悩みに悩んで注文したのが
「ペルヴェニーレ 1,112円」

ワッフルで作った矢倉の上に苺とクリームチーズのアイスを乗せ、
それを囲むようにフルーツをちりばめたというメニューで、
苺で作った階段が目を引くスイーツです♪
スパジオ-ペルヴェニーレ2.jpg


にしても自慢のワッフルが隠れてしまうほどアイスやクリームがたっぷりなので、
これだけでお腹いっぱいになる人もいるはず。

それぞれのアイスにかかった濃厚な甘さのソースと
皿にちりばめられたフルーツカクテルの
さっぱりした甘さがあるおかげで甘さにしつこさが残らず、
食感のしっかりとしたワッフルとうまく調和していました。

あと、階段を象った苺だけが生の物を使用していたので
存在感が際立っていてよかったです。


といった感じでバラエティ豊かなワッフルプレートを堪能できるカフェは
パスタやピザも豊富に取り扱っていますので
スイーツだけでなく、食事メインとしても利用できるし、
通りに面した壁が全てガラス張りなので開放感もあるのがオススメ。



▽メニュー紹介

▼トマトソースパスタ
「ペスカトーレ 1,328円」
「有頭海老のトマトクリームパスタ 1,328円」
「アマトリチャーナ 1,121円」
「国産鶏のカチャトーラ 1,182円」
「ソーセージとおなすのアラビアータ 977円」
「ツナ&トマトソース 966円」
「ボンゴレロッソ 999円」
「ナスとモッツァレラのボロネーゼ 1,007円」
「ミートクリームパスタ 1,018円」

▼オリジナルパスタ
「海老&帆立のペペロンチーノ 1,121円」
「海老とイカのタラコスパ 999円」
「森の茸の生醤油風味 956円」
「ボンゴレビアンコ 999円」
「野菜たっぷりヘルシー塩パスタ 1,111円」
「じゃがバターパスタ 1,110円」

▼フレッシュクリームパスタ
「カルボナーラ 1,121円」
「海老&いかの明太子クリーム 1,184円」

▼スパジオ特製ミラノ風ピッツァ
「シーフードピッツァ 977円」
「ピッツァマルゲリータ 977円」
「国産鶏のカレー風味ピッツァ 1,009円」
「生ハムのピッツァ 977円」

▼チーズたっぷりリゾット
「有頭海老のリゾット 1,122円」
「国産鶏ときのこのリゾット 1,182円」

▼ドリア
「シーフードドリア 1,018円」
「国産鶏とトマトのチキンドリア 1,182円」

▼こんがりトースト
「ガーリックトースト 400円」
「ブルスケッタ 608円」

▼スパジオ特製サラダ
「生ハムとキノコのサラダ 802円」
「モッツァレラとトマトのカプレーゼ 702円」
「シーザーサラダ 824円」

▼スパジオ特製自家製ワッフルプレート
「スパイラル 950円」
「わっふるジャパネスク 907円」
「ざ・和っふる 1,215円」
「ましゅまろう・ワールド 1,080円」
「ワッフル・キューベスト 788円」
「からめる・to・ブルーム 1,215円」
「マロン!マカロン!! 950円」
「ペルヴェニーレ 1,112円」
「ビッグイン・トランスミット 1,296円」
「ビッグイン・レガーミ 950円」
「ベリーBerryワッフル 1,080円」
「ワッフルDEヒュッテ 950円」

▼ハーフサイズのワッフル部門
「シーズンワッフル 540円」
「ちょこばななカスター 648円」
「トライアングル 648円」
「アイスチーズケーキワッフル 648円」

▼パフェ部門
「チョコレート 925円」
「フルーツ 977円」
「ティラミス風 927円」
「ワッフルベリー 1,013円」
「和風抹茶 1,013円」

▼ヨーグルトミルクシェイク部門
「ストロベリー 772円」
「ブルーベリー 772円」
「チョコバナナ 772円」

▼オリジナルスィーツ部門
「カフェフロート 772円」
「ハニーヨーグルトストロベリー 853円」
「ハニーヨーグルトメロン 853円」
「自家製ティラミスとサクサクパイ 878円」
「チョコレートクレープ 878円」

▼アイスクリーム各種
「ミックス 621円」
「バニラ 621円」
「ストロベリー 621円」
「チョコレート 621円」

▼オリジナルケーキ
「ベリー&ベリータルト セット874円/単品493円」
「ミルフィーユ セット874円/単品493円」
「キャラメルクレーム セット874円/単品493円」
「モンブラン セット874円/単品493円」
「生チョコケーキ セット874円/単品493円」
「アップルパイ セット874円/単品493円」
「ビスキーロール セット874円/単品493円」
「苺ショート セット874円/単品493円」
「N・Yチーズケーキ セット874円/単品493円」
「なめらかレアチーズ セット874円/単品493円」
「スペシャルデザート“ザ・ドルチェ” 1,905円」

▼イタリアンオープンサンド
「サラダチキンのサンド 550円」
「ローストビーフサンド 650円」
「エビアボカドのサンド 600円」

▼original side menu
「オリジナルサラダプレート 920円」

▼original antipasto
「明太マヨのじゃがもち 300円」
「アボカドと小海老のフリッター 480円」
「ローストビーフシャリアピンソース 550円」
「魚介とアボカドのアヒージョ 680円」
「じゃがボール 300円」
「チーズスフレオムレツ 550円」
「ポテトのチーズオーブン焼き 400円」
「フレンチフライドポテト 400円」


【住】東京都豊島区東池袋1-12-8 富士喜ビル1F
【電】03-3985-7196
【営】10:00~21:50/土日祝10:00~21:50
【休】無休
【席】45席
【駐】無し




nice!(11) 
共通テーマ:グルメ・料理

『cafe CUORE(カフェ クオーレ)』 [カフェ・喫茶]

高松中心街から栗林トンネルへ抜ける道の中腹にある
『cafe CUORE(カフェ クオーレ)』
クオーレ-外観2.jpg


通称「百舌坂(もずざか)」と呼ばれる坂にあるお店で、
以前は『Calm cafe(カームカフェ)』があった場所に
2017年9月30日にオープンしました♪

オーナーは元々『Calm cafe』の常連だったらしく、
閉店してしまうのを前オーナーから聞いて店舗をそのまま引き継いだんだとか。

なので店の雰囲気は基本的に以前のままで、
ゆったりとしたソファ席や、大きな窓から見える風景に癒されます◎
クオーレ-店内2.jpg


そんなお店で注文したのは「ナポリタンスパゲッティー 890円」。

店に着くまでメニュー構成が全く分からなかったので
注文する料理も決まってませんでしたが、
店内に足を踏み入れてすぐ目に飛び込んできた黒板に
ナポリタンがオススメだと書いてあったので、すぐに決定。


とか言いながらメニューを見るとフレンチトーストの種類が多くて
少し心を奪われそうになったけど、
今回は初めての来店という事でナポリタンをチョイス♪


そして待つこと約12分で完成したナポリタンは、
基本的な味付けは昔ながらの感じだけど、
器のオシャレさ、粉チーズ、ナポリタンとしては細めの麺などの要素で
一般的なナポリタンと比べて女性に好まれそうな出来栄え◎
クオーレ-ナポリタン2.jpg

割るととろけ出す目玉焼きの黄身もよかったけど、
ソーセージではなく豚肉を使ってるのが珍しくていい感じでした♪
クオーレ-麺2.jpg

更に、閉店間近という事もあったと思いますが
サラダをサービスしてくれただけでなく、
色々と話を聞かせてくれたオーナーさんとスタッフさんの人柄も良かったので
是非一度足を運んでみて下さい◎


▽メニュー紹介

▼モーニング
※10:00~11:00
「自家製パンモーニング(パン2種・サラダ・目玉焼き) ドリンク代+200円」

▼coffee
「ブレンドコーヒー(ポットサービス) 480円」
「アイスコーヒー 480円」
「アメリカンブレンド(ポットサービス) 480円」
「オーガニックコーヒー 520円」
「カフェオーレ(H・I) 550円」
「ウィンナーコーヒー 580円」

▼tea
「紅茶(ポットサービス) 480円」
「アイスティ(アールグレイ) 480円」
「アールグレイティ 480円」
「ロイヤルミルクティ 580円」
「ハーブティ(カモミール・ハイビスカス) 各580円」

▼Juice
「オレンジジュース 480円」
「ブラッドオレンジジュース 550円」
「抹茶ミルク 550円」
「ストロベリージュース 580円」
「バナナジュース 580円」
「ラベンダーソーダ 580円」
「ベリーベリーソーダ 580円」
「ジンジャーエール(甘口・辛口) 450円」
「ココア(H・C) 550円」
「ミルク(H・C) 450円」

▼food
※14:00~20:15ラストオーダー
※+200円でサラダ付
「ナポリタンスパゲッティー 890円」
「ミートソーススパゲッティー 890円」
「たらこスパゲッティー 890円」
「オムライス 950円」
「ドリア 950円」
「サンド 600円」
「トーストプレート 300円」※15:00迄は250円

▼dessert
「ガトーショコラ 480円」
「チーズケーキ 480円」
「アイスクリーム 300円」

▼フレンチトースト
※14:00~20:15ラストオーダー
「フレンチトースト 630円」
「ベリーフレンチトースト 680円」
「キャラメルフレンチトースト 680円」
「抹茶フレンチトースト 680円」
「スクランブルエッグフレンチトースト 680円」


【住】香川県高松市宮脇町2丁目10-15
【電】087-833-0555
【営】10:00~21:00(Lo.20:15)
【休】火曜
【席】25席
【駐】10台




nice!(9) 
共通テーマ:グルメ・料理

『むさしの森珈琲 高松レインボーロード店』 [カフェ・喫茶]

宮脇書店 南本店やパソコン工房がある施設の入口にある
『むさしの森珈琲 高松レインボーロード店』
むさしの珈琲-外観2.jpg


以前は
『cafe&resutaurant Glick Grill(カフェアンドレストラン グリックグリル)』
があった場所に、2017年7月2日にオープンしたカフェ♪

東京、神奈川、埼玉、富山、岐阜にもお店があって
西日本では高松レインボーロード店が初めての出店らしいです。


高原リゾートをイメージしたというお店は温かみのあるデザインの中に緑が配置され、
それだけでも癒されるのに、天井も高いおかげで開放感が抜群◎
むさしの珈琲-店内2.jpg

カウンター、テーブル、ソファ、テラスといった
バラエティに富んだ客席はあらゆるシーンに対応できるし
テラス席に至ってはワンちゃんを連れて利用できるので愛犬家には嬉しい設備ですね。
むさしの珈琲-カウンター2.jpg
むさしの珈琲-店内奥2.jpg

あと、各席にはコンセントが設置してあるだけでなく
USBの差込口まであるので、ケーブルだけ持ち歩いてる人でも充電できるのが素晴らしい♪

更に、Free Wi-Fiも完備という充実ぶりで、ノマドワーカーにも快適な空間になっています。


店員さんの接客は、まだオープンして間もない事もあって
たどたどしい部分があったりしますが、誠心誠意対応しようとしてるのが伝わってきます◎

席に案内された時は椅子を出してくれて、座る時に押してくれたし
料理が届いた時は細かく丁寧に説明してくれるのが気持ちよかったです☆


そんなお店の料理は、エッグベネディクトとか魅力的な物が揃っていますが
今回は「彩り野菜のクリームパスタ ボンレスハム添え 1,180円」をチョイス。

そして待つこと約12分で完成したパスタは、本当に彩りが綺麗♪
むさしの珈琲-パスタ2.jpg

小さいカップにミネストローネと、
ドレッシングを別容器で用意してくれたシーザーサラダも何気に嬉しい。

で、パスタ自体はメニューによると“ちょっぴり濃厚”と書いてましたが
本当に“ちょっぴり”で、クリームソースのパスタのわりにかなり味が控えめ。

だけど粘度は高くて、パスタとの絡み具合がすごくて
生パスタを食べてるような感じだったので、味が濃すぎるのが苦手な人にピッタリ。

だけど下に敷かれた大判のボンレスハムの味はかなり濃くて、
高級ハムに匹敵するくらい旨味が強いので
これを一口サイズにカットした物とパスタを一緒に食べるのがちょうどいい感じでした。



さて、このお店はパンケーキが自慢だというのは分かっていたけど
今回はパスタだけで我慢しようと思っていたのに、
パスタを食べつつメニューを見返していると食べたくなったので
「むさしの森珈琲特製ふわっとろパンケーキ 蜂蜜入りメイプルシロップ添え 580円」を追加。

焼き上がりに12~3分かかるとの事だったのでパスタをゆっくり食べようと思ったのに、
目の前に食べ物があると口に入れずにはいられないので、気がついたら無くなっていましたw

なので再度メニューを見返してると
「エッグベネディクト」か「とろ~り牛すじと野菜のカリー」も食べたくなってきて
更に追加注文しようかと悩んでいるうちにパンケーキが到着したのでセーフ。
むさしの珈琲-パンケーキ2.jpg

580円というリーズナブルな価格設定なので量はそれほど多くないけど
見るからに柔らかそうな上に、儚げな白さが可愛くてたまりません◎

で、それを一口食べてビックリ!!

これって、泡じゃない?と思うくらい柔らかくて
食べた瞬間にシュワッと消えるし、スプーンですくって食べられるのでナイフが必要ありません♪

これでよく固体を保ってるなぁ。
と関心させられる柔らかさの中に優しい甘さが広がっていていますが
気のせいか、少しだけ塩が入ってるような味のアクセントがありました。

そんなパンケーキに蜂蜜入りのメープルシロップをたっぷりかけて食べる◎
むさしの珈琲-メープルシロップ2.jpg

すると、蜂蜜をブレンドしているせいか濃厚な甘さが全くしつこくなくて
容器に入ってるシロップを全部かけて食べたくなるくらい後味が軽かったです♪


という感じでリゾート気分を味わえる店内でオシャレな食事が愉しめるカフェは
朝7時からモーニングもやってるので、是非一度利用してみて下さい。


▽メニュー紹介

▼モーニング
※7:00~10:30
◇スペシャルモーニング
「エッグベネディクトプレート 1,080円」
「マフィンサンド 花畑牧場モッツァレラとトマトのカプレーゼ 880円」
◇リコッタチーズパンケーキモーニング
「むさしの森珈琲特製ふわっとろパンケーキ 580円」
「バナナパンケーキ 680円」
「季節のフルーツMIXパンケーキ 780円」
◇トッピング
「ホイップクリーム 150円」
「Wホイップクリーム 250円」
「ベルギーチョコアイス 150円」
「バニラアイス 150円」
「カシスソルベ 150円」
「溶かしバター 150円」
◇厚切りトーストモーニング
「モーニングセットA(バタートースト/ゆで玉子/サラダ/ヨーグルト) 380円」
「モーニングセットB(バタートースト/目玉焼orスクランブルエッグ/サラダ/ヨーグルト) 480円」
「モーニングセットC(バタートースト/目玉焼orスクランブルエッグ/ベーコン/サラダ/ヨーグルト) 580円」
「モーニングセットD(バタートースト/目玉焼orスクランブルエッグ/ソーセージ/サラダ/ヨーグルト) 630円」
「ボンレスハムのサラダ 480円」
「スモールサラダ 200円」
「フルーツヨーグルト 200円」
◇スムージー
「バナナスムージー 480円」
「グリーンスムージー 580円」
「ピタヤMIXスムージー 630円」
「季節限定 季節のスムージーメロン 680円」
◇アイスクリーム
「アイス盛合せ(バニラアイス&ベルギーチョコアイス or バニラアイス&カシスソルベ) 各400円」

▼リコッタチーズパンケーキ
「むさしの森珈琲特製ふわっとろパンケーキ 蜂蜜入りメイプルシロップ添え 580円」
「ローストナッツクリーム 蜂蜜入りメイプルシロップ添え 880円」
「ベルギーチョコアイスと焼バナナ 蜂蜜入りメイプルシロップ添え 980円」
「シーゾナルフルーツ 蜂蜜入りメイプルシロップ添え 1,280円」

▼ライスプレート
「メルトチーズハンバーグプレート 1,280円」
「キヌア・アマニ・発芽玄米といただくまぐろアボカドGOHAN 1,080円」
「とろ~り牛すじと野菜のカリープレート 1,080円」
「ロコモコプレート TERIYAKIソース 1,080円」
「シュリンプクリームドリアプレート 1,080円」
「ボンレスハムのサラダ 480円」
「スモールサラダ 200円」

▼パスタプレート
「花畑牧場モッツァレラとシュリンプのトマトパスタ 1,080円」
「彩り野菜のクリームパスタ ボンレスハム添え 1,180円」
「たっぷり野菜の美味しいナポリタン 980円」

▼ブレッドメニュー
「エッグベネディクトプレート 1,080円」
「マフィンサンド花畑牧場モッツァレラとトマトのカプレーゼ ボンレスハム添え 880円」
「厚切りPIZZAトースト 480円」
「厚切りトースト 280円」


【住】香川県高松市伏石町2139-1
【電】087-864-6162
【営】7:00~23:00(Lo.22:00)
【休】無休
【席】129席
【駐】共有駐車場有




nice!(1) 
共通テーマ:グルメ・料理

アイスクリームからソフトクリームに変わった♪ [カフェ・喫茶]

高松三越から丸亀町商店街を約120m南下した場所にある
『サンマルクカフェ 高松丸亀町店』
サンマルク-外観2.jpg


『函館市場』『鎌倉パスタ』『神戸本町ドリア』等も展開する会社が展開する業態の一つ。

以前からここは『サンマルクカフェ』でしたが、
店舗とメニューをリニューアルし、パスタも食べられるようになりました。

パスタは週替りで4種類ずつ用意され、
470円から560円というリーズナブルさは嬉しいけど
同じ会社の『鎌倉パスタ』が160mくらいしか離れてない場所にあるというのもすごい。


あと、焼きたてパンも推してるお店でしたが
ホットサンドのラインナップが増えてパンと一緒に野菜も摂れるようになったので
炭水化物ばかりだと糖質が気になる人にもオススメ。


お店を切り盛りするスタッフさんは全員がシステムに沿った接客で、
日本人だけでなく海外のお客さんも次々とこなしていました★★★
サンマルク-レジ2.jpg
サンマルク-客席2.jpg


そんなお店で注文したのは「デニブラン」のプレーン390円♪
サンマルク-デニブラン2.jpg

サクサクで香ばしいデニッシュの上にソフトクリームを乗せ、
アーモンドスライスをトッピングし、とメープルシロップをかけたシンプルなデザートですが
デニッシュとソフトクリームのクオリティが高いので素直に美味しい♪♪
サンマルク-デニブランアップ2.jpg


ちなみにリニューアル前はデニブランは和風の1種類しかありませんでしたが
今は3種類に増えただけでなく、アイスクリームがソフトクリームになったのは嬉しい◎

という感じで常連さんにも飽きられないように、
かつ時代の流れに沿うようにマイナーチェンジの努力をしているからこそ
飲食店不況の時代でも色んな業態を維持し続けられてるのだと思います。


▽メニュー紹介

▼今週の生パスタ
「4種類の中からお好みのパスタをお選びください。 470円~」

▼期間限定
「レモンチーズチョコクロ 180円」
「名物カレーパン 230円」
「3種豆のチリビーンズエビ 230円」
「レモンカスタードパン 200円」

▼ホットサンド
「スパイシービーフクリームチーズホットサンド 390円」
「ベーコンエッグとたっぷり野菜ホットサンド 390円」
「ハムチーズホットサンド 390円」
「花畑牧場モッツァレラとバジルソースホットサンド 390円」

▼かき氷
「いちご 550円」
「抹茶金時 550円」
「マンゴー 550円」

▼パフェ等
「自家製ゼリーパフェ 490円」
「ストロベリーパフェ 590円」
「プリン&チョコパフェ 590円」
「プリンアラモード 590円」
「白玉クリームぜんざい 540円」

▼デニブラン
「プレーン 390円」
「和風あずき 440円」
「ミックスベリー 440円」

▼できたてフレンチトースト
「プレーン 490円」
「ミックスベリー 540円」
「チョコバナナ 540円」


【住】香川県高松市丸亀町2-3
【電】087-821-0309
【営】7:30~22:00
【休】無休
【席】136席
【駐】無し




nice!(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

『カフェダイニング CoCo Smile(ココスマイル)』 [カフェ・喫茶]

県道147線沿い、ミニストップ 高松多肥下町店の東隣にある
『カフェダイニング CoCo Smile(ココスマイル)』
ココスマイル-外観2.jpg


以前は『Boite Cafe (ボワット カフェ)』で、
更にその前は『cafe JAVA STYLE(カフェ ジャバスタイル)』だった場所です。

基本的に外観はあまり変化ありませんが、
前のお店の時は店内の手前半分が雑貨の販売スペースでしたが
今は全てが食事を愉しめる客席へと変わりました。
ココスマイル-店内奥2.jpg
ココスマイル-店内2.jpg

しかもそこはソファ席で、空間に余裕があるので
ものすごく落ち着く雰囲気なのがいい♪

で、店の肩書きにあるようにカフェとダイニングを兼ねているため
ランチタイムを逃しても、しっかりとした食事が用意されてるのが嬉しい◎


店員さんも清潔感と機敏な動きを兼ね備え、
上品な接客をしてくれるので心置きなく食事に集中できます♪


そんなお店で注文したのは「国産薄切り牛ステーキ&有頭海老フライ 1,480円」。

ランチ以外の食事は、大まかに言うとステーキとチキン南蛮とハンバーグで構成されていて
これがイチオシのようだったので選んでみました。

そして待つこと約13分で出来上がった料理を見ると、
ステーキとエビフライだけでなく、少量ながらチキン南蛮が付いてるじゃありませんか!
ココスマイル-ステーキ&海老フライ2.jpg

2つのおかずだけでも十分豪華そうに見えるのに、嬉しいサプライズです◎

で、その味は“大衆食堂のちょっと斜め上”と表現したくなる
安定の味を微妙に上品にしたような味。

見た目ガッツリだし、量も手伝って適度にお腹にたまりそうなのに
全体的な食べた感じが軽くて、女性でも余裕で完食できると思います。

そこそこ大きさのある海老フライは冷凍物だったけど身はしっかり詰まっていたし
ステーキは脂身の部分こそ歯ごたえありましたが、
赤身の部分は柔らかくジューシーで甘さを感じる旨味が良かったです♪

あと、タルタルソースが私の好きな具がゴロゴロしてるタイプだったのも嬉しかったです◎


という感じで営業時間中いつでも食堂としても利用できるお店は
平日は17時で閉まりますが、金・土・祝前日は23時迄営業しているのも便利だと思います。


▽メニュー紹介

▼Morning
※9:00~11:00
「モーニング・コーヒー 350円」
「モーニング・サービス 500円」
「Aモーニング/CoCoSmileモーニング 600円」
「Bモーニング/ビーフシチュー・トースト・モーニング 700円」
「Cモーニング/ビーフシチュー&バケット・モーニング 800円」

▼Lunch
※11:00~15:00
「Aランチ/平日限定日替わりプレート・ランチ 1,000円」
「Bランチ/CoCoSmileスペシャル・ランチ 1,200円」
「Cランチ/特選ステーキ・ランチ 1,400円」

▼Special Plate
※11:00~CLOSE
「国産薄切り牛ステーキ&有頭海老フライ 1,480円」
「国産薄切り牛ステーキ&自家製タルタルチキン南蛮 1,480円」
「自家製タルタルチキン南蛮と有頭海老フライ 1,280円」
「自家製タルタルチキン南蛮 1,130円」
「デリシャス・ハンバーグと鶏からあげ 1,380円」
「さっぱり大根おろしそハンバーグ 1,130円」
「海鮮タルタル・サーモン&有頭海老フライ 1,280円」
「ビーフシチュー&チーズハンバーグ・オムライス 1,380円」
「CoCoSmile特選国産牛ステーキ丼 1,980円」
「ミニステーキ丼&有頭海老フライ 1,510円」

▼Beefstew
※11:00~CLOSE
「ビーフシチュー・チーズ・トースト 900円」
「特製デミグラス・ビーフシチュー 1,000円」
「ビーフシチュー・ドリア 1,200円」

▼Sweets
「本日のおまかせ2種ケーキ・プレート 700円」
「プリンセス・ケーキ・ディッシュ 800円」
「ソフトクリーム・アレンジ・パフェ 600円」
「コーヒーゼリー・パフェ 500円」
「シフォンケーキ 400円」

▼SideMenu
「揚げたてポテトの盛り合わせ 600円」
「フィッシュ&チップス 700円」
「新鮮野菜のシーザー・サラダ 600円」
「グリルチキン・サラダ 700円」


【住】香川県高松市林町2585-6
【電】087-813-8636
【営】9:00~17:00/金・土・祝前日9:00~23:00
【休】木曜
【席】40席
【駐】12台




nice!(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

『珈琲とサンドイッチの店 KU.RU.MI(くるみ)』 [カフェ・喫茶]

三木国分寺線沿い、ゲオ川島店の東隣の商業施設の一画にある
『珈琲とサンドイッチの店 KU.RU.MI(くるみ)』
くるみ-外観2.jpg


飲食店を中心に8軒のお店が並んでいますが、
『KU.RU.MI』は向かって一番右側で、昔は『笑み家』というお好み焼きがあった場所です。

当然ながらその頃とは雰囲気が全く違っていて、
昼間でも少し暗くして温かな照明でオシャレな空間になっています。
くるみ-店内2.jpg

全体的な色使いがダークブラウンなので大人が落ち着ける感じなのがいい♪

で、その店のイメージをそのまま反映したような上品な女性が切り盛りしていて
カウンター席にはスタッフとの会話を楽しみに来店する常連さんも多そうですね。


店の肩書きにある通りコーヒーとサンドイッチが推しですが
メニューに載ってる写真を見る限り、フレンチトーストのレベルが高そうだったので
「蜂蜜&アイスクリーム 600円」を注文◎

ちなみに3種類あるフレンチトーストは、
どれもスモールサイズがちょうど半額で食べられますが量は3分の1になるそうです。

もし、スモールサイズが半額で量も半分だったら3種類全部食べようかと思ったけど
それは次の機会にサンドイッチと共に注文しようと思います。


そして待つこと約8分で完成したフレンチトーストは見るからに柔らかそう♪
くるみ-フレンチトースト2.jpg

しかし、ナイフとフォークを入れた瞬間に想像を超える柔らかさとジューシーさにビックリ!!
ナイフが吸い込まれるように入って行く時、断面から”ジュワッ!ジュワッ!!”と
音を鳴らしながらソースが溢れ出る光景は、肉汁たっぷりのハンバーグのシズル感に匹敵します☆

というか、切る時に音が鳴るフレンチトーストに出会ったのは初めてだったので
それだけで少し感動してしまいましたが、味もやはりレベルが高くてすごく美味しい☆♪♪
くるみ-フレンチトーストアップ2.jpg

フレンチトーストにそんな違いがあるのかと言われるかもしれませんが
とろとろのオムライスかと思うくらいの柔らかさと
表面の適度な焦げ目により感じる香ばしさ、
しっかり甘いのに甘すぎないフレンチトーストのソース、
どれをとっても私の中のフレンチトーストの黄金率に近くて最高でした◎

なので、結構な量があるにもかかわらずあっという間に完食してしまいました♪

添えられたホイップクリームやアイスと一緒に食べると
甘さが濃厚になるし、色んな味を愉しめますが
やっぱり何もつけずにそのまま食べるのが最高◎

これほどレベルの高いフレンチトーストを提供してるという事は
推しメニューのサンドイッチは更に満足度が高いと思うので
ますます再訪しがいのあるお店でした♪


あと、1杯目と同じドリンクに限るとはいえ
全ドリンクのおかわりが100円というのも太っ腹のサービスだし
雨の日に利用すると「雨の日にようこそサービス」という名目で
お会計時に100円安くしてくれるのもいい◎

ちなみにお昼どきの11:30~13:00は禁煙タイムらしいので
愛煙家の人達はご注意ください。


▽メニュー紹介

▼モーニングセット
※7:00~11:00
「トーストモーニング 500円」
「芋パンモーニング 500円」
「モーニングドリンク 380円」

▼トースト
※8:00~16:00
「山パンのトースト 300円」
「芋パンのトースト 300円」
「ベーコントースト 500円」
「クロックムッシュ 500円」
「明太ポテトトースト 500円」
「サービスセット 400円」
「ドリンクセット 300円」
「サラダ 100円」
「スープ 100円」

▼サンドイッチ
※8:00~16:00
「ミックスサンド 580円」
「オムレツサンド 500円」
「塩サバの竜田揚げサンド 650円」
「B.L.Tサンド 650円」
「ロースカツサンド 700円」
「ロコモコサンド 700円」
「エビフライサンド 700円」
「チキン何番サンド 650円」
「野菜たっぷりツナサンド 550円」
「照焼チキンサンド 650円」
「バジルチーズサンド 500円」
「明太ポテト 500円」

▼フレンチトースト
※8:00~16:00
「蜂蜜&アイスクリーム 600円/Small 300円」
「チョコ&ベリー 700円/Small 350円」
「カラメル&ナッツ 700円/Small 350円」


【住】香川県高松市川島東町523-4
【電】087-899-8228
【営】7:00~17:00(サンドイッチLo.16:00)
【休】日曜
【席】20席
【駐】共有駐車場有り




nice!(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

銀座ロール食べるの忘れたw [カフェ・喫茶]

兵庫町商店街の中、中央通りから東へ約20mの場所にある
『ニューギンザ』
ニューギンザ-外観2.jpg


レトロモダンなカフェで、昼間でも店内は暗めなのと
歴史を感じさせるデザインや調度品を見てると落ち着きます。ニューギンザ-カウンター2.jpg
ニューギンザ-店内2.jpg

高松三越近辺は、こういう感じの喫茶店がいくつかあって
ランチタイムや、ちょっと休憩したい人達には便利なエリアです。

で、このお店はカウンター席以外は全てソファなので
人気のケーキを食べつつまったりしてる人達の姿も多かったし
私以外は、お客さんも店員さんも全員が女性という事もあって
店内の空気が柔らかくて、とても感じが良かったです♪


そんなお店で食べたのは日替定食の「照り焼きチキン 850円」。ニューギンザ-ランチ2.jpg


というか、このお店は食事メニューが日替定食だけだし
種類も1日1種類なので何を注文しようか悩む必要がありません。

しかも、昼休憩の短い会社員さん達がすぐに食べられるように
盛り付けるだけで出せるように工夫しているらしく、
この時も注文してから約3分という早さで出てきたのは驚きです。

なので、照り焼きチキンもあらかじめ調理されていたので
ちょっとした煮込み料理の様な仕上がりでしたが
味が鶏肉によく染み込んでいて、白ご飯がよくすすみました♪

あと、切り干し大根・筑前煮・冷奴・わかめ汁・漬物という
いかにも身体に良さそうな物がついたので
こういうのも女性に支持される理由なんだと思います◎


それだけでなくミニケーキと紅茶も付いてるし、
食事と同時に持ってきてもらう事で
箸休めで甘い物を食べられるのが嬉しい♪

しかも紅茶用のシロップの量が多いので
激甘にできるのも甘党の私にとっては嬉しいポイントです◎

あと、今回はスポンジケーキが付いてましたが
ふわふわ加減としっとり食感が抜群で、
18cmのホールだとしても軽く食べられそうなケーキでした♪


という感じで約5年ぶりに来てみましたが、
カウンター席の天板がリニューアルされていた以外はほぼ変わってなくて、
これからもずっとここに有り続ける安心感のあるお店でした。


▽メニュー紹介

▼ランチ
※11:00~14:30
※ミニデザート・ドリンク付(コーヒーor紅茶)
※土日限定で通常400円のケーキをプラス200円で付けれます
「日替定食 850円」

▼Cake Set
※14:00~
「ケーキ+コーヒーor紅茶 750円」

▼Coffee
「ハウスブレンド」
「マンデリンスーパー」
「サントスデカフェ」
「ラ・リベルタード」
「カフェオレ」

▼Tea
「ダージリン」
「アールグレイ」
「アッサム」
「ジャスミン」
「アップルフレーバー」
「バニラチャイ」


【住】香川県高松市兵庫町2-4
【電】087-823-7065
【営】11:00~18:00
【休】日曜
【席】33席
【駐】無し




nice!(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

『cafe kaniwashi (カフェ カニワシ)』 [カフェ・喫茶]

丸亀町グリーン西館の2階にある
『cafe kaniwashi (カフェ カニワシ)』
カフェカニワシ-外観2.jpg


スイーツ好きなら必ず知ってる『かにわしタルト』の支店が
2017年4月11日、丸亀町グリーンにオープン!

そういえば、こないだ記事を書いた
『ぴこぴこ精肉店 サンフラワー通り』も同じ日にオープンして、
ただの偶然かと思ったけど、戊辰の大安で満月という運気的にすごく良い日だったんですね♪

と、余談はさておきマユリ~ナさんの記事でオープンを知って
早く行きたいと思いつつ数日が経ってしまいましたが、ようやく食べてきました◎

▼マユリ~ナさんの記事
http://kure.ashita-sanuki.jp/e1004614.html


が!時間を全く気にせずに寄ったので、思いっきりランチが終わってる時間でしたww
カフェカニワシ-レジ2.jpg
カフェカニワシ-ショーケース2.jpg

しかし、カフェタイムでもタルトやパンのイートインが出来るという事で
リッチパンから「スモークポークとチーズ 500円」と
タルト「焼きちーずタルト 410円」を注文してみました。


ちなみに、店内で食べる場合はセルフの水以外のドリンクは別注文になりますが
テイクアウトの場合、フリードリンクコーナーに置いてあるドリンクを
カップでお持ち帰りするか、ドリップコーヒーかアールグレイティーバックを
サービスしてくれると書いてあったので、テイクアウトをするとお得です♪

もちろん、これはなるべく客席に空きができるようにと考えられたサービスだと思いますが
お客様にとっても嬉しいサービスなので活用したいですね。

といっても、やっぱり『かにわし』のタルトはテイクアウトのイメージが強いので
滞在中にイートインを利用するお客さんは私以外に1人だけでした。
カフェカニワシ-店内2.jpg


しかし、イートインスペースのデザインは可愛らしかったので
せっかくなら店内でゆっくり食べるのもオススメです◎

しかも、ショーケースに並んでる物以外は注文してから作ってくれるらしく、
約11分待った頃にパンとタルトが到着。
カフェカニワシ-パン2.jpg

タルトだけ先にくるかと思ってましたが、
甘い物を先に出さずに、食事と同時提供する気遣いは
何気ない事だけど、するとしないでは店に対する印象が全く変わるので素晴らしいと思います♪


という事で先にパンから実食。
スモークでしか味わえない風味豊かな豚肉の旨味とチーズの濃厚な味が
給食を食べてた時代を思い出させてくれるような懐かしい食感のコッペパンとよく合う◎

で、それをおかずに「焼きちーずタルト」するという変な食べ方をしましたが
元々パンにチーズが入ってるせいか、あまり不思議な感じがしなかったし、
濃密でコクのあるチーズケーキを食べると
塩気のあるスモークポークの味が更に引き立ってました♪
カフェカニワシ-チーズケーキ2.jpg


あと、オープン祝いという事で
店内でも販売しているクッキーをもらえたのも嬉しかったです◎

という感じで郊外に行かなくても『かにわし』のタルトが買えるようになっただけでなく
その場でお茶もできるのは便利なので、次はランチも食べられる時間に寄ってみようと思います。


▽メニュー紹介

▼ランチ
※11:00~13:00
「本日のコッペパン1つ+フリードリンク 500円」

▼カフェ
※13:00~
◇Rich Pan
「ローストビーフパン 680円」
「スモークポークとチーズ 500円」
「いちごあんパン 380円」
◇本日のスイーツ・タルト
「ミニタルト 1,080円」
「タルトパフェ 950円」
「シフォントースト 350円」

▼ドリンク
◇コーヒー
「ホットコーヒー 300円」
「アイスコーヒー 350円」
◇紅茶
「ローズグレイ 400円」
「ストロベリーティー 400円」
「リラクゼーション 350円」
「アールグレイ 350円」
「アフタヌーンティー 350円」
◇析ワイン
「きいろ 400円」
「あかいろ 400円」
「いろいろ 400円」


【住】香川県高松市丸亀町7-16 丸亀町グリーン西館2F
【電】087-811-5088
【営】11:00~20:00
【休】無休
【席】8席
【駐】無し




nice!(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

『喫茶室 レガロビズ (REGAROBIS)』 [カフェ・喫茶]

ハローズ六条店から東へ約1.1kmの場所にある
『喫茶室 レガロビズ (REGAROBIS)』
レガロビズ-外観2.jpg


古い倉庫を改装した昭和レトロなカフェで、
体育館のように天井が高いギャラリーが併設されているのが特徴。
レガロビズ-ギャラリー2.jpg

その高さを利用し、カフェスペースは席が1階と2階に分かれていますが
2階は何となく屋根裏部屋のような雰囲気が漂ってました♪
レガロビズ-2階席2.jpg

カフェとギャラリーそれぞれの入口があって
どちらからも入れますが、直接カフェに入りたい人は右側のボードが置いてある入口からどうぞ。
レガロビズ-入口2.jpg


で、今回このお店に行ったのは
「PR.kagawa」という本を買い求めて辿り着きました。

香川県にある“昭和な喫茶店”をはじめ
本を手掛けた地元ライターさんが気になるお店等を紹介した書店では販売してない特別な一冊♪

そして、この本には香川県下でカフェ系のブログでは右に出る者はいない
超有名ブロガー<マユリ~ナ>さんと5軒のケーキ屋さんがコラボして
「マユリ~ナ」というケーキを販売しているのが紹介されたページがあるというのでGETしてきました◎

が、この本が発売されて1週間くらいしか経ってないのに
すでに取り扱ってるお店のほとんどが完売状態だったので
最初は直接店に行きましたが、後半は電話問い合わせをして
ようやく『レガロビズ』で、これで最後だという貴重な一冊を手に入れる事ができて嬉しかった♪

もちろん内容も素晴らしく、まだ行った事がない素敵な喫茶店が紹介されてたので
これを参考にまた食べ歩きしたいと思います◎


さて、無事本を入手できたので食事をとるために客席へと進むと
和と洋が融合したレトロな空間を照らす赤い照明が昼間とは思えないムード満点で
何かの物語の世界に入り込んだかのような不思議な気持ちにさせられました♪
レガロビズ-1階席2.jpg
レガロビズ-カウンター2.jpg

で、この雰囲気だと飲み物がメインで食事は軽い物しか無いと思ったら
カレーなどのしっかりしたメニューがあったのが私的にポイント高いです◎

そんなお店で注文したのは
「チキンステーキ 900円」と「ハニーバターとメープルのパンケーキ 800円」と
「穀物シフォン」のドリンクセット790円。

注文の時、食事とデザートの順番を聞かれて一緒に持ってきてほしいとお願いした事もあって
チキンステーキの出来上がりのタイミングに合わせ、
約16分待った頃に全ての料理が運ばれてきて一気にテーブルが賑やかになりました♪

で、まずは鉄板に乗ってジュージューと音を鳴らしながら届いたチキンステーキを実食してみると
皮の香ばしさ、身の柔らかさとジューシーさ、濃いめに聞かせたスパイスとハーブの風味、
どれをとっても素晴らしく、想像以上に美味しかったです☆
レガロビズ-チキンステーキ2.jpg

味は濃いめだけどイタリアンのような上品さも兼ね備えてるし
野菜がたくさん添えらていてるのでボリュームも十分満足できます◎


シフォンケーキとパンケーキもレベルが高く、どちらもふわふわ食感に仕上がってるし
ほんのりビターな味わいのシフォンは、優しい甘さとコクのある生クリームとの相性抜群♪
レガロビズ-シフォンケーキ2.jpg

パンケーキは厚みもある上に、時間が経っても固くならず最後まで柔らかさを保ってたし
メープルシロップ、バター、苺ジャムで味変ができるので1皿で色んな美味しさを愉しめるが最高でした♪♪
レガロビズ-パンケーキ2.jpg

といった感じで、本が目的で立ち寄ったお店でしたが
料理の味、雰囲気はもちろん、
店員さんもみんな感じのいい人ばかりで、とても素晴らしい時間を過ごせました◎


▽メニュー紹介

▼お食事
※11:00~なくなり次第終了
「日替わり 900円」
「チキンステーキ 900円」
「レガロカレー 900円」
「ギネスシチュー 1,300円」

▼サンドウィッチ
「お食事パンケーキ 900円」
「ホットサンドプレート 780円」

▼ランチセット
※14:30まで
「ドリンク +100円」
「ドリンクとデザート +400円」

▼レガロコーヒー
「ドリップ h 450円/i 500円」
「エスプレッソ h 500円/i 550円」
「プレス h 500円/i 550円」

▼ケーキ・スイーツ
※13:00~
「チーズケーキ 450円」
「ショコラケーキ 450円」
「やきたてスコーン 370円」
「パンケーキ(ハニーバターとメープル・キャラメルクリームソース) 800円」

▼ケーキセット
◇シフォンケーキセット
「穀物シフォン 790円/単品450円」
「餡バニラシフォン 850円/単品500円」
◇スコーン
「日替わりスコーン 770円」

▼お飲み物
「カプチーノ h 550円」
「ヘーゼルナッツラテ h 550円/i 600円」
「ブラウニーショコラッテ h 550円/i 600円」
「ラテ i 550円」
「コーヒーアッフォガート 700円」
「カフェ・コンパナ h 550円/i 600円」
「コーヒーフロート i 550円」
「紅茶(ディンブラ) h 450円/i 500円」
「ハーブティー h 450円」
「ざくろ茶 h 450円/i 550円」
「しょうがごぼう茶 h 450円」
「ほうじ茶ラテ h 500円/i 550円」
「穀物ラテ h 550円/i 600円」
「アーモンドミルクココア h 550円/i 600円」
「玄米抹茶ラテ h 550円/i 600円」
「キャラメルコンパナ h 550円」
「濃厚ブルーベリーバナナ 580円」
「モナソーダ(キウイ・洋梨・ざくろ) 450円」
「ジンジャーエール 400円」
「コーラ 370円」
「グレープフルーツ100% 450円」
「オレンジ100% 450円」
「ラッシー(もも・マンゴー) 650円」
「クリームソーダ 600円」

▼アルコール類
「ハイネケン(小びん) 550円」
「ハイボール 500円」
「マタドールハイ 500円」
「サムライロック 500円」
「グラスワイン(赤・白) 500円」
「ホットワインレモネード 500円」
「ロワイヤル 500円」
「キティ 500円」
「ジャックビー 500円」


【住】香川県高松市小村町549-4
【電】087-813-1020
【営】月~木11:00~18:00
 金・土・日11:00~16:30/18:00~22:00
【休】水曜・第1火曜・第3火曜
【席】33席
【駐】10台




nice!(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

『BAR MOTORE (バール・モトーレ) 片原町店』 [カフェ・喫茶]

ライオン通りと片原町商店街が交差するT字路の角にある
『BAR MOTORE (バール・モトーレ) 片原町店』
モトーレ-外観2.jpg


2016年7月9日にオープンしたコーヒーが自慢のお店で、
善通寺の本店に次いで2号店が高松に出店。

「バリスタグランプリ」で2連覇した店主が経営するカフェという事もあって
話題性が高く、すでに多くのメディアに取り上げられている人気店です。

コーヒーをあまり飲まない私でも、TVで紹介していたエスプレッソのうんちくを聞いてると
一度は飲んでみたくなる魅力をもってるのが素晴らしい♪

店内は決して広いとは言えませんが窮屈さは感じないし、
落ち着いたデザインと色使いのおかげで一人でカウンターに座っていてもリラックスできます◎
モトーレ-店内2.jpg
モトーレ-カウンター2.jpg

そして接客レベルも高く、どの店員さんも機敏な動きと丁寧な対応をしてくれたし、
撮影許可をお願いしたら「お撮りしましょうか?」と声をかけてくれる親切ぶりが素晴らしかったです♪


そんなお店でランチを食べられるようだったので寄ってみました。

ランチは、毎日食べられるパスタランチと
月・火・水曜限定のプレートランチ、
金・土・日限定のキーマカレーランチ、
土・日・祝限定のピッツァランチが用意されていましたが、今回はパスタを注文◎

AパスタとBパスタの種類が店内のボードに書かれていて
この時はAが「とりひき肉ときのこのトマトソースパスタ」で、
Bが「貝柱とほうれん草のバジルクリームパスタ」だったのでBをチョイス。


この時点で12時34分という昼のピークだった事もあり、
ちょっと長めの約18分で出来上がり。
モトーレ-ランチ2.jpg

商店街に面したカウンター席なので
外を眺めながら食事をしてると色んな人と目が合いますが
大きな窓から射し込む光の下でパスタを食べてると解放感があっていい♪

しかも店の雰囲気に合わせているのか、クリームスパゲッティだけど濃すぎず薄すぎず
上品な味わいだったので、これは女性に好まれると思います。
モトーレ-パスタ2.jpg

といってもパスタの種類は固定ではないので
どれを注文するかによって印象は違うと思いますが
店の雰囲気から察するに、おそらく全体的に控えめな味付けのような気がします。

あと、バリスタグランプリ2連覇という事で
ランチドリンクは自動的にコーヒーになるのかと思ってましたが
選べる13種類中、コーヒーは4種類だけで、あとはソフトドリンクや
ビール、ワインまで選べるのは素晴らしかったです◎

という感じで、コーヒーが苦手な私は結局ジンジャーエールを選んでしまいましたが
コーヒー好きの人は是非とも昼ご飯と共に自慢の珈琲を飲んでみて下さい♪


▽メニュー紹介

▼ランチセット
※11:00~14:00
※平日大盛り無料サービス
「パスタランチセット(サラダ・パン・ドリンク付き) 1,080円」
「鶏むね肉のコートレッタプレートランチ(ドリンク付き) 1,080円/大盛り+200円」※月火水限定
◇単品ピッツァ(約25cm)サラダ付き 各1,242円
※軽食時間も注文可
「マルゲリータ」
「プロシュート」
「クワトロフォルマッジ」
「ソーセージ&オリーブ」
「きのこ&ベーコン」
◇デザート
※軽食時間も注文可
「ティラミス 486円」
「ガトーショコラ 486円」
「ベイクドチーズケーキ 486円」
「クレームブリュレ 486円」
「キャラメルシフォン 486円」
「ジェラート 432円」
「ドルチェミスト(3種盛り) 1,026円」
「ティラミスパフェ 756円」
「アフォガート 594円」

▼軽食
※14:00~17:30
「パニーノサンドプレート 864円」
「パニーノサンド 572円」


【住】香川県高松市片原町9-15 辻第5ビル1F
【電】087-813-0521
【営】11:00~23:00(Lo.22:00)
【休】木曜
【席】20席
【駐】無し




nice!(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の10件 | - カフェ・喫茶 ブログトップ
焼鳥てんやわんや
お好み焼 多美也 -たみや-
お好み焼 ふみや 加治屋町店
飲茶居 天胡同 (やむちゃどころ ティンプートン)
CMS ケーブルメディア四国
香川のグルメ情報検索サイト 喰蔵 -くうぞう-