So-net無料ブログ作成
喰蔵公式TOP
喰蔵利用案内
喰蔵会社概要
喰蔵登録店一覧
喰蔵加盟問合せ
プライバシーポリシー
喰蔵クーポンGET
うどん
ラーメン
そば
お好み焼き
たこ焼き
鉄板焼き
焼肉
レストラン
洋食
ダイニング
イタリアン
ステーキ
しゃぶしゃぶ
牛タン
骨付鳥
串揚げ
居酒屋
焼き鳥
割烹
創作料理
丼もの
おでん
餃子
カニ
うなぎ
スイーツ
韓国料理
中華料理
カフェ
スープ
飲茶
バー
屋台
製造・販売
惣菜
和食
寿司
スタッフ募集中
高松市街中心部
高松市街地南部
高松市西部
高松市東部
高松市南部
高松市周辺
国分寺町
坂出市
丸亀市
さぬき市
多度津町
お好み焼 多美也
お好み焼 ふみや
鍛冶屋町店
ガトーよしだ
飲茶居 天胡同
マジックバー・バー
インティキ マジシャン
讃岐食酒工房
ふるさと
中華料理 彩宴
韓国料理マッコウル
讃岐食堂
がもう うどん

【喰蔵】- くうぞう - お知らせ

「喰蔵 -くうぞう-」とは、香川県の様々なジャンルの飲食店を検索して、外食を楽しくお得に利用できるサイトです♪
外出先でもチェックできるように下のQRを読み込むかURLを入力してブックマークして下さいね◎
[携帯電話]喰蔵サイト:http://www.ku-zou.com/mb/     [携帯電話]喰蔵ブログ:http://ku-zou.blog.so-net.ne.jp/ ブログ貼付用QR.gif

このso-net用のブログと同じ記事を【mixi】と【アメブロ】にも書いてますので、お好みのバージョンでご覧下さい。
※ちなみにmixi版は画像容量が無制限なので写真アップ枚数が一番多いので是非覗いてみてください☆
【mixi版】http://mixi.jp/show_profile.pl?id=6800189&from=navi
【アメブロ版】http://ameblo.jp/houtensyouti/

【喰蔵】への掲載の問合せ・申し込みを始め、
ホームページ制作・印刷物制作・デザイン・写真撮影などのお仕事依頼も受付けてますので
お気軽にフォームに必要事項を入力して送信して下さい。
【PC版】http://www.ku-zou.com/inquiry/
【携帯版】http://www.ku-zou.com/mb/inquiry/
デザート ブログトップ
前の10件 | -

『和牛もつ鍋 博多 まつもと』 [デザート]

琴電「瓦町駅」の南西向かいにある
『和牛もつ鍋 博多 まつもと』
まつもと-外観2.jpg


駅前ロータリーから観光通へ抜ける道に入ってすぐのビルで、
そこの1階と2階が店舗になっていますが、
もつ鍋屋さんとは思えないオシャレなデザインに驚かされます♪

入口から右に迂回する形で扉へと辿り着きますが、
その途中でさえもオシャレだし、
扉を開けて広がる洋風で開放感のある空間は圧巻の一言◎
まつもと-入口2.jpg
まつもと-店内手前2.jpg
まつもと-店内中央2.jpg
まつもと-店内縦2.jpg

店内の中央が吹き抜けになっていて、
1階席から目に入ってくる2階席の照明もいい感じ。


店員さんの対応も素晴らしく、扉を開けようとしたら中から開けて席へと案内してくれたし
おっさん1人で来てるのに丁寧に接客してくれました♪

で、このお店に寄ったのは商店街に貼ってあった
<〆パフェはじめました>というポスターを見たからです。

最初は、もつ鍋屋さんで食事をした後にデザートをどうぞ。みたいな宣伝かと思ったのですが
よく見ると、7時半から16時まではモーニングやランチの営業をしていて
その時間帯にデザートだけを食べられるとの事だったので寄ってみました◎

そして実際にお店でメニューを見てみると
フレンチトーストや、ランチのハンバーグ等もあって少し迷ったけど
当初の予定通り「採れたていちごのマスカルポーネパフェ 980円」を注文♪

基本が居酒屋さんなので、おしぼりが厚手の布なのがいいなぁ。
とか思いながら待つこと約6分でパフェが到着。
まつもと-パフェ2.jpg

するとどうでしょう。あらかじめポスターで写真は見てたものの
その期待を裏切らない実物に感動です◎

事実、写真と全然クオリティの違う物が出てくるお店もあるし
居酒屋さんでデザートを注文すると、
申し訳程度に作られた物が出てきたりしてガッカリする事もありますが
このパフェは、カフェ専門店で提供しても何ら遜色がない出来栄えだったので
注文してよかったと心から思いました♪

さすがに苺は冷凍物を使用していましたが、
盛り付けも量も申し分ないし、何よりも美味しいのがよかったです♪♪

マスカルポーネムースの、ふんわり感のある濃密な甘さと
苺本体&苺ソースの甘酸っぱさのバランスも素晴らしかったし、
パフェ表面にドライ苺の粉末が敷き詰められている見た目も最高◎
まつもと-パフェ俯瞰2.jpg
まつもと-パフェ持ち上げ2.jpg

あと、下層のほうの冷凍苺は少しとけかかっていて
柔らかくなると同時に苺の風味をしっかり感じられたので
一品で苺の色んな味を堪能できるのもよかったです♪


これほどクオリティの高いデザートを提供しているお店ならば
本来のもつ鍋の味も食べたいけど、さすがに夜に1人で利用するには気が引けると思いましたが
2階席にはカウンターもあるそうなので、是非また立ち寄りたいと思います◎


▽メニュー紹介

▼〆パフェ、始めました
「採れたていちごのマスカルポーネパフェ 980円」
「濃厚ショコラのティラミスパフェ 980円」

▼スイーツセット
「フレンチトースト 880円」
「フォンダンショコラ 880円」
「スイートポテトアイス 680円」
「本日のスイーツ 880円」

▼ランチ
※11:30~14:00
※セットドリンク付
「オリーブハンバーグ 1,280円」
「ドライカレー 980円」
「ポークジンジャー 980円」
「鶏の塩麹焼 980円」
「中華粥 980円」

▼モーニング
▽8:00~11:30
「モーニングサービス お飲み物代+0円」
▽8:00~16:00
「トーストセット お飲み物代+100円」
「たまドッグセット お飲み物代+250円」
「ホットドッグセット お飲み物代+250円」


【住】香川県高松市常磐町1-10-4 常谷ビル 
【電】087-813-3303
【営】モーニング&ランチ7:30~16:00
   ディナー17:00~24:00(Lo.23:00)
【休】無休
【席】60席
【駐】無し




nice!(9) 
共通テーマ:グルメ・料理

もうすぐ冬のカキ氷の季節♪ [デザート]

父母ヶ浜海水浴場の隣にある
『KAKIGORI CAFE ひむろ』
ひむろ-店内2.jpg
ひむろ-店内奥2.jpg
ひむろ-物販2.jpg

『玉葱ハウス』のカレーが主食、
『小前』のたこ判で補足したとなれば、次はデザートの番です♪

それに、滅多に寄る機会が少ない仁尾に来たとなれば
ここを外す訳には行きません◎

昨今のカキ氷ブームで、夏だけでなく一年を通してカキ氷を食べられるお店も増えたし
ピンス等、外国から来たカキ氷も食べられる時代になりましたが
このお店の氷そのもののレベルの高さと、
自然由来の優しくも風味豊かなシロップの美味しさは折り紙つき♪

なので夏場のハイシーズンともなれば行列は当たり前だし、
ともすれば売り切れで食べられない事も珍しくありません。


しかし今はオフシーズンのおかげで行列を待つ必要が無いのがいい◎

が!この時は丁度季節の切り替わり中だったようで
いつもよりメニューの種類が少ないのが残念でしたが
今まで食べた事のなかった季節限定カキ氷の「ぶどう(高瀬産) 750円」を注文。

で、この時点で2人組の先客がいましたが、すでに食べ終わっていた事もあって
注文から約3分という早さでカキ氷が到着♪

器を覆い尽くすかのように盛り付けられた氷は芸術品のようで崩すのが勿体無く感じるほど◎
ひむろ-カキ氷2.jpg

そして、夏場に来たときは到着した時に微妙に溶けはじめてたけど
今回は全く溶けてないのも良かったです♪

地元、高瀬の完熟ぶどうを使ったシロップは色は淡いけど味はすごく濃厚だし、
糖度17度以上という強い甘さながら、食べ心地が爽やかで本当に美味しい☆

しかも、ここの氷のシャリッとした舌触りと真綿のような軽さは格別で、
これほどレベルの高い氷が香川で食べられる事に感謝したくなります☆♪♪
ひむろ-断面2.jpg


という感じで全国レベルのカキ氷を一年中食べられるお店は
10月11日から「栗」と「かぼちゃ」の提供が開始される予定なので
是非、夏場では味わえないカキ氷を堪能して下さい◎


▽メニュー紹介

▼期間限定かき氷
「梨(三豊・観音寺産) 750円」
「ぶどう(高瀬産) 750円」

▼定番かき氷
「いちご 680円」
「高瀬緑茶 680円」
「チョコバナナ 680円」
「ボイセンベリー 680円」


【住】香川県三豊市仁尾町仁尾乙202
【電】0875-82-2101
【営】10:00~18:00(7・8月は19:00迄)
【休】月曜・第2火曜(7・8月は月曜不定休)
【席】32席
【駐】10台




nice!(6) 
共通テーマ:グルメ・料理

『氷 KIWAJI』 [デザート]

フェリー通りと三越通りの交差点の一本南の路地にある
『氷 KIWAJI』
kiwaji-外観2.jpg


2017年8月1日にオープンしたカキ氷屋さんで、
『Take Five Burger Cafe』が1階にあるビルの2階にありますが、
入口にある大きな“氷”の暖簾が遠くからでも確認できるので発見しやすいです♪

店内は昼間でも薄暗く、アメリカンテイストを感じさせるバーのような雰囲気のデザインで、
カウンター席だけでなく、ゆったりとしたソファ席でも食べられるので落ち着きます。
kiwaji-店内2.jpg
kiwaji-店内奥2.jpg


システムとしては、店に入って席に着く前に注文と会計を済ませ、
席で待ってると持って来てくれるというもので、
番号札の代わりに番号を書いたルービックキューブを渡してくれるのが面白かった◎


そんなお店で注文したのは
「静岡メロン 980円」に「わらびもち 100円」のトッピングを追加♪

そして待つこと約3分で完成したカキ氷は
一辺が14cmの大きめの枡に盛り付けてあって、インパクト大です◎
kiwaji-メロン2.jpg

で、肝心の氷は、きめが細かくてシャリシャリとした食感が心地いい♪

メロンは冷凍ではなく生を使ってるし、
シロップも程よい酸味と優しい甘さを兼ね備えた自然な味がする上品さがいい感じ。
kiwaji-俯瞰2.jpg

そこにトッピングのわらび餅を加えて食べれば一気に和甘味のテイストが増すだけでなく
一度に違った味わいを楽しめるのが良かったです◎


あと、容器の枡は上げ底がされていないので見た目以上に量がありますが
氷が軽いので小食の人でも完食できると思います。
kiwaji-断面2.jpg


参考までに一緒に行った友達が注文した「ミルクみるく 580円」も撮らせてもらいましたが
氷もシロップも白いので、何もかけてないように見えます。
kiwaji-ミルク2.jpg

ちなみに友達はシロップが足りなくなって“追いシロップ”をしてもらいましたが
基本的に追加は無料でしてくれると聞いて、私もすればよかったと少し後悔。


それと、友達は少し食べては冷たさによる頭痛で食べる手が止まってましたが
私は全く頭が痛くならないので、どんなに量が多いカキ氷でも
“死に氷”ができるまでに完食できるのは便利だなと思いました♪


▽メニュー紹介
「みぞれ 380円」
「みそれミルク 460円」
「みぞれ金時 480円」
「みぞれミルク金時 540円」
「黒糖みぞれ 420円」
「黒糖ミルク 500円」
「黒糖金時 520円」
「黒糖ミルク金時 580円」
「抹茶みぞれ 580円」
「抹茶ミルク 660円」
「抹茶金時 680円」
「抹茶ミルク金時 740円」
「ミルクみるく 580円」
「ちょこみるく 680円」
「濃い~エスプレッソミルク 780円」
「静岡メロン 980円」
「ミルクマンゴー 1,230円」


【住】香川県高松市内町6-6 FUJIビル2F
【電】080-8637-6858
【営】14:00~18:00
【休】無休
【席】14席
【駐】無し




nice!(9) 
共通テーマ:グルメ・料理

パティスリーのカキ氷♪ [デザート]

レインボーロードにある商業施設<レインボータウン>にある
『Salon de the Sans Fason (サン・ファソン)』
サンファソン-外観2.jpg


フランス語で“気取らずに”という意味をもったケーキ屋さん♪

レインボータウンの西側の1階と2階に店舗があって
2階がカフェになっているので、そこでケーキを食べる事ができます。

入口脇にある窓からは自慢のバウムクーヘンのオブジェが飾っていて
初めて見た人は、そのインパクトある存在感に圧倒されたりします。

あと、カフェの店内の一画にはケーキを作っているスペースがあって
その作業風景を見ながらまったりとお茶を愉しむのもオススメ◎


濃いめの木目と可愛らしい花の壁紙が素敵だし
男性だけで来店しても気兼ねしなくてもいい雰囲気が漂ってるのが嬉しい♪
サンファソン-店内2.jpg

もちろん店員さんも感じのいい人ばかりで、
一度店に入ってみたら結構な人が待っていたので
他で食事をして改めて寄ってみたら
「再度ご来店ありがとうございます♪」と言ってくれたのは素晴らしい☆☆


そんなお店に“パティスリーが本気で作る極上デザート氷”というメニューがあったので
「ハーフ&ハーフ(飯山の桃&生いちご かき氷 自家製練乳)800円」と
「ホワイトチョコとピスタチオのかき氷 1,000円」を注文。

ハーフ&ハーフは1日限定15食というレアなメニューでしたが残ってました◎


そして待つこと約4分で先にハーフ&ハーフが到着したのですが、
予想よりも大きくてテンションが上がります!
サンファソン-ハーフ&ハーフ2.jpg
サンファソン-ハーフ&ハーフ俯瞰2.jpg

桃と苺のシロップが綺麗に半分ずつかかっている上にアイスが乗ってますが
最初にアイスを触るとゴロゴロッと転び落ちてしまいそうな気がして
両方のカキ氷を少し食べ進めた頃にくぼみを作ってそこに安定させました♪

で、軽いけどシャリシャリとした食感としっとり感のある氷は繊細な口当たりだし、
シロップは自家製練乳と同化する事で
あっさりかつ、ほのかな甘さと酸味が絶妙なバランスで整っていい感じ◎


あと、ピスタチオのカキ氷のほうは驚くほどピスタチオの味がしっかりしていたし
ホワイトチョコの濃厚な甘さとのバランスが良くて美味しかった♪♪
サンファソン-ピスタチオ2.jpg
サンファソン-ピスタチオ俯瞰2.jpg


という感じでクオリティの高いカキ氷を堪能しましたが、
「いちごのグラタンかき氷 900円」という気になるメニューもあるので
また機会をみて食べに寄ってみようと思います◎


▽メニュー紹介

▼Shaved ice
「ハーフ&ハーフ(飯山の桃&生いちご かき氷 自家製練乳) 800円」※1日15杯限定
「生いちごと自家製練乳のかき氷 700円」
「いちごミルフィーユ氷 900円」
「いちごショートケーキ氷 900円」
「宮崎マンゴーかき氷 900円」
「宮崎マンゴーのショートケーキ氷 1,000円」
「飯山の桃と自家製練乳のかき氷 900円」
「ホワイトチョコとピスタチオのかき氷 1,000円」
「抹茶白玉あずき氷 和三盆わらび餅添え 850円」
「いちごのグラタンかき氷 900円」

▼Dessert
※ドリンクとセットで50円引き
「本日のケーキ各種 ASK」
「バウムクーヘンプレート 450円」
「デザート盛り合わせ 650円」


【住】香川県高松市松縄町1003-7 レインボータウン2F
【電】087-867-7790
【営】10:00~19:00
【休】月曜日
【席】20席
【駐】共有駐車場38台




nice!(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

「まるまる桃の哲學桃子」 [デザート]

東バイパスをレインボーロードから東へ約500mの場所にある
『珈琲哲學(コーヒーてつがく) 高松店』
珈琲哲学-外観2.jpg


洋館のような店舗、アンティークな雰囲気漂う店内、
注文ごとにドリップするこだわりのコーヒー、
本場イタリアから取り寄せた石窯で焼くピザなど、
様々な魅力に溢れたお店は多くのファンを集め、
お茶や食事をする目的以外にも憩いの場としても利用されています♪

店内は広く、大きな空間にいくつかのテーブルが並んだゾーンと
ソファ席が並んだゾーンがありますが、
過去2度書いてる記事を確認してみると、毎回ソファ席を選んでる事に気づく。
珈琲哲学-店内2.jpg


このお店に限らず、私が席を選ぶ基準で最優先するのは料理の写真が綺麗に取れそうな場所。
なおかつ店内の全景が撮りやすそうな場所という事を考えながら座るので
同じ店を何度利用しても同じ席を選ぶというのは珍しくありません。

なので、店員さんからすると他のお客さんがいないのに何故その席に座るのかな?
と思う事もあるはず。

しかも料理の写真を撮る時はたまに変な体勢になったりするので
それらの要素を総合して、私に気づく人もいるのが面白い。


ちなみに料理が綺麗に撮れる場所というのは店によって全然違うし
同じ料理を撮るにしても角度やレイアウトも違うので
機会をみて料理撮影の写真教室を開催できたらなと思います◎


余談はさておき、このお店は過去にランチとピザの記事を書いてるので
今回は推しメニューのパスタでも食べようかと思ったけど
入口脇に置いてある黒板に桃をまるごと1個使ったデザートがあると書いてあったので急遽変更♪


「まるまる桃の哲學桃子」と名付けられたスイーツは1日10個限定で税込700円。
夕方頃だったので売り切れてるかなと心配だったけど運良く残ってました◎

そして届いた桃は、本当にまるごと1個使用しているし
小玉じゃなくて普通の大きさなのでボリュームもあります♪
珈琲哲学-桃とドリンク2.jpg

飯田農園という所で採れた完熟の桃は
綺麗に皮を剥かれた上にジュレを纏っているので涼しげ◎
珈琲哲学-桃子2.jpg

当然ながら完熟桃というだけあって甘さと桃本来の味とみずみずしさが抜群で、
糖度は15を超えてるとだろう思うほど甘くて美味しい☆

で、その中には白餡が詰まっているのですが、
これがまた上品な甘さで桃の味を邪魔してないのが素晴らしい♪
珈琲哲学-桃子中身2.jpg

せっかく生クリームを添えてくれてますが、
桃の味を存分に堪能したくて、桃を完食した後に生クリームを食べたほど桃の味が最高でした◎

という感じで旬の桃を贅沢に味わえるスイーツは
早い者勝ちの数量限定なので是非とも期間が終了する前に食べてみてほしい逸品です♪


【住】香川県高松市林町2538-1
【電】087-815-2255
【営】9:00~21:30(Lo.21:00)
【休】不定休
【席】96席
【駐】40台




nice!(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

『パティスリー grace(グレース)』 [デザート]

セブンイレブン高松出作町店の道を挟んで西側にある
『パティスリー grace(グレース)』
グレース-外観2.jpg


詳しく説明すると、三木国分寺線(県道12号線)の出作町交差点から約270m北上で、
細いけど交通量が多い道なので店に近づいたら速度を落とすのがオススメ。
ただ、少し前にケーズデンキ高松店から西へ太い道が繋がったので
昔と比べれば交通量は減りました。

お客さんが利用する店頭は小じんまりとしていますが
隣に工場が併設されていて、連日朝早くから夜遅くまでケーキを作っているんだとか。

というのも、店頭のケーキや焼き菓子やアイス等の販売の他に
お客さんのリクエストに忠実に作ってくれるデザインケーキが大人気で
それの注文が大量に入るそうです。

今までの制作例の写真を見せてもらいましたが
有名なアニメのキャラクターだけでなく
車やカメラなど、ディテールの細かい作品も数多くありました。

値段は安い物で4,000円くらいから作れるそうですが
どうやらこういうケーキを注文する人達は細部にこだわるようで、
その要望に応えてるとプラス2,000円前後プラスされると教えてくれましたが
根がマニア気質の私には十分気持ちが分かりますw


もちろん普通のデコレーションケーキもあるし
それだと当日注文も可能らしいので急なお祝いにも重宝しそうですね。


で、事前情報無しで通りすがりに“氷”の表示を見つけて急遽入ったものの
雰囲気的にイートインできるか不安でしたが、全く問題なかったどころか
サービスで紅茶とシューアイスの試食までさせてくれてラッキーでした♪
グレース-店内2.jpg
グレース-紅茶2.jpg


そんなお店で注文したのが「クラッシュアイスいちご 450円」。
グレース-アイスいちご2.jpg

「市田いちご農園」というところの苺を凍らしてカキ氷にしたという商品は
容器からして可愛いし、ソフトクリームの量も多くて甘いもの好きとしてはたまりません◎

その下をスプーンでかき出してみると、確かに細かくなった苺がたっぷり♪
グレース-アイスいちご中身2.jpg

甘酸っぱくて冷たい氷の中に、隠し味として宮古島の塩を入れるという細かい仕事によって
単純にクラッシュ苺を凍らした味ではなく、最後まで飽きのこない味になってるのがよかったです。


ちなみに、ショーケースには様々なケーキが並んでいますが
柄や色が見事な焼き物の大皿に乗せてあるのが珍しくて面白かった。
グレース-ケーキ2.jpg

という感じで色々と特徴のあるケーキ屋さんなので
スイーツ好きの人は一度立ち寄ってみて下さい。


【住】香川県高松市出作町266-1
【電】087-899-8301
【営】9:30~20:00
【休】店頭にて告知
【席】10席
【駐】10台




nice!(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

『ゆとりの空間 高松店』 [デザート]

丸亀町グリーン西館の3階にある
『ゆとりの空間 高松店』
ゆとりの空間-外観2.jpg


有名な料理家<栗原はるみ>さんがプロデュースしたレストランで、
オリジナルの生活小物などの販売もしている女性に人気のお店♪

グリーン西館3階の中央に位置し、
色んな物販のショップに囲まれた様は近年の外食業界に増えてきた形態だし
可愛さとスタイリッシュさを兼ね備えたデザインも女性心をくすぐりそう◎
ゆとりの空間-店内2.jpg

そこで食べられる物は種類こそ多くありませんが
どれも手が込んでいて、味・見た目共に研究されているのが伝わってきます。


ちなみにランチの価格は1,944円なので、うどん文化の香川県としては高めの設定ですが
メイン2品、今月の副菜2品、えらべるごはん、サラダ・みそ汁・香物・デザート2種・ドリンク
といった感じでバラエティに富んでいるし、何よりも有名な料理家が考えた料理を
自分で食べつつ、今後の調理の参考にする人も多いようです。

そう感じたのは使い捨ての紙製ランチョンマットに
たくさんの料理のレシピが書かれているのを見たからです。

しかも簡易的な物ではなく、
工程や使用量まで丁寧にイラスト付きで書いてくれてる上に可愛いデザインなので
料理をしない私でも持って帰ろうかと思ったほど♪


もちろん店員さんの接客も優しい感じで、
メニューに対して色々質問をしても一生懸命説明してくれるのが良かったです◎


そんなお店で注文したのは
「いちごとバナナのチーズケーキパフェ 756円」。

季節限定の「なすのドライカレー」も気になったけど
7月も終盤なのに苺を使ったデザートを提供してる事に興味そそられて選んでみました。

そして待つこと約15分で完成したパフェは
スリムだけど高さがあるので量もそこそこありました♪
ゆとりの空間-パフェ横2.jpg

最下層にシリアルが入ってるものの、
白と赤と茶色のコントラストが可愛いし、
何よりも苺が冷凍物ではなく生を使ってるのが嬉しかった◎
ゆとりの空間-パフェ斜め2.jpg

なので、少し酸味が強い苺ではありましたが
しっかりと苺の風味が感じられたし粒も大きくて食べがいがありました♪
ゆとりの空間-パフェアップ2.jpg


あと、個人的に中にケーキとかチョコとかクッキーとかが入ってるパフェは
パサパサしてたり味のバランスが悪かったり硬かったりする物があるので少し苦手ですが
ここのケーキは、しっとりとしているし、途中にあるプリンのようななめらかな層との相性が抜群で
今迄食べたこういうタイプのパフェの中で一番美味しかった☆

シフォンケーキのようなふんわり食感のケーキはチーズの風味が優しくて、
後味がしつこくないのも良かったし、クリームやアイスの味も素晴らしかったです◎


という感じで予想以上の美味しさのパフェが出てきたので
料理の味にも期待ができるので、また機会をみて寄ってみます♪


▽メニュー紹介

▼ランチ
※11;00~17:30
「栗原さんちのえらべるお昼ごはん 1,620円」
「ごちそうお昼ごはん 1,944円」

▼ディナー
※17:30~20:00(Lo.19:00)
「栗原さんちの晩ごはん 1,620円」

▼季節限定
「なすのドライカレー 1,296円/ドリンクセット1,512円」

▼料理アラカルト
「揚げ鶏のねぎソース 1,296円/ドリンクセット1,512円」
「白身魚と野菜の揚げびたしごはん 1,188円/ドリンクセット1,404円」
「さばそぼろごはん 1,188円/ドリンクセット1,404円」
「BLTサンド 1,188円」
「キッズプレート 810円」※小学生以下のお子様

▼春限定デザート
「いちごとバナナのチーズケーキパフェ 756円/ドリンクセット1,080円」
「いちごのクリームチーズパイ 756円/ドリンクセット1,080円」

▼デザートアラカルト
「抹茶黒みつと豆乳プリンパフェ 756円/ドリンクセット1,080円」
「フルーツと白玉のみつ豆風 648円/ドリンクセット972円」
「バナナとくるみのケーキ 699円/ドリンクセット1,023円」
「ベイクドチーズケーキ 648円/ドリンクセット972円」
「シフォンケーキ 540円/ドリンクセット864円」
「季節のデザートプレート 1,296円」


【住】香川県高松市丸亀町7-16 丸亀町グリーン西館3F
【電】087-802-1830
【営】11:00~20:00(Lo.19:00)
【休】無休
【席】32席
【駐】無し



nice!(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

『WHIPPERS(ホイッパーズ)』 [デザート]

マルヨシセンター今里店の駐車場の一画にある
『WHIPPERS(ホイッパーズ)』


サン・フラワー通り側からマルヨシセンターに入ってすぐ左側に立ってる小屋がお店♪

車で通ってると目に飛び込んできたのが全身牛柄の小屋!
しかも横にはソフトクリームの看板が!!
ホイッパーズー背中2.jpg

もしや牧場のソフトクリームが食べられるお店じゃないか!?
と思いつつンドルを切って正面に回ってみると
ミントブルーと木目でデザインされた全く違う印象に少し戸惑う。
ホイッパーズー外観2.jpg


でも、予想が外れた訳ではなかった。

メニューを見ると、牛乳たっぷりのソフトクリームが紹介されていたので
一応、最初の印象どおりの物を売ってるお店でしたが
それ以上に推してるのがクロッカンシューだったという結末。

しかし恥ずかしながら未だかつてクロッカンシューなる物を食べた事が無くて
どんな感じだろうと思いつつ、店イチオシの「モーモープレミアム 280円」と
見た目に惹かれた「モーモーコーン 350円」を注文。


「モーモープレミアム」を渡してくれる時、お持ち帰りの時間を聞かれたので
本来はドライアイスを袋に入れてくれるのかもしれませんが、私はその場で直喰いww
ホイッパーズーモーモープレミアム2.jpg

クロッカンシューとパイを融合したという商品は
表面を覆ったガリガリ食感のクッキーのような香ばしさと
下のパイ層の軽くてサクサクの食感と
間に挟まれた濃厚でまろやかなカスタードクリームの組み合わせが最高で美味しい♪♪
ホイッパーズーモーモープレミアム中身2.jpg

これは自分だけでなく、誰かにお土産に買って行ってあげたくなる商品ですね◎



そして「モーモーコーン」。
これは手渡し限定商品なので自分用にオススメ♪
ホイッパーズーモーモーコーン2.jpg

薄い焼き菓子を巻いたような“ラングドシャコーン”の中に生クリームとカスタードを絞り出し、
表面をバーナーで炙ったクレームブリュレのようなスイーツ◎

そのとろけ具合は半端ではなく、
ソフトクリームでもないのに写真を撮ってるうちに溶け出してきそうになるほど。

なので食べ心地の柔らかさも抜群で、固形を保ってるのが不思議に思えるし
なめらかな甘さと炙った部分のほろ苦さがクセになる一品です♪

コーンの部分も軽くてサクサクで上品な甘さが女性に人気出そうな感じでした。


で、結局はソフトクリームを食べなかったけど
思いがけず新感覚のスイーツに出会えて良かったです◎

ちなみにこのお店は、マユリ~ナさんの記事によると
2017年6月5日にオープンしたばかりで、
隣にある『讃岐饂飩 やぐらや 今里店』が経営してるそうです。

▽マユリ~ナさんの記事
http://kure.ashita-sanuki.jp/e1016339.html


▽メニュー紹介

▼FOOD
「モーもープレミアム 280円」
「ガリガリモーモー 180円」
「チョコモーモー 130円」
「モーモーコーン 350円」
「モーモーソフト 230円」

▼DRINK
「ホットコーヒー 180円」
「アイスコーヒー 200円」
「アイスラテ 300円」
「モーモーアイスコーヒー 300円」
「モーモー牛乳 200円」


【住】香川県高松市今里町1丁目492-3
【電】070-5687-7791(やぐらやと共通)
【営】11:00~20:00
【休】日曜
【席】テイクアウト専門
【駐】共有駐車場有




nice!(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

『BOOK MARUTE(ブック マルテ)』 [デザート]

北浜alley内にある
『BOOK MARUTE(ブック マルテ)』


『umie (ウミエ)』があるのと同じ西側の倉庫の2階にある
古道具と写真集の販売、ギャラリー、ゲストハウスも運営しているお店♪
ブックマルテ-外観2.jpg
ブックマルテ-階段2.jpg

その店内の一画でかき氷が食べられるというので行ってみました◎

そういえば、北浜アリーに寄るのは久しぶりだったけど相変わらずオシャレですねー♪
<瀬戸内国際芸術祭>もそうだけど、
せっかく身近にこういう芸術的センスを養える場所があるのに
あまり利用してない事に勿体無さを感じてしまう今日この頃。

とか言いながらあまり他の人の影響を受けず、
自分流のセンスを磨きたいとも思うので難しいところ。

倉庫の階段を上がって最初の部屋が今回のお店ですが、
そこに至るまでに色々を考えさせらるだけでも来た価値があったというものです。
ブックマルテ-踊り場2.jpg


で、入口の前に着くと“氷”の暖簾を発見!
事前情報が無ければ、何でこんな所にこんな物があるのか不思議に思うだけだったと思うし
入口のガラス部分から店内を覗いても本が並んでるのが見えるだけなので
きっとこれはオシャレの一部なんだと思って通り過ぎていたはず。
ブックマルテ-入口2.jpg

それでも扉を開けながら、「ここってかき氷が食べられるんですか?」と聞いてみると
若くて明るい女性スタッフさんが「はい!食べられますよ。」と、
店の奥に客席があるのを案内してくれました◎
ブックマルテ-店内手前から2.jpg
ブックマルテ-店内奥から2.jpg


するとそこには、本などの販売スペースとはまた違った雰囲気の空間が存在していて
5席だけの小さなスペースでありながら窮屈さを感じない開放感がありました♪
ブックマルテ-客席2.jpg

そして座った席の目の前にちょうど黒板のメニューがあったので見てみると
かき氷は1種類だけだったし、トッピング等の追加メニューもなかったので無条件でそれを注文。

後で聞いた話ですが、種類も頻繁に変わらないとの事なので
しばらくは「愛媛県産 河内晩柑(かわちばんかん)600円」が食べられます◎

といっても、かき氷は夏期限定メニューらしいので
かき氷好きの人は今のチャンスを逃さずに食べに行くのをオススメします♪


さて、注文した後、特に何もせず待っていると
最初に案内してくれたスタッフさんが、
「このかき氷のシロップは、彼女が考えてくれたんですよ。」
と、私が来る前からいた女性を紹介してくれたのですが、この人がすごかった!!

みかんに代表される柑橘類が大好きで、
全国色んな所に食べに行ってるだけでもすごいと思ったのに
<みかんのよみもの>という自作の小冊子をもらったので読んでみたら
単純に柑橘類が好きという枠を遥かに超えた、柑橘の博士でした♪

更に、<NPO法人柑橘ソムリエ愛媛>という団体にも所属しているし
身に着けているバッチ、イヤリング、ペットホルダーにも柑橘類という徹底ぶり◎

しかも香川出身でも、愛媛出身でもない東京出身の彼女は
東京と愛媛と香川を行ったりきたりしてるとうのもすごい!!
ブックマルテ-みかんちゃん2.jpg


私も、男のわりに柑橘類が好きで
冬場になると温州みかんの10kg箱を1週間で完食したりするけど、
ただ単に食べる量が多いだけで存在そのものに対しての知識も無ければ
食べてきた種類も、彼女の足元にも及びません!

この若さで、一つの物に尋常ならざる情熱を注いでる人に出会えて感動したし、
是非とも「マツコの知らない世界」とかで紹介されて
全国的にも有名になってほしい人と思える人に出えて幸せな七夕でした☆☆☆
ブックマルテ-店主とみかんちゃん2.jpg


という楽しい時間を過ごしているうちにカキ氷が完成♪
ブックマルテ-カキ氷2.jpg

河内晩柑という品種を始めて味わったけど、
ほのかに八朔のような渋みがあって、甘夏のような上品な甘さを感じる。

なので温州みかんや伊予柑のように強い甘さを感じないぶん
蜂蜜を加えて、爽やかさと濃厚さを兼ね備えたシロップに仕上げていて美味しかった☆

氷自体はガリガリ食感のタイプで、このシンプルさから感じる懐かしさと
洗練されたシロップが口の中で溶け合って融合するのが最高でした◎


という感じで、オシャレな空間で美味しいカキ氷を食べられただけでなく
歳に関係なく尊敬できる人物に出会えて本当に楽しい時間を過ごせました♪


▽メニュー紹介

▼かき氷
「愛媛県産 河内晩柑(かわちばんかん) 600円」
「コーヒー(れん乳がけ) 600円」

▼ドリンク
「コーヒー(グアテマラ)hot/ice 600円」
「コーヒー(台湾)hot/ice 600円」
「愛媛県産 河内晩柑(かわちばんかん)シロップのソーダ割 600円」


【住】香川県高松市北浜町3-2 北浜alley内
【電】090-1322-5834
【営】13:00~20:00/土日祝11:00~20:00
【休】水曜
【席】カウンター5席
【駐】共有駐車場有り




nice!(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

一年ぶりくらいなのに覚えていてくれた♪ [デザート]

丸亀町商店街のスターバックスから西へ約30mの場所にある
『Rei Eoreum Cafe (レイ オルムカフェ)』


2016年8月12日にオープンしてからもう少しで一年が経つ韓国カキ氷のお店♪

その頃に記事を書いた以来なので店内の雰囲気も変わってるかと思いきや
若い女性店主が切り盛りしてるからか、綺麗なままだったのが素晴らしいし
店の至る所に<カオナシ>がいるのが面白かった◎
レイ-オルムカフェ-店内2.jpg


しかしメニューは進化していて、オープン当初は5種類だったピンスが
季節限定も含めると13種類にも増えているので何を注文しようか悩んでしまいます♪

更には「電球ドリンク」という写真映え抜群のドリンクや
スイーツ好きの心をくすぐる「インジョルミトースト」など
カキ氷が敬遠されがちな寒い時期でも味わえるメニューも増えてました◎


そんなお店で注文したのは「タルギマスカットピンス 900円」。
レイ-オルムカフェ-タルギマスカットピンス2.jpg


タルギ(苺)とマスカットをふんだんにトッピングしたピンスで、
冷凍ではなく生のフルーツを使ってるのが嬉しいし、
アイスクリームの上にマスカットが耳のような感じで飾られてるのが可愛いい♪

参考までに「ピンス」と「パピンス(もしくはパッピンス)」との違いは
プレーン状態のカキ氷が「ピンス」で、小豆がトッピングされた物が「パピンス」と呼ばれます。


余談はさておき当然ながら味も抜群で、
ピンス自体のほのかな甘さにフルーツの自然な甘さと
ソースやアイス等の濃いめの甘さが融合して、すごく美味しい☆♪


あと、一緒に行った仕事仲間が注文した
「ベリーベリーピンス 750円」と「チョコレートピンス 600円」も
どちらも見た目、美味しさ共に文句無しのクオリティでした☆
レイ-オルムカフェ-ピンス2.jpg
レイ オルムカフェ-俯瞰2.jpg


ちなみにここに立ち寄ったのは約一年前の一度きりなので
当然ながら私の事を覚えてるはずがないと思ってましたが
食べ終わって会計をする時に店主さんから声をかけてくれてビックリ!

しかも私が何者かも知っていて更にビックリしたし
前回の記事を見てたくさんお客さんが来たと感謝されて嬉しかったです☆
レイ-オルムカフェ-店主2.jpg


そんなお店は韓国ラーメンも食べられるようになってるらしいので
また近いうちに立ち寄って「インジョルミトースト」も一緒に食べてみようと思います◎


▽メニュー紹介

▼期間数量限定
「タルギマスカットピンス 900円」
「タルギチョコピンス 900円」
「苺ピンス 940円」
「タルギ(苺)スムージー 700円」

▼ピンス
「ベリーベリーピンス 750円/生クリームトッピング+50円」
「マンゴーピンス 750円/生クリームトッピング+50円」
「クッキー&クリームピンス 650円」
「チョコレートピンス 600円」
「抹茶パッピンス 600円」
「抹茶オレオピンス 700円」※新メニュー
「きなこピンス 650円/あずきトッピング+50円」※新メニュー
「チョコミントピンス 600円」
「アフォガードピンス 520円」
「抹茶スムージーピンス 650円/あずき・白玉トッピング+100円」

▼ドリンク
「電球ドリンク 550円」
「ピンクレモネード 400円」
「ブルーレモネード 400円」
「シトラスライムソーダ 400円」
「シトラスレモンソーダ 400円」
「ラベンダーレモンソーダ 500円」
「抹茶スムージー 550円」
「チョコレートスムージー 550円」
「アイスカフェラテ 340円」
「コーヒー 340円」
「ストレートティー(レモン・ミルク) 340円」
「アイスアメリカーノ 340円」
「生キウイサイダー 520円」
「生グレープフルーツサイダー 520円」
「ブルークリームソーダ 520円」
「ピンククリームソーダ 520円」

▼インジョルミトースト
「インジョルミトースト 700円/ハーフ450円/ドリンクセット900円」
「抹茶インジョルミトースト 740円/ハーフ500円/ドリンクセット940円」
「ココアチョコインジョルミトースト 740円/ハーフ500円/ドリンクセット940円」

▼ラーメン
「韓国ラーメン 500円」
◇トッピング
「バター 50円」
「とろけるチーズ 100円」
「トッポギ 150円」


【住】香川県高松市鍛冶屋町4-5 EMMY1ビル
【電】080-4035-1205
【営】11:00~18:00/19:00~22:00
【休】火曜
【席】8席
【駐】無し




nice!(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の10件 | - デザート ブログトップ
焼鳥てんやわんや
お好み焼 多美也 -たみや-
お好み焼 ふみや 加治屋町店
飲茶居 天胡同 (やむちゃどころ ティンプートン)
香川のグルメ情報検索サイト 喰蔵 -くうぞう-