So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
喰蔵公式TOP
喰蔵利用案内
喰蔵会社概要
喰蔵登録店一覧
喰蔵加盟問合せ
プライバシーポリシー
喰蔵クーポンGET
うどん
ラーメン
そば
お好み焼き
たこ焼き
鉄板焼き
焼肉
レストラン
洋食
ダイニング
イタリアン
ステーキ
しゃぶしゃぶ
牛タン
骨付鳥
串揚げ
居酒屋
焼き鳥
割烹
創作料理
丼もの
おでん
餃子
カニ
うなぎ
スイーツ
韓国料理
中華料理
カフェ
スープ
飲茶
バー
屋台
製造・販売
惣菜
和食
寿司
スタッフ募集中
高松市街中心部
高松市街地南部
高松市西部
高松市東部
高松市南部
高松市周辺
国分寺町
坂出市
丸亀市
さぬき市
多度津町
お好み焼 多美也
お好み焼 ふみや
鍛冶屋町店
ガトーよしだ
飲茶居 天胡同
マジックバー・バー
インティキ マジシャン
讃岐食酒工房
ふるさと
中華料理 彩宴
韓国料理マッコウル
讃岐食堂
がもう うどん

【喰蔵】- くうぞう - お知らせ

「喰蔵 -くうぞう-」とは、香川県の様々なジャンルの飲食店を検索して、外食を楽しくお得に利用できるサイトです♪
外出先でもチェックできるように下のQRを読み込むかURLを入力してブックマークして下さいね◎
[携帯電話]喰蔵サイト:http://www.ku-zou.com/mb/     [携帯電話]喰蔵ブログ:http://ku-zou.blog.so-net.ne.jp/ ブログ貼付用QR.gif

このso-net用のブログと同じ記事を【mixi】と【アメブロ】にも書いてますので、お好みのバージョンでご覧下さい。
※ちなみにmixi版は画像容量が無制限なので写真アップ枚数が一番多いので是非覗いてみてください☆
【mixi版】http://mixi.jp/show_profile.pl?id=6800189&from=navi
【アメブロ版】http://ameblo.jp/houtensyouti/

【喰蔵】への掲載の問合せ・申し込みを始め、
ホームページ制作・印刷物制作・デザイン・写真撮影などのお仕事依頼も受付けてますので
お気軽にフォームに必要事項を入力して送信して下さい。
【PC版】http://www.ku-zou.com/inquiry/
【携帯版】http://www.ku-zou.com/mb/inquiry/

『讃岐つけ麺 寒川(さんがわ)』 [うどん]

丸亀町グリーンにあるファミリーマートから西へ約90mの場所にある
『讃岐つけ麺 寒川(さんがわ)』
寒川-外観.jpg

このお店、元々は<ゆめタウン高松>からほど近い場所で
親が経営する喫茶店を間借りして夜だけ営業していましたが、
「香川のうまいもん喰うぞう!」で紹介した後すぐに
本格的に店舗を借りて移転オープンしました♪

それに伴い、昼間の営業も始めたのに
夜は夜で深夜2時まで営業しているというのがすごい!

店主曰く14時から19時までは仕込み等の為に閉店しているのと
日曜と月曜が休みという事で、身体は休められるとの事ですが、
本当に美味しいうどんを食べられるお店なので無理をせず頑張ってほしいものです。
寒川-店内奥.jpg
寒川-カウンター.jpg
寒川-店内.jpg
寒川-店内手前.jpg


ちなみに、提供方法は移転前と同じで
注文してから麺を茹でてくれるので、
営業時間中、どの時間帯に寄ってもできたての麺が食べられるのが嬉しい◎

なので、ランチタイムに利用する場合は
時間に余裕をもって行く事をおすすめします。


ちなみに、昼間はうどんだけの提供ですが、
夜は様々なおつまみや、全国から直送したご当地の一品も食べられるとあって
うどん目的だけでなく、居酒屋として利用する人も多いそうです。
寒川-馬刺し.jpg
寒川-油揚げ.jpg
寒川-じゃこ天.jpg

これは、元々店主が東京の居酒屋で修行していた頃に
手打ちうどんを提供していたのが評判を呼び、
うどん居酒屋としての人気を確立したのがきっかけになっています。


"讃岐つけ麺”というスタイルも、
東京ではラーメンのつけ麺が人気で、
それをうどんで作ったら美味しいのではないかと思って
つけ麺に合う小麦粉を探し求めて何度も試行錯誤し、
現在の極上の麺に仕上がったそうです◎
寒川-鶏ささみ天ざるつけ麺.jpg
寒川-鶏ささみ天.jpg
寒川-オリーブ牛すじとゴボウのつけ麺.jpg
寒川-タイカレーのつけ麺.jpg

製法も完全手打ちにこだわり、作り置きをしない事で
うどんにうるさい讃岐人の舌も唸る
みずみずしく、しなやかで心地いいコシのある麺に仕上がっています☆☆
寒川-麺.jpg


"うどん県”と呼ばれる土地でありながら、
うどんを食べるのは昼間のイメージが強いので
「夜のうどん文化をつくりたい。」という店主の想いが
『讃岐つけ麺 寒川』をきっかけに広る事を切に願うので
地元の人はもちろん、観光で香川に来た人も
是非、一度は立ち寄ってみて下さい♪


▼『讃岐つけ麺 寒川(さんがわ)』の詳しい情報はこちら▼
■PC・スマホ■ http://www.ku-zou.com/shop/sangawa/
■ガラケー■ http://www.ku-zou.com/mb/shop/sangawa/
nice!(8) 
共通テーマ:グルメ・料理

『頂うどん握(いただきうどんぐう)』 [うどん]

ドン・キホーテ高松店から空港通りを約300m南下した場所にある
『頂うどん握(いただきうどんぐう)』
握-外観2.jpg


2017年11月15日にオープンしたセルフうどん店で、
三条町にある『良酒屋 握 Goo』の関連店でもあります。

外観がうどん屋さんらしくない事と、
比較的スピードが出る道路沿いなので
車だと気づいた時には通り過ぎてしまうかもしれませんが、
『銀輪屋』という自転車屋さんを過ぎて見えてくる三角屋根が目印です。


店内は外観から想像していたより広かったし
席数も多いけど、席同士のスペースに余裕があるので更に広く感じました。

客席は、意図したものかどうかわかりませんが
色や形の違う物が配置されいたので
座る場所によって店の印象が変わりそうです。
握-店内2.jpg
握-座敷2.jpg


そして、このお店の特徴の一つとして
早朝の6時から営業しているので
出勤前にスピーディーに朝うどんができるのがいいですね。
握-レーン2.jpg



そんなお店で注文したのは
「きつね 小320円」と「ぶっかけ 小320円」
握-きつねうどん2.jpg
握-ぶっかけ2.jpg

今回立ち寄ったのが昼のピークを過ぎた13時半頃という事で
茹で置き麺の可能性も覚悟していましたが、
しっかりと茹でたてが出てきたのが良かったです。


あと、無料トッピングのコーナーにワカメがあるのも何気に嬉しいポイント。
握-薬味2.jpg


それから着席し、実食した麺は
モッチリとした食感が特徴的で、お腹にたまるタイプでした。
握-麺2.jpg

出汁は優しい味わいながらイリコの風味がしっかりしていて
存在感のある麺との相性が良かったです。


という感じで王道に忠実そうなセルフうどん店ですが、
出汁巻玉子がトッピングされた「だしたま」や
一反もめんのような幅広のペラペラ麺が面白い「ひも川」といった
珍しいメニューもあるので、近くに寄った際は一度試してみて下さい。


▽メニュー紹介
「かけ(冷・温) 小220円/大320円/特400円」
「ざる 小300円/大400円/特480円」
「きつね 小320円/大420円/特480円」
「肉うどん 小550円/大650円/特730円」
「ぶっかけ(冷・温) 小320円/大420円/特500円」
「肉ぶっかけ(冷・温) 小450円/大550円/特630円」
「温玉ぶっかけ(冷・温) 小400円/大500円/特580円」
「温玉肉ぶっかけ(冷・温) 小530円/大630円/特710円」
「スペシャル(冷・温) 小・大・特800円」
「だしたま 小420円/大500円」
「しっぽく 小380円/大480円/特560円」
「カレーうどん 小580円/大680円」
「釜あげ 小300円/大400円」
「釜たま 小380円/大480円」
「ひやし 小300円/大400円/特480円」
「ひも川(ぺらぺら) 小500円/大600円」


【住】香川県高松市上天神町757
【電】087-868-1154
【営】6:00~15:00
【休】不定休
【席】70席
【駐】25台




nice!(13) 
共通テーマ:グルメ・料理

『手打ちうどん 大蔵うどん(おおくら)』 [うどん]

ハローワーク高松の西側にある交差点から南へ約230mの場所にある
『手打ちうどん 大蔵うどん(おおくら)』
大蔵-外観2.jpg


以前は『うどん番長(ばんちょう)』、
更にその前は『手打うどん 大善(だいぜん)』があった場所へ
2017年9月16日にオープンしたフルサービスのうどん屋さん♪

フルサービスの一般店はテーブル席だけというパターンが多いですが
ここは少ないながらカウンター席もあるのが嬉しい◎


で、店舗自体はそれなりの年月が経っているものの
どこを見渡しても清潔感に溢れてるし、覇気を感じられる店主の人柄がいい感じ♪
大蔵-店内2.jpg

あと、平日は夜の8時まで営業してくれてるのが
私のように御飯を食べる時間が不規則な人には重宝します。


そんなお店に着いたのは16時頃。

ピーク時間はすぎてるけど閉店までは時間がある。
こんな時、私は必ず「釜あげ」ができるか聞くようにしています。

それで注文を受けてくれるかどうかで私の中にある、
うどん屋さんレベルがかなり左右されるからです◎

ちなみに、そもそもメニューに「釜あげ」が載ってないお店では聞かないし、
「湯だめ」だったらできるという場合は注文しません。

余談ですが、昔は「釜あげ」を注文したのに
気づかないだろと思ってるのか
「湯だめ」を「釜あげ」だと言って出すお店がいくつかあって
残念な思いをした事が何度かありましたが、
近年はそういう事態に出会わなくなったのはいい事です。


そして、このお店では店主さんが
「今から麺を茹でますので、釜揚げのほうが早いですよ。」と親切に教えてくれたので
嬉しくなった私は、もう一つ何かを注文しようとメニューを凝視しつつ
そういえば少し前にTVで紹介された時は
「カレーうどん」と「肉ぶっかけ」を推してたのを思い出したので
どちらを食べればいいか聞いてみたら、実際にお店で一番注文されるのは
「かしわ天ぶっかけうどん 650円」だと、これまた親切に教えてくれたので素直にそれを注文♪


それから待つこと約9分で到着した「釜あげ」には、ダシが2つ付いてるじゃありませんか!
大蔵-釜上げ2.jpg

店主の説明によると、平均よりも味を控えめに作っているので
途中で味が薄くなりやすい為、その時に継ぎ足して風味を戻す用なんだとか。

麺よりダシのほうが原価がかかっていると言われる事があるくらいなのに
追加料金無しで最初から2つダシを提供してくれるお店は非常に珍しいです☆

で、その説明通り確かに口当たりの優しいダシでしたが
イリコの風味はしっかり効いてたので、途中でどれだけ薄くなるのかなと思いつつ
ちょうど半分食べた頃に継ぎ足してみると、一口目よりも強く風味を感じて
ちょっとした感動を覚えました◎

あと、一般的な「釜あげ」の麺は
私の好みで言うと、30秒から1分くらい早めに釜から出してほしい食感なのですが
ここの麺は、私の理想にベストマッチのしっかりした食感があるのが最高でした♪
大蔵-釜上げ麺2.jpg



そして「釜あげ」が完成してから約6分後に「かしわ天ぶっかけうどん」が到着。
大蔵-ぶっかけ2.jpg

予想よりも大き目の「かしわ天」が3個も入っていて
食の細い人なら、きっとこの一杯で満腹になると思います。

あと、「かしわ天」や「鶏天」という名前だけど
見た目も味も唐揚げのお店がありますが、ここはしっかり天ぷらになってます◎

サックサクの衣と柔らかくジューシーな鶏肉は
淡白な味わいながら物足りなさを感じないのがいい感じ。


麺の仕上がりも素晴らしく、当然ながら水で締める事で
張りと弾力が格段に増していて喉越しも抜群♪♪
大蔵-ぶっかけ麺2.jpg

ぶっかけのダシも、平均より少し優しい味わいでしたが
釜あげの時同様、風味が豊かなので最後まで全く飽きずに食べれる逸品でした◎


という感じで今回はお客さんの少ない時間に行ったので注文してから茹でてくれましたが
昼のピーク時間は常に釜に麺を茹で続けているため待ち時間は短いとの事なので
どの時間に来店してもベストの状態で食べられるオススメのうどん屋さんです♪


▽メニュー紹介

▼うどん
「かけうどん(温) 300円」
「しょうゆうどん(温・冷) 400円」
「釜揚げうどん(温) 400円」
「釜たまうどん(温) 400円」
「ざるうどん(冷) 400円」
「ぶっかけうどん(温・冷) 400円」
「わかめうどん(温) 500円」
「きつねうどん(温) 500円」
「かしわ天うどん(温) 550円」
「かしわ天ぶっかけうどん(温・冷) 650円」
「かしわ天ざる(冷) 650円」
「えび天うどん(温) 600円」
「肉うどん(温) 650円」
「山かけうどん(温・冷) 650円」
「かれーうどん(温) 650円」
「げそ天うどん(温) 500円」
「げそ天ざる(冷) 600円」
「げそ天ぶっかけ(温・冷) 600円」
「天ぷらうどん(温) 700円」
「肉ぶっかけ(温・冷) 700円」
「えび天ぶっかけ(温・冷) 700円」
「天ぷらぶっかけ(温・冷) 800円」
「えび天かれー(温) 900円」
「あなご天かれー(温) 900円」
「かしわ天かれー(温) 900円」

▼天ぷら
「あなご 250円」
「かしわ 250円」
「ちくわ 100円」
「海老 300円」
「野菜天各種 100円」
「盛り合わせ 500円」

▼おでん
「牛すじ 150円」
「その他各種 100円」

▼ご飯もの
「おにぎり 120円」
「いなり 200円」


【住】香川県高松市花の宮町3丁目4-12
【電】087-899-7887
【営】平日10:00~20:00/土日祝8:00~15:00
【休】不定休(年内無休※2017年)
【席】27席
【駐】6台




nice!(9) 
共通テーマ:グルメ・料理

『ながやまうどん』 [うどん]

瓦町FLAGの10階レストラン街にある
『ながやまうどん』
ながやまうどん-外観2.jpg


2017年8月2日にオープンしたうどん屋さんで、
駅ビルの上層階にセルフうどん店があるというのが不思議な感じ。

そのため、一般的なセルフのうどん屋さんより値段設定が微妙に高めですが
17時半まで営業しているので、昼を逃した人には助かります。


お店のデザインは基本的にセルフうどん店の王道的な感じですが
やはりどことなく高級そうな雰囲気が漂ってるので、
フルサービスの一般店のようにも見えます。

で、連休中という事で人が多いだろうと昼のピークを外して寄ってみると
運よく貸切状態だったので写真が撮りやすかった。
ながやまうどん-天ぷら2.jpg
ながやまうどん-店内奥2.jpg
ながやまうどん-店内手前2.jpg


そんなお店で注文したのは
「かけうどん 小250円」と「ぶっかけ 小350円」
ながやまうどん-かけ2.jpg
ながやまうどん-ぶっかけ2.jpg

時間的にも茹でたての麺ではありませんでしたが、
張りがあるプリッとした食感の麺はツルツルと喉越しがいい。
ながやまうどん-麺2.jpg

弾力よりも歯ごたえのある麺は「ぶっかけ」だと更にそれが顕著で、
固めの麺が好きな人は「ぶっかけ」がオススメですが、
茹でたてだと全く違う可能性もあるので参考までに。


出汁に関しては、「かけ」のほうは優しい味付けで
人によっては物足りなく感じるかもしれませんが風味はしっかりしてたし、
「ぶっかけ」のほうはイリコを強く感じるので、レモンを搾って食べるのがちょうどよかったです。

という感じで、新たに生まれた駅ビルのセルフうどん店は
女性だけで切り盛りしてたので頑張ってほしいと思います★


▽メニュー紹介

▼うどん
「かけうどん 小250円/大370円」
「わかめうどん 小380円/大500円」
「きつねうどん 小400円/大520円」
「肉うどん 小480円/大600円」
「カレーうどん 小450円/大570円」
「ぶっかけ 小350円/大470円」
「温玉ぶっかけ 小380円/大500円」
「肉温玉ぶっかけ 小580円/大700円」
「冷やしうどん 小330円/大450円」

▼揚げ物
「コロッケ 130円」
「メンチ 130円」
「アジフライ 130円」
「野菜天 130円」
「ちくわ 100円」
「ゲソ天 160円」
「さつまいも 100円」
「茄子天 100円」
「玉ねぎ天 100円」
「南京 100円」
「とり天 130円」

▼サイドメニュー
「いなり 100円」
「おにぎり 100円」
「やきめし 160円」


【住】香川県高松市常磐町1-3-1 瓦町FLAG 10F
【電】087-812-7784
【営】11:00~17:30
【休】無休
【席】30席
【駐】無し




nice!(8) 
共通テーマ:グルメ・料理

『手打ちうどん のぶ屋』 [うどん]

高松市役所から西へ約100mの場所にある
『手打ちうどん のぶ屋』
のぶ屋-外観2.jpg


以前は『聖風うどん (せいふううどん)』があった場所で、
2017年1月12日にオープンしたセルフ店♪

入口の看板は暖色系で、ほのぼのしたイメージがありますが
店内に入ると、テーブルの天板や椅子の生地に黒を使っているせいか
少し重厚感があって、個人的には結構好きな雰囲気。
のぶ屋-店内2.jpg


50以上ある客席はテーブル席と、対面式のカウンター席があるので
“おひとりさま”もグループも利用しやすいのがいい。

しかも、店自体に駐車場はありませんが
道を挟んで南向かいにある「高松市番町地下駐車場」に停めて駐車券を提示すれば
25分のチケットをくれるので、車でも来店できるのが嬉しい◎


そんなお店で注文したのは
「ぶっかけうどん(冷)小280円」と「釜あげうどん 小280円」。

今日も真夏日でめちゃくちゃ暑かったので「ぶっかけ」だけにしてもよかったけど、
男麺が自慢だという店の説明文があったので
麺の良し悪しよく分かる釜上げで確認してみたかったんです。

ちなみに注文した時点で12時55分で、昼のピークが過ぎていた事もあって
釜上げができるまで12~3分かかると言われましたが
先に「ぶっかけ」を食べるので問題なし♪

あと、ぶっかけを注文した時に大根おろしとレモンを入れるかどうか聞かれましたが
わざわざ確認してくれるお店は意外と少ないので、
レモンとかを入れたくない人には嬉しい心遣いだと思います◎

というか、麺の量が多い!
あれ?小じゃなくて中を注文したかな?と思ったほど。
のぶ屋-ぶっかけ2.jpg

しかも麺の艶は抜群だし、ちょい太めでエッジはしっかりしてるし
見た目の期待を裏切らないコシもあって、かなりいい感じ♪
のぶ屋-ぶっかけ麺2.jpg

ダシは少し甘めだけど旨味がしっかりしていて
“男麺”と謳う自慢の麺とのバランスも良かったです◎



で、ぶっかけを食べ初めてから待つこと約12分で「釜あげ」が完成♪
のぶ屋-釜上げ2.jpg

平均的な釜あげの茹で時間が8分なのに対し
これだけ時間が必要というだけで麺が太めなのが分かりますね。

それだけ茹でていても麺の角が崩れてないのも麺がしっかりしてる証拠だし
実際食べてみても柔らかすぎず、程よい弾力と表面のぬめりがいい感じ◎

あと、つけダシは透明度が高く、
ぶっかけの同じように最初に甘さを感じる甘旨のダシが
味の全体的な印象をまろやかにしてるのが特徴的でした。
のぶ屋-釜上げ麺2.jpg


それと、一生懸命写真を撮ってる私が気になったのか
店長さんがわざわざ声をかけてくれ、色々と話が聞けたのも良かったです♪


▽メニュー紹介

▼うどん
「ぶっかけうどん(冷・温) 小280円/中330円/大380円」
「肉ぶっかけ 小450円/中500円/大550円」
「温玉ぶっかけ(冷・温) 小330円/中380円/大430円」
「肉うどん 小390円/中440円/大490円」
「山かけうどん 小300円/中350円/大400円」
「山かけぶっかけ 小360円/中410円/大460円」
「オクラブッカケ 小390円/中440円/大490円」
「ザルうどん 小280円/中330円/大380円」
「冷しうどん 小280円/中330円/大380円」
「しょうゆうどん 小220円/中270円/大320円」
「かけうどん(冷・温) 小220円/中270円/大320円」
「釜あげうどん 小280円/中330円/大380円」
「湯だめうどん 小280円/中330円/大380円」
「釜玉うどん 小280円/中330円/大380円」

▼サイドメニュー
「バラ寿し 130円」
「いなり寿し 100円」
「おにぎり 100円」
「天ぷら各種 100円」
「おでん 90円」
「スジ肉 120円」
「いなりあげ 120円」
「わかめ 60円」
「生卵 50円」


【住】香川県高松市番町2-4-11 エムズビル1F
【電】087-802-1070
【営】10:00~15:00
【休】日・祝
【席】57席
【駐】高松市番町地下駐車場利用の場合25分チケット配布
【カ】不可




nice!(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

『こだわり麺や 高松郷東店』 [うどん]

ゲオミラクルタウン店から東へ約200m、橋を渡る手前にある
『こだわり麺や 高松郷東店』
こだわり麺や-外観2.jpg


以前はサークルKがあった場所で、
2017年6月7日にオープンした『こだわり麺や』13軒目のカレーうどん推しの店舗♪

今迄の店舗でもカレーうどんがオススメの店はありましたが
ここは外観デザインから他と違ってるし、
最近『こだわり麺や』では「豚しゃぶサラダうどん」の販売がスタートしたけど
ここ郷東店だけは取り扱いが無いので、特別な存在なのかも。

他にも、メニュー表に“いかほひらがな”のような
可愛いポップなフォントを使ってるのも珍しいけど
店内のデザインは木をふんだんに使った落ち着く雰囲気です◎
こだわり麺や-店内手前2.jpg
こだわり麺や-店内奥2.jpg


にしても相変わらず『麺や』の店員さんは元気で明るい人達ばかりだし仕事ぶりも丁寧なので、
食材の管理や衛生面に関してもきっと手を抜きいてないと思うので安心して利用できるのがいい♪
こだわり麺や-レーン2.jpg


そんなお店で注文したのは「カレ玉うどん 小390円」。

名前だけだと「釜玉うどん」にカレーをかけるような想像しますが
実際はカレーうどんに、ふわふわの溶き卵をトッピングしたメニューでした◎

で、初めて食べるうどん屋さんでは天ぷら等の追加トッピングは取らない主義ですが
間違いなくカレーに合うだろうというビジュアルのソーセージを見つけてしまったので
これは見逃すわけにはいきませんでした♪
こだわり麺や-カレ玉うどん2.jpg

それから薬味コーナーで福神漬けとネギを足してから実食すると、
まろやかな辛さと、ふわふわ玉子の相性の良さにも関心しましたが
個人的はカレールーがしゃばしゃばじゃなく、トロトロだったのが良かった◎

これで辛さを選べるオプションがあると更に嬉しいけど
ほんのり甘いのに、まろやかな中に濃厚な旨味が凝縮されたルーはレベル高い♪

もちろん麺との絡み具合とバランスも抜群だし
元々クオリティの高い『麺や』の麺と合わせてるのですごくいい感じ◎
こだわり麺や-麺2.jpg

そして予定外で追加したソーセージは想像以上に美味しくて
太さ、味の濃さ、香ばしさ、どれも完璧で、本当にトッピングして良かったです☆


あと、カレールーがたっぷり入ってるので麺を完食した後に
白ご飯を入れてカレーライスにして食べたくなるくらい
最後まで満足度を失わないカレーうどんだったので
是非一度「カレ玉うどん」を食べに寄ってみて下さい♪


▽メニュー紹介

▼カレ玉うどん
「カレ玉うどん 小390円/中490円/大590円」
「カレ玉うどん 温野菜 小490円/中590円/大690円」
「カレ玉うどん 肉 小490円/中590円/大690円」
◇トッピング
「ぶた天 160円」
「ソーセージ 160円」
「ササミカツ 130円」
「アジフライ 120円」
「アスパラ 110円」
「コロッケ 100円」
「なす天 100円」

▼定番うどん
「にくうどん 小480円/中580円/大680円」
「にくぶっかけ 小480円/中580円/大680円」
「かまたまうどん 小290円/中380円/大470円」
「ざるうどん 小290円/中380円/大470円」
「しょうゆうどん 小290円/中380円/大470円」
「かまあげうどん 小290円/中380円/大470円」
「ぶっかけうどん 小290円/中380円/大470円」
「ひやしうどん 小290円/中380円/大470円」
「かけうどん 小210円/中300円/大390円」
◇お持ち帰り用
「うどん玉・かけだし・つけだし 各85円」

▼揚げ物
「きつね揚げ 130円」
「ササミカツ 130円」
「豚天 160円」
「うずら 100円」
「アジフライ 120円」
「コロッケ 100円」
「ソーセージ 160円」
「アスパラ 110円」
「ちくわ 100円」
「ゲソ天 130円」
「ゲソ天串 100円」
「ナス天 100円」
「エビ天 130円」
「れんこん 100円」
「かぼちゃ 100円」
「かき揚げ 130円」
「半熟卵 110円」
「とり天 130円」


【住】香川県高松市郷東町1-1
【電】087-873-2215
【営】6:30~15:00
【休】第3水曜
【席】64席
【駐】18台




nice!(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

『うどんと炭火焼 えびす (EBISU)』 [うどん]

ベトナムのMạc Đĩnh Chi通りとTrần Cao Vân通りが交差するT字路から南へ約50mの場所にある
『うどんと炭火焼 えびす (EBISU)』
えびす-外観2.jpg


今回、ベトナムに行って思ったのが一般人は日本語どころか英語も話せない人が多いのに
特定の地区に行くと日本式のお店が集中して出店していて、
そこで働いている人達は、ある程度日本語が話せるという不思議。

にしても本当に日本式のお店が多くて、焼肉屋さんと寿司屋さんが特に多かったし
どのお店も店舗からメニューブックまで、しっかりとお金をかけてつくっていて
並の日本のお店は負けてしまうくらい気合いが入ってました。

しかも日本語のおかしな表現が全く無いし
メニューの写真やデザインのクオリティも高くて色々と驚かされました♪

そんな中にあって日本人にも評判が高いという噂の居酒屋が今回のお店。
で、ここの売りが「うどん」と「炭火焼」という事で、
店に入る前から讃岐人の血が少し騒いでました◎


お店は木をふんだんに使った本格的な日本式居酒屋で、
色使いやデザインも日本人に慣れ親しんだ雰囲気で
焼き台が目の前にしたカウンター席など、本当にしっかりした造りです♪
えびす-カウンター2.jpg
えびす-テーブル2.jpg

ただ、接客してくれるスタッフが若い男性でイケメン揃いで
どことなく女性っぽい雰囲気を醸し出している人が多かったのが不思議な感じでした。

それを除けば、ここがベトナムだという事を忘れそうなほど落ち着く空間です◎


そんなお店で注文したのはこんな感じ。
「焼鳥盛り合わせ5種 170.000VND」
「串揚げ盛り6本 210.000VND」
「鶏皮ポン酢 68.000VND」
「すくい豆腐 50.000VND」
「温かい讃岐うどん 67.000VND」
「大根おろしぶっかけうどん 78.000VND」
「冷やしうどん 67.000VND」


で、ここは最初に豆富と皮ポンが出て来て
それを食べてるうちに串物を持ってきてくれ、
〆の段階でうどんが届くという、しっかりと流れに従った提供の仕方でした♪
えびす-豆腐2.jpg

待ち時間は日本と比べると少し長めでしたが、
味や見た目は完璧どころか、焼鳥は一応炭火で焼いてたし
串揚げの衣が綺麗で、黒くなるまで使い込んだ油を使ったりしてないのが素晴らしい◎
えびす-焼鳥2.jpg
えびす-串揚げ2.jpg

旨味の度合いこそ日本の人気店には負けますが、それでもレベルは高くて
気合いの入って無い日本の居酒屋よりは確実に勝ってます♪

テーブルに置いてある薬味なども日本人に馴染みのある物ばかりで、
醤油に至っては本物の<キッコーマン>でした◎


あと、不安と期待が交差していたうどんに関しても
これまた本場讃岐の平均点くらいのレベルだった事に驚きました♪

心の中では絶対に満足できるうどんが出てくるはずがないと思っていたのに、
郊外の大型セルフ店のような不特定多数に好まれるであろうクオリティがあったし
天カス、ネギ、スダチ、鰹節、生姜、大根おろし等の薬味も
どれ一つとっても手を抜いてる感が無く、讃岐人でも納得できる仕上がりでした◎
えびす-ぶっかけ2.jpg
えびす-麺2.jpg
えびす-かけうどん2.jpg
えびす-冷し2.jpg

惜しむらくは弾力とノド越しは控えめでしたが
作り置きではなく、出来たてのみずみずしさがあったのが良かったです♪

ダシは、冷やし用のつけダシが“そうめん用”みたいな味だったものの
かけダシの味の濃さと、ぶっかけダシのクセの無い濃いめの味は抜群で、
このお店が日本にあって、深夜にこのうどんが食べられるなら
利用するかもしれないと思うほど満足できました◎

あと、うどんの丼が本場讃岐のお店でもよく使われている
<砥部焼き>にすごく似てる陶器だったのもポイント高かったです☆


といった感じで、かなりハイレベルな日本の味が堪能できるお店なので
ベトナムに行った時は是非立ち寄ってみて下さい♪


▽メニュー紹介

▼おすすめ
「肉つけめん 130.000VND」

▼Hot Udon
「温かい讃岐うどん 67.000VND」
「釜揚げうどん 67.000VND」
「きつねうどん 95.000VND」
「辛味噌釜玉うどん 78.000VND」
「ごぼうかき揚げ天うどん 95.000VND」
「海老おろしうどん 120.000VND」
「牛すじカレーうどん 110.000VND」
「釜チーズカレーうどん 120.000VND」
「釜豚肉ぶっかけうどん 115.000VND」
「明太子クリームうどん 198.000VND」

▼Cold Udon
「冷たい讃岐うどん 67.000VND」
「野菜天おろしぶっかけうどん 95.000」
「冷やしうどん 67.000VND」
「豚しゃぶ胡麻だれうどん 105.000VND」
「大根おろしぶっかけうどん 78.000VND」
「納豆とろろうどん 115.000VND」

▼Rice Dishes
「天丼 120.000VND」
「豚肉丼 中95.000VND/大110.000VND」
「親子丼 中110.000VND/大120.000VND」

▼Tempura
「魚貝天ぷら盛り 175.000VND」
「野菜天ぷら盛り 130.000VND」
「特Mix天ぷら盛り 250.000VND」
「海老(2尾) 60.000VND」
「いか 30.000VND」
「さつま芋 18.000VND」
「かぼちゃ 180.000VND」
「茄子 18.000VND」
「れんこん 25.000VND」

▼Side
「いなりすし2個 48.000VND」
「おむすび 明太子30.000VND/おかか26.000VND/鮭28.000VND/梅30.000VND」
「追加の出汁 15.000VND」
「鶏の唐揚げ 40.000VND」※ランチのみ

▼ランチ
※11:30~15:00(Lo.14:00)
「お昼のミニ丼セット 135.000VND」※コーヒー・ソフトドリンク付
「牛スタミナ定食 170.000VND」
「焼鮭定食 170.000VND」
「焼秋刀魚定食 120.000VND」
「カレーライス定食 140.000VND」
「納豆定食 110.000VND」

▼一品
「金平ごぼう 60.000VND」
「コロッケ 88.000VND」
「秋刀魚梅肉天ぷら 98.000VND」
「ミルフィーユカツ 128.000VND」
「ジャンボメンチカツ 148.000VND」
「サーモンチーズフライ 150.000VND」
「イカとエリンギのバター醤油 98.000VND」
「辛子明太子大根サラダ 120.000VND」
「鶏天丼 98.000VND」
「カツカレー 168.000VND」
「ウナ玉丼 298.000VND」
「カツ丼 140.000VND」
「うな重 550.000VND」
「キムチ焼うどん 115.000VND」
「鯖味噌煮 98.000VND」
「サーモン味噌焼き 138.000VND」

▼海鮮
「刺身5点盛り合わせ 398.000VND」
「刺身3点盛り合わせ 250.000VND」
「白身刺身 118.000VND」
「たこ刺身 138.000VND」
「サーモン刺身 138.000VND」
「マグロ刺身 138.000VND」
「イカ刺身 108.000VND」
「北寄貝刺身 130.000VND」
「いか塩辛 98.000VND」
「いか納豆 118.000VND」
「いくら 150.000VND」
「サーモンカルパッチョ 125.000VND」
「マグロ納豆 108.000VND」
「マグロ山かけ 108.000VND」
「酢の物盛り合わせ 148.000VND」

▼前菜
「春菊のおひたし 45.000VND」
「冷やしトマト 50.000VND」
「枝豆 48.000VND」
「胡瓜のタタキ 45.000VND」
「セロリ胡麻和え 45.000VND」
「揚げうどん 38.000VND」
「おしんこ 58.000VND」
「クリームチーズの醤油漬け 85.000VND」
「スタミナ豆富 78.000VND」
「ししゃも南蛮漬け 58.000VND」
「シャカシャカポテト 88.000VND」
「すくい豆腐 50.000VND」
「ポテトサラダ 48.000VND」
「ゴーヤの浅漬け 38.000VND」
「鶏皮ポン酢 68.000VND」

▼旬菜
「おつまみ天ぷら 68.000VND」
「オニオンリングフライ 50.000VND」
「讃岐じゃこ天 85.000VND」
「鶏皮せんべい 58.000VND」
「根菜と豆富の胡麻サラダ 108.000VND」
「ソーセージたっぷりシーザーサラダ 108.000VND」
「鶏の贅沢サラダ 98.000VND」
「えびすの小さな農園 92.000VND」
「辛タコのサラダ 98.000VND」

▼逸品
「もちの揚げ出し 780.000VND」
「チキン南蛮 102.000VND」
「うどん屋のおでん盛り 148.000VND」
「牛スジの煮込み 78.000VND」
「旨辛!麻婆茄子 118.000VND」
「とろとろ角煮の味玉 125.000VND」
「豚とキノコの温豆富 120.000VND」
「そぼろの厚焼き玉子 98.000VND」
「明太子の厚焼き玉子 108.000VND」

▼焼き鳥
「つくねハンバーグ 125.000VND」
「秋刀魚の煮浸し 78.000VND」
「名物骨付き唐揚げ 108.000VND」
「葱盛り!厚揚げキムチ 88.000VND」
「サツマイモフライ 88.000VND」
「ねぎま 35.000VND」
「手羽先 40.000VND」
「つくね 35.000VND」
「皮 35.000VND」
「血肝 30.000VND」
「こころ 35.000VND」
「ずり 35.000VND」
「つなぎ 35.000VND」
「ぼんじり 35.000VND」
「焼鳥盛り合わせ5種 170.000VND」

▼串焼き
「カルビ 78.000VND」
「ハラミ 68.000VND」
「豚バラ 40.000VND」
「トマトベーコン 38.000VND」
「サーモンタルタル 68.000VND」
「マグロ 68.000VND」
「すき焼串 50.000VND」
「銀杏 38.000VND」

▼串揚げ
「串カツ 42.000VND」
「もも肉 42.000VND」
「ハラミ 60.000VND」
「玉葱ベーコン 35.000VND」
「ちくわチーズ 50.000VND」
「レンコンはさみ揚げ 55.000VND」
「カマンベールチーズ 480.000VND」
「オクラ 35.000VND」
「海老 48.000VND」
「トマトベーコン 35.000VND」
「串揚げ盛り4本 155.000VND」
「串揚げ盛り6本 210.000VND」

▼天婦羅
「ミックス盛り 250.000VND」
「魚介盛り 175.000VND」
「野菜盛り 130.000VND」

▼炉端焼
「もちの磯辺焼き 68.000VND」
「豚バラ野菜巻き 108.000VND」
「焼なす 68.000VND」
「肉詰めレンコン 70.000VND」
「焼しいたけ 50.000VND」
「厚揚げ 50.000VND」
「油揚げ納豆 88.000VND」
「焼おにぎり 50.000VND」
「秋刀魚一本塩焼き 68.000VND」
「こんにゃく田楽 55.000VND」
「焼枝豆 58.000VND」

▼鍋
※2人前より
「鶏ガラタキ鍋 560.000VND」
「牛すき焼 560.000VND」
「うどんすき 400.000VND」

▼鍋の追加メニュー
「追加の牛肉100g 110.000VND」
「追加の骨付き肉 50.000VND」
「追加の炭火もも肉 50.000VND」
「追加の肉団子 40.000VND」
「追加の野菜 50.000VND」
「追加のガラタキスープ 50.000VND」
「追加の割下スープ 60.000VND」
「〆のうどん 30.000VND」
「〆の雑炊 40.000VND」
「薬味 130.000VND」

▼飯
「絶品親子丼 120.000VND」
「焼き鳥丼 160.000VND」
「焼うどん 105.000VND」
「納豆高菜焼うどん 118.000VND」
「出汁茶漬け 88.000VND」

▼甘味
「抹茶杏仁 60.000VND」
「濃厚プリン 60.000VND」
「イチゴ大福 70.000VND」
「抹茶クリーム大福 70.000VND」
「胡麻アイス 48.000VND」
「バニラアイス(イチゴソース) 58.000VND」

▼EBISU PARTY COURSE
「得コースセット 300.000VND」
「うどんすきコース 400.000VND」
「好コース 450.000VND」
「特選コース 580.000VND」


【住】35 Bis, Đường Mạc Đỉnh Chi, Quận 1, Hồ Chí Minh, Vietnam
【電】+84 90 437 42 42
【営】月~金曜11:30~15:00/17:00~23:00
   土曜11:30~23:00
   日曜11:30~22:00
【休】無休
【席】50席
【駐】有り




nice!(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

『麺庄 くすがみ』 [うどん]

琴電「栗林公園駅」から東へ約400mの場所にある
『麺庄 くすがみ』
くすがみ-外観2.jpg


高松第一高校からサン・フラワー通りに出る手前が大きく右に曲がっていて
そのほんの少し前にある2階に学習塾がある建物がそうです。

で、西から東へ車で行く場合は
ブロック塀の奥に建物が隠れている為、サンフラワーに出る少し前から徐行しておかないと
駐車場へ入るタイミングを失って通り過ぎてしまうかもしれないので注意が必要。

さて、このお店はうどん好きの人なら知ってると思いますが
以前は香川町にあった『釜からどん』が移転し、名前を変えたうどん屋さんです。

という事で名物の「つけうどん」も健在で、
ラーメンは少し内容が変わったものの、終日注文できるのが嬉しい♪

そして、かつて『竜雲うどん』でそのノウハウを確立させた店主が
『釜からどん』から『麺庄くすがみ』に進化すると共に
障害者雇用のシステムも取り入れました。

そんなお店はカウンター席と掘りごたつ席が用意され、
白い壁と天板や柱などのポイントで使われた木材が
爽やかさを感じさせてくれるデザインとして完成されています。
くすがみ-店内2.jpg


そしてやはりここに来ると外せない「坦々のつけうどん 750円」を注文♪

『竜雲うどん』でこの味に出会い、それからずっとお気に入りで、
他のつけうどんも全種類食べて原点に戻りました◎

ちなみに店舗が変わると厨房設備の微妙な変化で味も変わってしまう事がありますが
ここはそんな心配を払拭してくれる完璧な味の再現で、改めてつけうどんの美味しさに感動します☆
くすがみ-坦々2.jpg
くすがみ-麺2.jpg


ただ、「牛すじつけうどん」は以前食べた時よりも甘さが強くなってるような気がしましたが
使ってる脂の状態などによるブレだと思うので許容範囲内です。
くすがみ-牛すじ2.jpg


あと、ラーメンは全く種類が変わったので以前の味と比べる事ができませんが
かなりあっさり味に仕上げていて、不特定多数の人が安心して食べられるように仕上がってました。
くすがみ-中華そば2.jpg
くすがみ-中華そば麺2.jpg

という感じで、大好きな「つけうどん」が近くで食べられるようになったので
無意識のうちにリピート率が増えそうです。



▽メニュー紹介

▼つけうどん
「ホルモンのつけうどん(温・冷) 750円」
「牛すじのつけうどん(温・冷) 750円」
「坦々のつけうどん(温・冷) 750円」
「牛肉のつけうどん(温・冷) 750円」

▼天ぷらうどん
「特製天ぷらうどん 1,000円」
「海老天ぷらうどん 800円」
「鶏ささみ天ぷらうどん 750円」

▼ねぎうどん
「ねぎねぎ肉うどん 750円」
「ねぎねぎきざみうどん 600円」
「ねぎねぎ月見うどん 600円」
「ねぎねぎうどん 500円」

▼中華そば
「中華そば 550円」
「中華そば全部のせ 800円」
「背あぶら中華そば 650円」
「背あぶら中華そば全部のせ 900円」
「つけ中華そば 650円」
「つけ中華そば全部のせ 900円」

▼うどん
「かけうどん 300円」
「ぶっかけうどん(温・冷) 400円」
「冷やしうどん 400円」
「釜あげうどん 450円」
「肉うどん 550円」
「温玉肉ぶっかけ(温・冷) 750円」
「生醤油うどん(温・冷) 400円」
「ざるうどん 400円」

▼中華そばトッピング
「味付け玉子 100円」
「メンマ 100円」
「チャーシュー 2枚150円/4枚300円」

▼ごはん・丼
「白ごはん 150円」
「牛丼 300円」
「そぼろ丼 300円」

▼サイドメニュー
「おでん各種 100円/牛すじ150円」
「ちくわ天 150円」
「からあげ 350円」


【住】香川県高松市楠上町2-6-36
【電】087-880-5496
【営】10:00~15:00
【休】火曜
【席】30席
【駐】有り




nice!(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

『東かがわ マルタツ手打ちうどん』 [うどん]

マルナカ白鳥天から国道11号線を徳島方面へ約2.8km、
引田インターチェンジ近くにある
『東かがわ マルタツ手打ちうどん』
マルタツ-外観2.jpg


以前は『権平うどん (ごんぺいうどん)』があった場所に
2015年2月4日にオープンしたお店。

老舗のうどん屋さんの店舗を利用しているので
まだ新しいお店でありながら貫禄があります♪

それは、歴史を感じさせる建物だけがそう感じさせるのではなく、
以前の店よりもテーブルや椅子を濃い茶色の物にする事で重厚感が増したのも大きな要因です◎
マルタツ-店内2.jpg

更に食材にもこだわり、
香川県産の米、国産の肉、東かがわ特産の<讃岐和三盆糖>、
無農薬・無肥料の自家製栽培の葱などを使い、
化学調味料を使わず仕上げているというのがすごい♪

お店を切り盛りする店主もまだ若く、
これからの発展が楽しみな期待値の高いお店です。


そんなお店は、丼の表面を覆い尽くすほど大きな焼印入りの”お揚げ”が有名ですが
つけダシの透明度と味の深さがオススメとの事で
「ざるうどん 450円」と「釜揚げうどん 450円」を注文。

その時点で13時38分だったので閉店まで1時間を切ったタイミングだったにもかかわらず
ちょうど釜に麺が入っていたおかげで約4分で両方のうどんが完成◎
マルタツ-ざるうどん2.jpg
マルタツ-釜上げ2.jpg

てっきり作り置きの麺が出てくると思っていたのでテンションが上がりつつ実食してみると、
薦められた通り、つけダシは器の底が見えるほど透明度が高いのに驚くほど旨味が強い♪♪

あと、個人的な印象としては
東讃(とうさん)方面のうどん屋さんのダシは甘さが際立つお店が多いのですが
ここは西讃(せいさん)方面の味に近くて、スッキリした深い味わいだし
麺は少し細めでありながら、しっかりとしたコシがあってかなり美味しい☆

麺はモッチリ系ではく、シコシコ系なので
比較的出汁が絡みづらいタイプのはずなのに
濃度の高いダシがしっかりと麺と一緒になって、口の中で美味しさが完成するのが最高◎

で、「釜揚げ」と「ざる」を食べた限り個人的には「ざる」がかなりオススメだったのと
単品で注文した「大きな海老天 250円」の身の大きさも是非色んな人に味わってほしいポイントでした♪


ちなみに、ここをオススメしてくれた人達と一緒に行ったので
それぞれが注文した「わかめうどん 480円」+「大きな海老天」と
「肉肉うどん 880円」の写真も撮らせてもらいましたが、
どちらも飾り気が少なく、味で勝負してるのが伝わってくる仕上がりも、
うどん好きの心をくすぐるお店でした◎
マルタツ-わかめうどん2.jpg
マルタツ-肉うどん2.jpg


▽メニュー紹介

▼うどんいろいろ
「かけうどん 330円」
「釜揚げうどん(ダシのおかわり可) 450円」
「ざるうどん(ダシのおかわり可) 450円」
「しょうゆうどん(温又は冷) 450円」
「ぶっかけうどん(温又は冷、ダシのおかわり可) 450円」
「きつねうどん(マルタツ印) 480円」
「わかめうどん 480円」
「カレーうどん(ピリ辛) 480円」
「肉カレーうどん(ピリ辛) 680円」
「鶏天カレーうどん(ピリ辛) 720円」
「肉味噌釜麺 半熟玉子付(ピリ辛) 750円」
「肉肉うどん 880円」

▼うどんの大きさ
※1玉は、並盛り280g
「大盛り1.5玉 100円増し」
「小盛り出来ます」

▼天ぷらいろいろ
◇盛り合わせ
「松 (大きな海老天2本と野菜天4種) 520円」
「竹 (鶏天3つと野菜天4種) 380円」
「梅 (鯛ちくわ天1本、半熟玉子天1つと野菜3種) 250円」
◇単品
「大きな海老天1本 250円」
「鶏天2つ 240円」
「鯛ちくわ天1本 120円」
「半熟玉子天1つ 110円」
「野菜天3種 100円」

▼うどんのお友
「とり飯 160円/大盛り190円」
「おでん 各種100円/牛すじ150円」
「おむすび 80円」
「お稲荷さん 80円」

▼店主のオススメ
「マルタツ和(なごみ)膳 750円」
┗かけうどん・天ぷら「松」又は「竹」・ミニとり飯・おつけもの


【住】香川県東かがわ市伊座722
【電】0879-23-0022
【営】10:30~14:30(麺がなくなり次第終了)
【休】火曜
【席】30席
【駐】30台




nice!(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

『一福 (いっぷく) まちなか店』 [うどん]

南新町商店街を菊池寛通りから南に入ってすぐの場所にある
『一福 (いっぷく) まちなか店』
一福-外観2.jpg


以前は『大日本社員食堂』があった場所に
2017年1月9日オープン♪

国分寺に本店を置く『一福』は、数ある讃岐うどん店の中でも名の通った有名店で
個人的な印象としては、細麺うどんの部類でトップレベルにコシの強いお店です◎

これでこの界隈には、11号線から南新町を南下して
『たも屋 女道場』、『さか枝 南新町店』、『一福 まちなか店』、『綿谷 高松店』があって
そのまま田町に入って『はなまるうどん 田町店』、『しんぺいうどん』へと至る
うどん屋の集中地帯になりました。

県外から出張で香川に来たけど、仕事がメインで遠方まで食べ歩きに行けないという人にとっては
かなり便利なスポットだと思います。

しかも『一福』ほどの名店がオープンしたとあっては地元民も嬉しい限りで
早速多くのブロガーさんが記事をアップしているのを見て私も行ってきました♪

本店と同じくセルフ店なので行列があっても待ち時間は長くないと思いますが
念の為、ピーク時間を避けた14時過ぎに行くと混雑してなくてよかった。

で、厨房には本店の店主がいましたが
おそらくオープンしたばかりなので色々と落ち着くまでの応援だと思います。

店内は奥へと続く長方形の構造で、白い壁と真新しいテーブルや椅子で清潔感に溢れているし
ゆったりとしたレイアウトのおかげで、ゆったりとした気持ちで食事を愉しめます。
一福-店内2.jpg


そんなお店で注文したのは「かけ(温) 小200円」と「ぶっかけ(冷) 小280円」。

ぶっかけは厨房でダシを入れて出してくれますが、
かけは自分でダシを入れるシステムで、その後に薬味コーナーが設置されてるので
それぞれセッティングが完了してから席に着いて実食。
一福-かけ2.jpg

チェーン店では気にならない店による味の違いも
有名店になると再現性が気になる所ですが、ここの再現性はかなり高く、
本店で食べるのとほとんど同じ味を堪能できるので、まだ本店に行った事が無い人にもオススメ◎

麺の細さはもちろん、少しねじれがある事によるランダムな食感もそのままだし
冒頭にあったコシの強さも健在。
一福-麺2.jpg

それは「ぶっかけ」で真価を発揮するので
寒い時期ですが是非とも冷たい「ぶっかけ」を食べてほしいです☆
一福-ぶっかけ2.jpg

当然ながら麺だけがレベル高い訳でなく、
しっかりした旨味とスッキリした後味のバランスが素晴らしくて
改めて『一福』の味が街中で愉しめるようになった事に感謝したくなります♪

しかも本店は14時までの営業ですが、
まちなか店は16時閉店なので少し遅めの昼ご飯にも重宝します◎


▽メニュー紹介

▼定番うどん
「かけ(温・冷) 小200円/大300円/特大400円」
「しょうゆ(温・冷) 小200円/大300円/特大400円」
「ぶっかけ(温・冷) 小280円/大380円/特大480円」
「ざる(冷) 小280円/大380円/特大480円」
「湯だめ(温) 小280円/大380円/特大480円」
「釜あげ(温) 小300円/大400円/特大500円」
「釜玉(温) 小350円/大450円/特大550円」

▼数量限定
「肉うどん(温) 小430円/大530円/特大630円」
「肉ぶっかけ(温・冷) 小480円/大580円/特大680円」
「カレーうどん(温) 小450円/大550円/特大650円」

▼季節限定
「しっぽく(温) 小400円/大500円/特大600円」

▼サイドメニュー
「ごはん 小100円/大150円」
「おにぎり 80円/100円」
「いなり 100円」
「ばらずし 180円/ゆず220円」
「天ぷら 110円/140円」
「おでん 各110円/すじ150円」
「あげ 110円」
「生卵 50円」
「温玉 80円」


【住】香川県高松市南新町8-3
【電】087-63-6110
【営】10:00~16:00
【休】土曜
【席】54席
【駐】無し




nice!(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
焼鳥てんやわんや
お好み焼 多美也 -たみや-
お好み焼 ふみや 加治屋町店
飲茶居 天胡同 (やむちゃどころ ティンプートン)
CMS ケーブルメディア四国
香川のグルメ情報検索サイト 喰蔵 -くうぞう-