So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
喰蔵公式TOP
喰蔵利用案内
喰蔵会社概要
喰蔵登録店一覧
喰蔵加盟問合せ
プライバシーポリシー
喰蔵クーポンGET
うどん
ラーメン
そば
お好み焼き
たこ焼き
鉄板焼き
焼肉
レストラン
洋食
ダイニング
イタリアン
ステーキ
しゃぶしゃぶ
牛タン
骨付鳥
串揚げ
居酒屋
焼き鳥
割烹
創作料理
丼もの
おでん
餃子
カニ
うなぎ
スイーツ
韓国料理
中華料理
カフェ
スープ
飲茶
バー
屋台
製造・販売
惣菜
和食
寿司
スタッフ募集中
高松市街中心部
高松市街地南部
高松市西部
高松市東部
高松市南部
高松市周辺
国分寺町
坂出市
丸亀市
さぬき市
多度津町
お好み焼 多美也
お好み焼 ふみや
鍛冶屋町店
ガトーよしだ
飲茶居 天胡同
マジックバー・バー
インティキ マジシャン
讃岐食酒工房
ふるさと
中華料理 彩宴
韓国料理マッコウル
讃岐食堂
がもう うどん

【喰蔵】- くうぞう - お知らせ

「喰蔵 -くうぞう-」とは、香川県の様々なジャンルの飲食店を検索して、外食を楽しくお得に利用できるサイトです♪
外出先でもチェックできるように下のQRを読み込むかURLを入力してブックマークして下さいね◎
[携帯電話]喰蔵サイト:http://www.ku-zou.com/mb/     [携帯電話]喰蔵ブログ:http://ku-zou.blog.so-net.ne.jp/ ブログ貼付用QR.gif

このso-net用のブログと同じ記事を【mixi】と【アメブロ】にも書いてますので、お好みのバージョンでご覧下さい。
※ちなみにmixi版は画像容量が無制限なので写真アップ枚数が一番多いので是非覗いてみてください☆
【mixi版】http://mixi.jp/show_profile.pl?id=6800189&from=navi
【アメブロ版】http://ameblo.jp/houtensyouti/

【喰蔵】への掲載の問合せ・申し込みを始め、
ホームページ制作・印刷物制作・デザイン・写真撮影などのお仕事依頼も受付けてますので
お気軽にフォームに必要事項を入力して送信して下さい。
【PC版】http://www.ku-zou.com/inquiry/
【携帯版】http://www.ku-zou.com/mb/inquiry/

『天丼 あさ山 高松今里店』 [和食]

ホームランドーム木太店の向かいにある
『天丼 あさ山 高松今里店』
あさ山-外観2.jpg


『こだわり麺や 今里店』だった場所へ2018年8月8日にオープンした天ぷら屋さんで、
経営しているのは<株式会社ウエストフードプランニング>なので以前と同じです。

そういった理由で、基本的な店内の雰囲気やレイアウトだけでなく
食べ終わった後は自分で返却口に食器類を持っていくシステムはそのまま。
あさ山-店内2.jpg

▼『こだわり麺や 今里店』の記事
https://ku-zou.blog.so-net.ne.jp/2016-11-20


ただ、注文方法は大幅に変更され、
タッチパネルで注文・精算を行えるようになりました。

しかも、タッチパネルが24インチくらいの大型なので見やすいのがいい。


そんな流れで、精算後に出てくる食券を店員さんに渡して待つこと約18分、
「海老天丼 380円」と「贅沢天定食 1,180円」が完成したので
受け渡しカウンターまで取りに行ってから実食。


うどん屋の経験を活かして作られた天ぷらは当然ながら全て揚げたてなので
衣のサクサク加減と、食材のホクホク加減がいい感じ。


特に店外の看板等でも大きく表示されている「海老天丼」は、
海老・イカ・野菜5種が入っていて
味・量ともに380円とは思えないクオリティなので、お得感がすごいです。
あさ山-天丼2.jpg


そして、「贅沢天定食」は
海老・イカ・とり天・ホタテ・キス・鱧・野菜4種・御飯・味噌汁・小鉢がセットになった
まさに贅沢な天ぷら定食で、色んな物を少しずつ食べたい人にピッタリだし
おまかせの盛合せだと嫌いな食材が入っている場合がありますが、
ここはそんな心配をする必要が無いのがいい。
あさ山-贅沢天定食2.jpg

あと、天つゆ用に大根おろしを添えてくれれば言うことなしですね。


ちなみに、衣に使っている小麦粉は
うどん用に開発された「さぬきの夢2009」を100%使用して深い味に仕上げているんだとか。


といった感じで、うどん屋から天ぷら屋さんへと生まれ変わったお店は
客席に置かれた3種類の漬物が食べ放題なので
ご飯大盛りで注文して、おかずが先に無くなったとしても心配いらないのも嬉しいポイントです。
あさ山-漬物2.jpg


▽メニュー紹介
※丼各種 大50円増
※丼・定食各種 小30円引

▼天丼
「海老天丼 380円」
「とり天丼 480円」
「穴子天丼 530円」
「プリプリ海老のかき揚げ天丼 530円」
「鶏たま天丼 550円」
「海老づくし天丼 700円」
「贅沢天丼 980円」
「野菜天丼 450円」
「海の幸天丼 780円」
「海老とかき揚げ天丼 630円」
「海老と鶏天丼 550円」

▼定食
「とり天定食 680円」
「野菜天定食 650円」
「穴子1本天定食 730円」
「プリプリ海老のかき揚げ天定食 730円」
「鶏たま天定食 750円」
「贅沢天定食 1,180円」
「海老と鶏天定食 750円」
「海の幸天定食 980円」
「海老とかき揚げ天定食 830円」
「海老づくし天定食 900円」
「あさ山定食 580円」

▼うどんとのおすすめセット
「海老天丼とうどんセット(温・冷) 580円」
「あさ山定食とうどんセット(温・冷) 730円」
「かけうどん(温・冷) 単品260円」

▼揚げ立て単品メニュー
「半熟玉子天 100円」
「海老天 160円」
「穴子1本揚げ 230円」
「イカ天 70円」
「プリプリ海老のかき揚げ 160円」
「キス天 120円」
「北海道産ホタテ天 180円」
「プチトマト天 50円」
「オクラ天 60円」
「アスパラ1本揚げ 80円」
「しめじ天 80円」
「たまねぎ天 80円」
「特選梅干し天(豊玉梅) 120円」
「まいたけ天 80円」
「れんこん天 30円」
「ブロッコリー天(3個) 80円」
「チーズ天 120円」
「とり天 1個60円/3個170円/5個280円」
「ししとう天 50円」
「長いも天 80円」
「スナップエンドウ天 60円」
「里芋天 30円」
「茄子天 30円」
「そら豆天(3個) 80円」
「しいたけ天 80円」
「ピーマン天 50円」
「じゃがいも天 60円」
「ソーセージ天 100円」
「鱧天 200円」
「いんげん天(3本) 90円」
「ゴーヤ 60円」

▼天ぷら盛り合わせ
「並/海老・とり天・イカ・野菜5種 380円」
「上/海老2尾・とり天・イカ・野菜5種 480円」
「特上/海老2尾・とり天・イカ・鱧・野菜5種 580円」
「きのこ盛り合わせ天ぷら/まいたけ・しめじ・しいたけ2個・野菜4種 480円」

▼汁
「あさ山の手作りとん汁 単品180円/とん汁変更130円」
「風味豊かな貝汁 単品180円/貝汁変更130円」
「みそ汁単品 50円」


【住】香川県高松市木太町1130-4
【電】087-873-2311
【営】11:00~23:00(Lo.22:30)
【休】無休
【席】46席
【駐】19台




nice!(9) 
共通テーマ:グルメ・料理

手軽に贅沢さが味わえる♪ [和食]

田村神社から西へ約400mの場所にある
『寿司・湯葉料理 ゆば膳』


肩書きにあるように寿司と湯葉料理が自慢で、
魚を中心としたメニュー構成になっていますが、
ランチだけで約50種類、夜メニューで約200種類という多さに驚かされます♪

しかも、なかなかお目にかかれない超貴重なお酒も多数扱っているので
それを求めて来店するリピーターも珍しくありません◎

お店は純和風で、基本的に座敷タイプの個室が用意されているのですが
それぞれの席ごとに違った雰囲気を愉しめるし
店全体のデザインに情緒があるので高級感がすごいです。


なのに価格設定は良心的で、大人気の海鮮丼がランチなら920円から食べられるんです♪

もちろん、「大トロ丼ランチ 5,200円」といった
高級メニューもあるので、昼から接待したい人にも重宝します◎


そんなお店で今回食べたのは
「上海鮮丼ランチ 1,550円」と「鮭あぶり丼ランチ 920円」。

華やかで贅沢さが純粋に伝わってくる海鮮丼に使われている食材はどれも新鮮そのもので、
口に入れた瞬間の甘み、舌に触れたときの張り、しっかりした食感、クセのない後味、
どれをとっても素晴らしく、普段魚料理を食べない人でも満足できる逸品です♪
ゆば膳-海鮮丼2.jpg


鮭あぶり丼は、絶妙な炙り加減によってシズル感抜群のビジュアルに仕上がっているし、
表面の香ばしさと、レアな中身の旨味を同時に堪能できるのが最高◎
ゆば膳-鮭あぶり丼2.jpg

で、どちらも結構なボリュームがあるので
物足りないと感じる人は少ないと思います♪


あと、食後のデザートに「お薄と麩まんじゅう 500円」も食べてみたところ、
お薄ならではの優しい味わいと、点てたばかりのお抹茶のほろ苦い風味も良かったし、
麩まんじゅうの、もっちりとした食感と密度の高い甘さが
最後まで贅沢な気分を満喫させてくれました◎
ゆば膳-麩まんじゅう2.jpg

という感じで、気軽に非日常感と贅沢さを愉しめるお店なので
ランチはもちろん、更に贅沢できるディナーも是非利用してみて下さい♪


▼『寿司・湯葉料理 ゆば膳』の詳しい情報はこちら▼
■PC版■ http://www.ku-zou.com/shop/yubazen/
■携帯版■ http://www.ku-zou.com/mb/shop/yubazen/
nice!(8) 
共通テーマ:グルメ・料理

『魚菜 なおり』 [和食]

丸亀町グリーンの駐車場出入り口から見える細い路地を約30m進んだ場所にある
『魚菜 なおり』


路地をそのまま抜けるとライオン通りに出るので逆側からも入ってこれますが
グリーンの駐車場側からのほうが分かりやすいです。
なおり-看板2.jpg

2017年3月13日にオープンした新しいお店ですが、
その頃から道を通る度に目にしていた看板や入り口の雰囲気から察するに
かなり味に期待できると想像しながらも、なかなか時間が合わなかったけど
ようやくランチタイムに食べに行くことができました♪

ランチは月から金曜だけで、種類は1つしか選べませんが
税込700円とかなりお得◎

内容は日替わりで、外ある看板で紹介してくれているので
自分の好きなおかずかどうか確認できるのがいい♪

ちなみに今日の内容はこんな感じ。
「カマの煮付け」「もやしとピーマンの塩こぶあえ」
「お刺身」「おみそしる」「香の物」「ごはん」

ランチとはいえ、これだけ揃って700円とはお得だなぁ。
と思いつつ路地を進むと民家を改装した店舗を発見。
なおり-外観2.jpg

元々飲食店があった場所ではない、人通りの無い路地にお店を出そうと思ったのがすごいけど
だからこそ、きっと料理は美味しいはずだと扉を開ける前から期待が高まります◎


そして足を踏み入れた店内は想像通り落ち着いた大人の空間で、
一枚板の立派なカウンター席を見るだけで料理へのこだわりが垣間見れます♪
なおり-店内2.jpg

市内の和食店で長年修行を重ねて独立した店主と奥さんの二人で切り盛りしているので
お客さん一人一人に細かな気配りができていたし、
十分なおもてなしで満足してもらう為に、
予約で2階席が埋まるときは1階にお客さんを入れないというのが素晴らしいと思います。

店内に流れるBGMの音量が控えめなのも落ち着いた雰囲気に一役買ってますが
やはり接客を担当している奥さんの丁寧さが光ってました◎


で、席に着くと同時に作り始めてくれて約5分待った頃に完成した日替わりは
やっぱり税込700円とは思えない贅沢さ♪
なおり-日替わり2.jpg

地元の魚屋さんで仕入れた魚を使った刺身は新鮮でなので当然ながら臭みも無く、
旬の物を使っているからこそ出せる甘みを感じる味と程よい弾力が抜群◎
なおり-刺身2.jpg

カマの煮付けも少し箸を入れただけでホロリと崩れる柔らかさと
しっかりと染み込んだ甘辛の味付けがたまりません♪
なおり-煮付け2.jpg

小さくサイコロ状にカットした豆腐がたくさん入った味噌汁も
ピカピカで甘い御飯も良かったけど
個人的に「もやしとピーマンの塩こぶあえ」の味付けがすごく好きだった◎

和食の一品でありながら、ほんの少しナムルのような風味がするので御飯にすごく合うし
塩こぶの塩加減も絶妙で、もっと食べたいと思うクオリティでした♪


という感じで、予想通り味も値段も接客も満足度の高いお店は
夜のコースも2,500円と3,000円というリーズナブルな設定なので
魚料理を中心とした宴会を愉しみたい人は是非予約して行ってみて下さい。

もちろん、夜はコースだけでなく単品で好きな料理も注文できるので御安心下さい。


▽メニュー紹介

▼ランチ
※税込
「日替わり定食 700円」

▼夜のおまかせコース
※税抜
「潮瀬 2,500円」
「夕凪 3,000円」


【住】香川県高松市古馬場町14-33
【電】087-805-2461
【営】11:00~14:00(ランチ月~金)/18:00~22:00
【休】日曜(土曜・祝日の昼)
【席】1階26席/2階25席
【駐】無し




nice!(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

『あなご・瀬戸内海鮮料理 めじろ屋 本店』 [和食]

イオンモール岡山の7階、レストラン街にある
『あなご・瀬戸内海鮮料理 めじろ屋 本店』
めじろ屋-外観2.jpg


以前は『うみ道楽 イオンモール岡山店』があった場所に
2017年4月5日、穴子料理のお店としてオープン♪

6階と7階がレストラン街になっていて、
合計40もの店舗が並んだ中でも穴子推しというコンセプトと
純和風のデザインに惹かれて寄ってみました。


86席という豊富な客席は“おひとりさま”には嬉しいカウンター席もあったし
開放的な雰囲気で食事を楽しめる窓際のテーブル席もあるのでカップルや家族連れにも重宝されそう。

店員さんの制服を和装する事で店のイメージを統一しるのも良かったし
丁寧な接客を心掛けているのが伝わってきました。
めじろ屋-店内2.jpg


そんなお店で注文したのは
「焼きあなごめし 特上1,980円」と「一本穴子天重 1,180円」。

海鮮丼や焼きとりめしも気になったけど、穴子推しのお店という事で看板メニューを注文。

そして待つこと約10分で完成した料理は、
どちらも綺麗な出来栄えで写真映えします◎
めじろ屋-穴子丼2.jpg
めじろ屋-穴子天重2.jpg

当然ながら注文してから調理してくれているので
焼きあなご丼は香ばしく柔らかかったし、穴子天は衣がサックサクで身がホクホク♪

臭みやクセも感じられず、優しくも風味豊かな穴子ならではの味がいい感じ。

普段、鰻を食べる機会が多い私としては淡白な味わいですが
そのぶん上品なので女性に好評だと思います。

にしても岡山にある穴子のお店なので、てっきり芸人の千鳥のネタに出てくる
「蒸し穴子」もメニューにあるかと期待してたけどありませんでしたww

その代わりと言っては何ですが、現在はオープニングキャンペーンとして
通常1,480円の「煮穴子重」が1,180円で食べられるそうです。

ただ、キャンペーン期間が記載されてなかったので
いつまでの特価なのかは不明なので近くに行った際は立ち寄ってみて下さい。


▽メニュー紹介

▼オープニングキャンペーン
「煮穴子重 1,180円」

▼丼ぶり物
「焼きあなごめし 上1,480円/特上1,980円/大盛り+30円」
「お土産 焼きあなごめし弁当 上1,480円/特上1,980円」
「瀬戸内海鮮めし 上1,180円/特上1,680円」
「炭火焼きとりめし 上880円/特上1,380円」
「穴子と牡蠣のハーフめし 上1,280円/特上1,780円」
「穴子たまごとじめし 880円」
「牡蠣のたまごとじめし ~刻み穴子のせ~ 980円」

▼御膳
「焼きあなごめし御膳 上1,980円/特上2,480円」
「瀬戸内海鮮めし御膳 上1,680円/特上2,180円」
「炭火焼きとりめし御膳 上1,380円/特上1,880円」
「穴子と牡蠣のハーフめし御膳 上1,780円/特上2,280円」

▼お重・石焼
「一本穴子天重 1,180円」
「瀬戸内海鮮天重 1,180円」
「煮穴子重 1,480円」
「石焼あなごめし 1,080円」

▼寿司・そば
「穴子の押し寿司と茶そばセット 1,280円」
「一本穴子天ぷらと茶そばセット 1,180円」
「煮穴子のバラちらし寿司 980円」
「穴子そば(茶そば) 780円」
「煮穴子の押し寿司 4貫480円/8貫880円」

▼一品料理
「刺身盛り合せ(三種) 1,080円」
「鰆たたき 780円」
「穴子白焼き 1,080円」
「穴子蒲焼き 1,080円」
「一本穴子天ぷら 880円」
「天ぷら盛り合わせ 880円」
「だし巻き玉子 550円」
「穴子入りだし巻き玉子 680円」
「釜揚げしらすサラダ 590円」
「穴子蒲焼きサラダ 690円」
「自家製汲み上げ豆富 580円」
「鯛カブト煮付け 980円」
「ままかりの酢漬け 490円」
「お新香盛り合わせ 420円」
「えいひれ炙り焼き 550円」
「枝豆 320円」

▼甘味
「自家製豆乳プリン 490円」
「抹茶わらび餅 490円」
「桃アイスクリーム 290円」
「バニラアイスクリーム 290円」

▼お子様ランチ
「お子様ランチ 680円」


【住】岡山県岡山市北区下石井1-2-1 イオンモール岡山7F
【電】086-206-7037
【営】11:00~23:00
【休】無休
【席】86席
【駐】イオンモール岡山店駐車場利用




nice!(13)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

『車海老専科 天麩羅 手一束 (くるまえびせんか てんぷら ていっそく)』 [和食]

新橋駅から徒歩約7分の場所にある
『車海老専科 天麩羅 手一束 (くるまえびせんか てんぷら ていっそく)』
手一束-外観2.jpg


どこで昼ご飯を食べようかと徘徊してる時に見つけたカウンター10席だけの天ぷら屋さんで
車海老専門というこだわりぶりに興味をそそられて入ってみました。

席の後ろを通るスペースが無い不便さを感じさせない構造になっていて
道路の角に面した立地を利用し、細長い店内の壁のほとんどが小分けにされた引き戸なので
空いてる席の手前の扉を開けて入れるのが素晴らしい♪

そこは厨房に1人だけの料理人が切り盛りする空間で
黙々と作業をこなす姿を見ると気難しい職人気質かと思いきや
撮影許可をお願いすると、明るく笑顔でOKしてくれたのが意外で嬉しかったです◎
手一束-カウンター2.jpg


そんなお店で注文したのは「昼おまかせ定食 1,200円」。
というか、昼のメニューはこれだけなので注文を聞く必要が無いのも手間を減らす事に一役買ってます。

にしても“手一束”と呼ばれる手の平サイズの車海老を2尾も使って1,200円というのは本当に安い♪
お店のコメント曰く、数百メートル先の中心街なら2倍~8倍の値段がつく高級品らしいので超お得◎

ただし、一つ一つ丁寧に揚げて提供してくれるので
注文してから食べ終わりまでの平均所要時間が30分かかるらしくて
昼御飯にかける時間に余裕がある時に利用するのがオススメです。

しかし、ここは近所で働いてる人のみならず
わざわざ食べに行く価値のある美味しさが待ってました☆

特に最初に出してくれた車海老の頭は
パリパリッと軽く砕ける食感と中に秘められた濃厚な旨味とのバランスが最高だし
塩加減も絶妙で、これだけ食べてもここに入って良かったと思わせてくれるほど美味しかった☆
手一束-海老頭2.jpg


その後にエンドウ豆を挟み、次に車海老の本体が登場♪
車海老ならではの大きな身は、さすが専門で扱っているだけあって
ギュッと締まった身と優しい甘味が最高◎
手一束-いんげん豆2.jpg
手一束-海老2.jpg

昼の定食には御飯と味噌汁が付いていますが、この時点で御飯を完食してしまうくらい箸がすすみます♪

その後にも、ヤングコーン・茄子・椎茸と続いて
どれも高級店の天ぷらと比べて遜色ないクオリティでしたが
やはり車海老の満足度が高すぎて、野菜の存在感は薄かったですww
手一束-ヤングコーン2.jpg
手一束-茄子2.jpg
手一束-しいたけ2.jpg

という感じで車海老に的を絞ったお店は夜のコースもかなり魅力的なので
近くに寄った際は是非一度立ち寄ってほしいオススメのお店でした◎


▽メニュー紹介

▼ランチ
「昼おまかせ定食(車海老2尾と季節の野菜4品) 1,200円」
※所要時間30分以上。時間に余裕をお待ち下さい。
※最初のごはん大盛りはサービス
◇追加メニュー
「サイマキ(車海老) 1尾150円」
「ごはん御替り 100円」
「味噌汁御替り 50円」

▼ディナー
「夜おまかせコース(車海老2尾と魚介類1品・季節の野菜4品・ミニ掻揚丼・アイスの天ぷら) 3,000円」
※ラストオーダー以降の4名様以上のご来店は別途ご相談ください。
◇追加メニュー
「サイマキ(手一束サイズの車海老) 1尾150円」
「車海老 1尾1,200円」
「ヤワラ(脱皮直後の希少なソフトシェル車海老) 1尾700円」


【住】東京都港区新橋5-5-5 1F
【電】03-6721-5945
【営】11:30~13:30/17:00~21:30(Lo.20:30)
【休】土日祝
【席】10席
【駐】無し




nice!(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

鱧しゃぶの美味しい季節♪ [和食]

丸亀町GREENのファミリーマートから西へ約100mの場所にある
『味の風 しらと』


本物の和食がお手頃価格で愉しめる上に店の雰囲気も抜群なので
開店から半年が過ぎたばかりですが、すでに食通の間で噂が広がり人気店となり、
週末はもちろん平日でも予約でいっぱいで入れなかったりします。

それは料理の味だけでなく、カウンターに座った時に目の前で見られる調理技術の見事さや
完全個室の畳敷きの座敷も人気を集めるポイントだと思います♪

また、扱う食材のこだわりも半端ではなくて
季節や市場の状況を加味しながら自分の目で厳選した旬の素材を使うので
おのずと仕上がりの美味しさも格別になります◎


そんなお店で今の時期に食べるべき料理を紹介。

まずは「真だこの石焼」。

以前に紹介した「海老の石焼」同様、熱した天然石に乗せて食べる料理ですが
元々刺身で食べられる新鮮な地物の真だこなのでコリコリしした食感が素晴らしいし、
焼く事で生まれる香ばしさと食欲そそる香りが最高で文句無しに美味しい☆
しらと-真だこ2.jpg
しらと-真だこ焼2.jpg

焼く前に酒盗を炊いて作った出汁に浸してあるので
タコの旨みの上に更に濃厚な旨みが足されているのがクセになります♪



次に「季節のお造り」。
しらと-季節のお造り2.jpg

名前の通り季節の新鮮な魚を盛り付けた料理なので
使用する魚はその都度違うと思いますが、今回はマナガツオ・鰹・モンゴイカの三点盛り◎

焼いたり煮たりしない為、正に素材の良さが味を左右する料理ですが
やはり板前さんの技術が高いと包丁の入れ方も全然違うので食感さえも美味しいのが素晴らしい☆

特にモンゴイカの食感が最高で、こんなに口の中でほどけやすいイカを食べたのも初めてだったし
見た目も芸術品のように見事で食べるのが勿体なかったです☆



次に「讃岐夢豚 炭火焼き 焼き茄子ソース添え」。
しらと-讃岐夢豚炭火焼き2.jpg

香川県が誇るブランド豚の<讃岐夢豚>を使っているので柔らかさが抜群♪
ピンクがかった身はほんのり甘く、クセが全く無いのでそのまま食べても十分美味しいのですが
焼茄子をペーストにして生姜を加えたソースによって更に味が豊かに仕上がっています☆

しかも素揚げされた“ささがきゴボウ”で更なる旨味とカリッとした食感を与えてくれます◎

で、横に添えられた焼茄子がこれまた美味しいこと☆
これほどシンプルな料理で、これほどまでに美味しさを感じられるとは、さすがです♪



最後に「鱧(はも)しゃぶ」をいただきましたが、
これの美味しさが一線を画すほど最高でした☆☆
しらと-鱧しゃぶ2.jpg

正に今の季節に美味しいハモですが、骨切りが下手なお店だと
小骨のせいで素材の良さを存分に堪能できない事があるくらい高い技術が求められる食材。

しかし、前述のモンゴイカの時にも感じた通り包丁さばきは折り紙つきなので
あれ?鱧って小骨が無かったっけ?と思うほど全く骨が気にならなかったのがすごい☆☆

当然ながら味も抜群で、グツグツと沸かした鱧の骨でとった出汁に数秒くぐらせて食べれば
淡白な白身の魚とは思えないほど豊かな旨味と香りが口の中を駆け巡ってものすごく美味しかった◎
しらと-鱧しゃぶ茹2.jpg


といった感じで今の季節に食べてほしい料理を4品ほど紹介しましたが、
「真だこの石焼」と「鱧しゃぶ」は単品注文不可のコース料理に含まれる限定メニューなので
食べたいと思った方はお気軽にお問い合わせ下さい◎


▼『味の風 しらと』の詳しい情報はこちら▼
■PC・スマホ■ http://www.ku-zou.com/shop/shirato/
■ガラケー■ http://www.ku-zou.com/mb/shop/shirato/
nice!(16)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

『度々×いろり家 (たびたび×いろりや)』 [和食]

高松三越新館の北側にある
『度々×いろり家 (たびたび×いろりや)』
度々-外観2.jpg


元々ここは『度々』というお店だったのが、
『いろり家』というお店と融合する事で今の名前になったそうです。

ちなみに約5年前に記事を書いた時は『度々』だけでしたが
外観も店内も大きな変化は無かったものの、店員さんは違ってました。
度々-店内2.jpg

▼過去記事
http://ku-zou.blog.so-net.ne.jp/2012-07-24-1

にしても相変わらず高級そうな雰囲気なので、ランチといえど入るのに躊躇してしまいます。
で、そんな気持ちを後押ししてくれるのがランチの値段の安さ!

日によって内容は変わると思いますが、とりあえず今日書いてあった内容は
500円ランチが6種類と800円ランチが2種類という驚きの安さ!!しかも税込♪

しかも、セルフになりますがコーヒーか紅茶も付いてるし
500円ランチのラインナップに「アメゴ刺」や「河豚(ふぐ)刺」が書いてあるのは目を疑いました。


そんなお店に着いたのは13時31分。
もしかしたら断られるかと思いつつ入ってみると、
その心配が杞憂だったと思えるほど快く迎え入れてくれたので良かった◎

で、メニューを見ると「鶏南蛮」と「若鶏タタキ」と「天然真鯛と玉子のチラシ」が完売していたので
残った4つの選択肢から「カレー 500円」をチョイス♪

和食屋さんのランチなので「アメゴ刺」か「天然真鯛の海鮮丼」にしようかなとも悩みましたが
最近カレーを食べてなかったせいか、脳からカレーを食べたいと指令がきたので仕方ありませんww

そして待つこと約3分で完成したカレーは
当然ながらカレー専門店とは違った出来栄えで見るからに味わい深そうで食欲そそります。
度々-カレー2.jpg

それを我慢して先に小鉢を食べみると、さすが和食屋さんといった味の繊細さと丁寧な仕事を見ると
改めてここで500円ランチを食べられる事に感動です。

で、メインのカレーの味はいうと、ハッキリ言ってかなり美味しい☆
見た目の仕上がりから、味わいが深いのは分かってましたが
予想より遥かに味わい深くて旨味が濃厚で、これを選んで大正解でした◎

夏野菜がたっぷり入っていて夏バテ対策になるのもいいし
まろやかな旨味が抜群で、普段ならカレーには辛さを求めますが
ここのカレーはこの味でないといけません♪

あと、デザートにスイカが付いてるのも何気に嬉しかったし
店の雰囲気から、店員さんは職人気質の寡黙な人達かと思ったら
結構色々と話をしてくれたおかげで緊張しながら食事をせずに済んだのも良かったです◎

という感じで久しぶりに寄ってきましたが、
ここはやっぱり夜にも食べに行くべきお店だと思いました。


▽参考までに今回のランチを紹介
※ご飯・魚汁・小鉢2品・フルーツ・コーヒー付
「アメゴ刺 500円」
「河豚刺 500円」
「アラ煮 500円」
「鶏南蛮 500円」
「若鶏タタキ 500円」
「カレー 500円」
「天然真鯛と玉子のチラシ 800円」
「天然真鯛の海鮮丼 800円」


【住】香川県高松市内町2-19
【電】087-822-2276
【営】11:30~14:00/17:00~23:00
【休】日曜
【席】28席
【駐】無し




nice!(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

『鮨司割烹 豊しま (とよしま)』 [和食]

フェリー通りから御坊町に入る角にある
『鮨司割烹 豊しま (とよしま)』
豊しま-外観2.jpg


瀬戸内海の旬の素材を使った会席料理が自慢のお店で、
1階のカウンター席を除いて他は全室完全個室でゆったりと食事が楽しめる割烹♪

建物まるごと店舗なので総席数287席というのが圧巻で、
1階と2階は座敷、3階は掘りごたつ、4階は大広間の座敷が設けられていて
どんな人数にも対応できる為、宴会はもちろん冠婚葬祭など様々なシーンで利用できます。

お店の雰囲気も趣があって高級感が漂っているので、
一人で行くのは勇気が必要ですがランチタイムなら大丈夫だろうと思いつつ行ってきました。


店に入ると目の前にネタケースが設置されたカウンターがあって
“おひとりさま”の私はカウンター席に案内されましたが、
昼のピークを避けた13時過ぎにもかかわらず板前さんや接客担当の店員さんの人数が多くて、
それだけでもこのお店の規模の大きさに驚かされます。
豊しま-カウンター2.jpg

しかもその背後には床に埋め込むタイプの生簀まで設置されていて
店に居る間、何度か板前さんが網で魚をすくっている光景を見て余計に高級感が増しました。
豊しま-生簀2.jpg


そんなお店で注文したのが「日替わりタイム 720円」。
こんな立派なお店で、これほどリーズナブルな価格設定は驚きです。

日替わり以外は名前で内容が分かりますが、
今回注文した日替わりは内容の記載が無かったので何が出てくるか楽しみ◎

そして待つこと約5分で出てきたのは
「ちらし寿司」と「ぶっかけそうめん」と「スイカ」。
豊しま-ランチ2.jpg

唐揚げ定食が750円で、それよりも安いので魚を使った料理は出てこないだろとは思ってましたが
こういう組み合わせが出てくるとは思わなかったので結構衝撃でした。

それでも個々の料理の調理は繊細で、ちらし寿司の具の種類は多いし
そうめんのトッピングも手抜きを全く感じないのが素晴らしい♪

しかも、どちらの料理も久しぶりに食べたせいか
やたら新鮮に感じて満足度は高かったです◎

ちなみに、そうめんにトッピングされていた天かすは
おそらく天ぷら定食を作る時に自然と出来た物を使っているのだと思いますが
それ自体に旨味があって、あっさり味のそうめんやミョウガのほろ苦さとベストマッチでした♪

ちらし寿司にしても酢飯の甘さ、炊き加減のバランスも良く
金糸玉子がふわふわで、ちょっと贅沢な味わいに仕上がってました◎


デザートのスイカも比較的糖度が高めで、
11度か12度はあるであろう甘さがあったので満足♪

で、いつも通り食べた直後に会計をしようとしたら
「まだお時間ありますから、どうぞごゆっくりしてくださいね。」と言ってくれたり
料理や店内の撮影許可を聞いた時も、是非どうぞ。といった感じで喜んでくれたり
一人で黙々と料理を待ってる時に「もうすぐ料理できますので少々お待ち下さい。」と声をかけてくれたり
どの店員さんも感じのいい人達ばかりで、店の高級さにピッタリという印象でした◎


▽ランチメニュー紹介
※その他、巴丼等ございます。
「日替わりタイム 720円」
「唐揚げ定食 750円」
「刺身定食 1,080円」
「天ぷら定食 1,080円」


【住】香川県高松市御坊町9-13
【電】087-811-4555
【営】11:00~14:00(Lo.13:30)/17:00~22:00(Lo.21:00)
【休】無休(大晦日と元日のみ休み)
【席】287席
【駐】無し




nice!(17)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

『奥の坊 (おくのぼう)』 [和食]

高松市立東部運動公園から県道272号線を西へ約300mの場所にある
『奥の坊 (おくのぼう)』
奥の坊-壁2.jpg

田舎の民家を改装した店舗が魅力的な和食屋さんで
以前は出作町で営業していましたが、2015年7月に今の場所へ移店したそうです。
奥の坊-外観2.jpg

靴を脱いで上がる店内は広さに対して席数を抑えてあるのでゆったりとした空間になっていて
テーブルもカウンターも掘りごたつ式になっているのが楽で嬉しい♪
奥の坊-店内2.jpg
奥の坊-カウンター2.jpg

ちなみにテーブル席は構造を見る限り、テーブルを足す事により
合計20人くらいが1つのテーブルに座れるように組み替えられる感じだったので
宴会等にも重宝しそうです◎

店を切り盛りする店主は、いかにも料理人といった雰囲気と手つきで
あらゆる事にこだわりがあるのが伝わってきて俄然料理への期待が高まります♪


そんなお店で食べたのがこんか感じ。
「刺身盛合わせ」
奥の坊-刺身2.jpg

「たけのこ土佐煮 300円」
奥の坊-竹の子土佐煮2.jpg

「葉ごぼう 300円」と「わらびの白あえ 300円」
奥の坊-白和え2.jpg

「あじなめろう 600円」
奥の坊-なめろう2.jpg

「白子ぽん酢 500円」
奥の坊-白子ぽん酢2.jpg

「小夏のサラダ 700円」
奥の坊-小夏のサラダ2.jpg

「まぐろユッケ 800円」
奥の坊-まぐろユッケ2.jpg

「たけのこ天ぷら 600円」
奥の坊-天ぷら2.jpg

「小あじフライ 500円」
奥の坊-アジフライ2.jpg

「生桜海老と新玉ねぎのかき揚げ 700円」
奥の坊-かき揚げ2.jpg

「鴨ねぎ串焼き 500円」
奥の坊-焼鳥2.jpg

「出し巻き玉子 600円」
奥の坊-だし巻き玉子2.jpg

「じゃこめし 500円」と「天然鯛塩茶漬け 980円」
奥の坊-御飯2.jpg

「自家製いちごみるくアイス 300円」
奥の坊-アイス2.jpg

どの料理も厳選された旬の食材を使っているのはもちろん、
丁寧な下処理と高い料理の技術によって臭みやエグみなどのクセを消しているのは当然で
それぞれの素材の味を殺す事無く、季節を感じさせてくれる風味と旨味を引き出してるのが素晴らしい◎

という感じで明らかに居酒屋ではなく割烹レベルの味と食材と店の雰囲気から考えれば
ここの価格設定はかなり安くてお得です☆☆

もしかするとここが自宅で家賃が必要ないので経費が抑えられていたり
郊外へわざわざ来てもらう感謝の気持ちが込められているのかもしれませんが
それらを考慮したとしてもかなり安い♪

食材だけ良い物を使って調理でダメにしてしまっているのに値段が高いお店も結構ありますが
このお店は何気ない食材を使った料理さえも確かな技術によって値段以上の味に仕上げているし
料理が変わる度に違う取り皿を出してくれ、味が混ざらないように気を使ってくれたりして本当に素晴らしい☆

料理の種類も魚、肉、野菜なんでも揃っているし
王道だけにとらわれずに創意工夫された物も揃っていて
特に「小夏のサラダ」は個人的にかなり好きな味でした♪

この美味しさと値段ならば週末ともなれば満席で入れない事もあると思うし
今回でも何品かは完売していた料理があったので
存分に色んな味を堪能したい場合は事前予約して平日の早めの時間に行く事をオススメします◎


▽日替わりメニュー紹介
※内容は季節などにより変わるため参考までに

▼刺身
「あじ 500円」
「真さば 600円」
「さより 700円」
「さわら 800円」
「天然鯛 800円」
「めばちまぐろ 800円」
「讃岐サーモン 800円」

▼塩焼
「天然鯛かぶと焼き 800円」
「あじ 700円」
「太刀魚 600円」
「目板かれい 900円」

▼煮付
「天然鯛あらだき 800円」
「目板かれい 900円」

▼一品
「たことせりの胡麻酢あえ 300円」
「葉ごぼう 300円」
「わらびの白あえ 300円」
「自家製おつまみメンマ 300円」
「たけのこ土佐煮 300円」
「あじ南蛮漬け 300円」
「たけのこ鶏そぼろ煮 300円」
「さば味噌煮 300円」
「鶏肝醤油漬け 300円」
「真いわし梅煮 300円」
「鶏なんこつ甘辛煮 300円」
「白子ぽん酢 500円」
「アスパラ塩ゆで or 塩焼き or バター焼き 600円」
「のれそれ 600円」
「あじなめろう 600円」
「小夏のサラダ 700円」
「自家製からすみ 800円」
「まぐろユッケ 800円」
「自家製しし肉ハム 800円」
「自家製ベーコンのあぶり 800円」
「焼き白子(さわら) 500円」
「焼き原木椎茸 500円」
「あさりバター焼き 550円」
「牛串焼きおろしぽん酢で 600円」
「春キャベツとあさりのベーコン煮 750円」
「小あじフライ 500円」
「白子(さわら)天ぷら 600円」
「ちょっと大人のコロッケ 600円」
「たけのこ天ぷら 600円」
「おつまみすり身コロッケ 600円」
「生桜海老と新玉ねぎのかき揚げ 700円」
「目板かれい唐揚げ 900円」

▼ご飯
「あじのづけ茶漬け 800円」
「味噌ハヤシライス 800円」
「天然鯛塩茶漬け 980円」
「まぐろユッケ丼 980円」

▼デザート
「自家製いちごみるくアイス 300円」
「自家製ラムレーズンアイス 300円」

▽定番メニュー紹介

▼一品
「きゅうりのわさび漬け 200円」
「長芋スライス 300円」
「もろきゅう 300円」
「エイヒレ 300円」
「自家製いかの塩辛 300円」
「沢庵の燻製クリームチーズと 400円」

▼焼き物
「鴨ねぎ串焼き 500円」
「出し巻き玉子 600円」
「牛串焼き おろしぽん酢で 600円」
「鶏もも肉のくわ焼き 800円」

▼油物
「手羽中から揚げ 旨だれ和え 500円」
「鶏南蛮 自家製タルタルソース 800円」

▼ご飯
「焼おんぎり(醤油) 400円」
「だし茶漬け(のり・梅) 400円」
「じゃこめし 500円」
「海鮮丼 900円」

▼麺
「梅とろにゅうめん(温) 700円」
「すだちそば(温・冷) 800円」


【住】香川県高松市高松町1022-3
【電】087-844-1118
【営】17:00~23:00
【休】日曜
【席】18席
【駐】8台




nice!(17)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

『和食味処なべしゃぶ 八十八の旅 (やそばのたび)』 [和食]

瓦町FLAGの10階レストラン街にある
『和食味処なべしゃぶ 八十八の旅 (やそばのたび)』
八十八の旅-店外2.jpg


名前の通り、しゃぶしゃぶも食べられる和食レストランで
入口は敷居の高い雰囲気がありますが1,000円以内で食べられる定食もあるので気軽に利用できます。

そんなお店に寄ったのが17時半頃という中途半端な時間だったので客席は貸切状態でしたが
滞在中に確認できただけで厨房から4人の店員さんが出入りしていたのと
店主らしき接客をしてくれた女性を合わせて5人もいたのが少し驚き。

もしかしたら夜の仕込みや準備を厨房でしてたのかもしれませんが
店内にBGMも無く、ほぼ無音だったのに厨房から作業をしているような音が聞こえなかったので
ちょっと不思議な感覚でした。

で、入店した時は接客担当の女性店員さんが不在だったらしく
男性の職人さんらしき人が対応してくれて「涼風セット 950円」を注文。

寿しと蕎麦のセットなのですが、温かいのと冷たいのを選ぶように言われたので冷たい蕎麦をチョイス★★


するとテーブル横にあるカウンターに別の職人さんが出てきて寿司を握ってくれたので
注文してから作ってくれるのが確認できてよかったです♪

で、そのカウンターには肉のスライサーやカセットコンロのボンベをはじめとして色んな物が置かれていて
入口の高級感とのギャップが逆に好きな感じ。
何となく郊外にある小さな食事処のような庶民的な感じが田舎育ちの私に合うのかも。
八十八の旅-店内2.jpg


そして待つこと約5分で完成した「涼風セット」は税込1,026円としては充実した内容でした◎
特に前述の通り寿しは握りたてなので御飯がふんわりしてるしネタも新鮮で甘いのが良かった♪
八十八の旅-涼風セット2.jpg

蕎麦も風味豊かでシコシコとした食感と甘みの強いつゆが食べやすかったし
デザートの抹茶わらび餅も、抹茶の味が安っぽくなくて味が濃いのが好きな味でした◎

そんな中でこのセットで一番味が好きだったのが玉子料理の小鉢。
玉子焼きと茶碗蒸しの中間くらいの弾力がある物を四角くカットしていて
中にワカメや人参が入ってるのですが、基本のダシの味が抜群ですごく旨味が強くて
もっと食べたいと思うほどお気に入りでした♪♪

で、食べ終わって帰る時は女性店員さんが担当してくれて
とても丁寧に見送ってくれました☆



▽メニュー紹介

▼おすすめ
「八十八御膳(懐石風) 3,400円」
「八十八弁当(二段重) 1,800円」
「松花堂弁当(香の物・御飯・汁物・デザート) 1,300円」
「お造り定食 1,500円」
「天ぷら定食 1,100円」
「海鮮丼(小鉢・汁物・香の物・デザート) 1,600円」
「海鮮陶板焼(いか・海老・鮭・帆立)(小鉢・汁物・香の物・御飯・デザート) 980円」
「豚ロース陶板焼(小鉢・汁物・香の物・御飯・デザート) 850円」
「和風牛ロース ステーキ御膳(汁物・御飯・香の物・サラダ・デザート) 1,600円」
「季節弁当(茶そば・デザート) 1,000円」
「うな重セット(小鉢・赤だし・香の物・デザート) 1,800円」

▼お寿司
「鉄火丼 900円」
「色どりセット(ソーメン・天ぷら・ちらし寿し) 1,300円」
「季節の寿しセット(にぎり寿司・小鉢・天ぷら・赤だし) 1,500円」
「国産牛肉うどんセット(うどん・小鉢・ちらし寿し) 1,500円」
「ごちそう膳(にぎり寿し・天ぷら・うどん) 1,300円」
「鉄火巻(二本入り) 600円」
「国産牛肉うどん 単品700円」
「涼風セット(にぎり寿し・小鉢・そば) 950円」
「特選ちらし寿し 1,000円」

▼一品料理
「刺身の盛合せ(三種盛) 1,400円」
「天ぷらの盛合せ 900円」
「たこの酢の物 800円」
「たこのぶつ切り 800円」
「うなぎのかば焼き 1,700円」
「海老の酢の物 800円」
「和風サラダ 600円」
「いかの天ぷら 800円」
「カキフライ 800円」

▼しゃぶしゃぶ
※2名様から
「牛肉のしゃぶしゃぶ 肉の食べ放題(香の物・御飯付き) 90分2,300円」
「和牛の特選しゃぶしゃぶ(香の物・御飯付き) 4,500円/肉の追加200g 4,000円」
「国産牛のしゃぶしゃぶ(香の物・御飯付き) 2,800円/肉の追加200g 2,300円」
「牛肉のしゃぶしゃsぶ(香の物・御飯・デザート付き) 1,000円/お肉の追加150g 800円」
「豚肉のしゃぶしゃぶ(小鉢・香の物・御飯・デザート付き) 900円/お肉の追加150g 650円」
「うどん1人前 200円」


【住】香川県高松市常磐町1-3-1 瓦町FLAG 10F
【電】087-812-7786
【営】11:00~22:00(Lo.21:00)
【休】無休
【席】70席
【駐】無し



nice!(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
焼鳥てんやわんや
お好み焼 多美也 -たみや-
お好み焼 ふみや 加治屋町店
飲茶居 天胡同 (やむちゃどころ ティンプートン)
CMS ケーブルメディア四国
香川のグルメ情報検索サイト 喰蔵 -くうぞう-