So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
喰蔵公式TOP
喰蔵利用案内
喰蔵会社概要
喰蔵登録店一覧
喰蔵加盟問合せ
プライバシーポリシー
喰蔵クーポンGET
うどん
ラーメン
そば
お好み焼き
たこ焼き
鉄板焼き
焼肉
レストラン
洋食
ダイニング
イタリアン
ステーキ
しゃぶしゃぶ
牛タン
骨付鳥
串揚げ
居酒屋
焼き鳥
割烹
創作料理
丼もの
おでん
餃子
カニ
うなぎ
スイーツ
韓国料理
中華料理
カフェ
スープ
飲茶
バー
屋台
製造・販売
惣菜
和食
寿司
スタッフ募集中
高松市街中心部
高松市街地南部
高松市西部
高松市東部
高松市南部
高松市周辺
国分寺町
坂出市
丸亀市
さぬき市
多度津町
お好み焼 多美也
お好み焼 ふみや
鍛冶屋町店
ガトーよしだ
飲茶居 天胡同
マジックバー・バー
インティキ マジシャン
讃岐食酒工房
ふるさと
中華料理 彩宴
韓国料理マッコウル
讃岐食堂
がもう うどん

【喰蔵】- くうぞう - お知らせ

「喰蔵 -くうぞう-」とは、香川県の様々なジャンルの飲食店を検索して、外食を楽しくお得に利用できるサイトです♪
外出先でもチェックできるように下のQRを読み込むかURLを入力してブックマークして下さいね◎
[携帯電話]喰蔵サイト:http://www.ku-zou.com/mb/     [携帯電話]喰蔵ブログ:http://ku-zou.blog.so-net.ne.jp/ ブログ貼付用QR.gif

このso-net用のブログと同じ記事を【mixi】と【アメブロ】にも書いてますので、お好みのバージョンでご覧下さい。
※ちなみにmixi版は画像容量が無制限なので写真アップ枚数が一番多いので是非覗いてみてください☆
【mixi版】http://mixi.jp/show_profile.pl?id=6800189&from=navi
【アメブロ版】http://ameblo.jp/houtensyouti/

【喰蔵】への掲載の問合せ・申し込みを始め、
ホームページ制作・印刷物制作・デザイン・写真撮影などのお仕事依頼も受付けてますので
お気軽にフォームに必要事項を入力して送信して下さい。
【PC版】http://www.ku-zou.com/inquiry/
【携帯版】http://www.ku-zou.com/mb/inquiry/

『香川のうまいもん喰うぞう!』焼鳥てんやわんや/ホイッパーズ [雑記]

CMS(ケーブルメディア四国)で放送された特別番組
『香川のうまいもん喰うぞう!』の第3弾がYouTubeで閲覧解禁になりました♪
てんやわんや-長船2.jpg


『香川のうまいもん喰うぞう!』焼鳥てんやわんや/ホイッパーズ
https://youtu.be/Ha6TOEg-ESo

今回紹介させていただいた『焼鳥てんやわんや』さんは、
普段、取材を受けてなくて、映像が出るのは珍しいのでお見逃しなく!!

私個人も、移転する前から大ファンのお店を紹介できて嬉しい限りです◎


テレビ放送に関係無く、平日でも予約しないと入れないほどの人気店なので
番組を見て、食べに行きたくなったら迷わず予約の電話を入れる事をおすすめします♪

そして、焼鳥の「純けい」「せせり」「ぼんじり」「つくね」は必食です!!


あと、運が良ければ、カウンター席に座って
大将との会話も楽しめるかもしれませんよ◎
てんやわんや-大将2.jpg
てんやわんや-焼鳥2.jpg
てんやわんや-サワラのタタキ2.jpg
てんやわんや-オコゼ活造り2.jpg



▼CMS(ケーブルメディア四国)
https://www.cavy.co.jp/

▼ロックバンドSHAMO
http://shamo70smix.com/

▼香川のグルメサイト 喰蔵
http://www.ku-zou.com/

▼セブンラノイ株式会社
http://sevenranoj.com/
nice!(12) 
共通テーマ:グルメ・料理

『一枚焼肉 もっちゃん家』 [焼肉]

本書吾妻橋駅 A1出入口から西へ約50mの場所にある
『一枚焼肉 もっちゃん家』
もっちゃん家_外観2.jpg


肩書の通り、好きな部位を1枚から注文できる焼肉屋さん。

しかも扱う牛肉は、A5ランクの和牛にこだわり、
それを塩で味わってもらうのがコンセプトだそうです。
もっちゃん家_店内2.jpg

なので、テーブルには
「炭塩」「藻塩」「塩の花」「シベリア岩塩」「岩塩」
という5種類の塩が用意されていましたが、
更に、肉を焼く網の上に「ヒマラヤ岩塩」の岩塩プレートを置き、
それで焼いて食べるのもオススメだと丁寧に教えてくれました。
もっちゃん家_岩塩プレート2.jpg


という演出をされると、味への期待が高まると同時に
どれを注文すればいいかが悩みどころです。

しかし、そんな心配が必要の無いメニューを発見!
それが「おまかせ10点盛り 2,300円」でした。

”おまかせ”なので、その時によって内容は変わりますが、
今回は「三角」「千本」「クラシタ」「クリ」「フランク」
「内平」「ゲタ」「ハバキ」「中バラ」「外平」が
名札付きで盛り付けされていました。
もっちゃん家_おまかせ10点盛り2.jpg

にしても、さすがA5ランクの和牛だけあって
見るだけで肉の良さが伝わってきます。

ちなみに、この日の和牛は「阿波牛」でした。


そしていよいよ肉を焼き、実食すると
和牛ならではの甘みを含んだ旨味が口に含んだ途端に広がって
さすがの一言に尽きます。

それらを様々な塩をつけて食べたり、
岩塩プレートで焼いて食べたりというバリエーションが楽しめるので
肉の種類以上に色んな味を体験できるのが良かったです♪



あと、個人的にメニューを見ると、どうしても注文したくなる
「牛炙り握り(一貫) 480円」も食べましたが、
ほぼレアの状態なので、正に刺身を食べてるような感覚で、
トロみさえ感じる肉の食感と甘みが、
ご飯とのバランスでいい感じに仕上がっていました。
もっちゃん家_牛炙り握り2.jpg



それと、店員さんが懇切丁寧に食べ方をレクチャーしてくれた
“特選厚切り肉”の「シャトーブリアン(100g)3,480円」も注文してみると、
サシの見事な霜降り肉が、ステーキ用かと思うくらいの厚みで到着。
もっちゃん家_特選厚切り肉2.jpg

これを好みの加減で焼いた後、
網に乗せて熱々になった特製タレに浸して実食。
もっちゃん家_タレ2.jpg

すき焼きタレのような甘みの強い醤油ベースのタレに、
ニンニクスライスの風味が加わっているので
食べた瞬間に口の中がタレの味に支配されるのが印象的でした。

店の説明書きによると、肉を食べた後に残ったタレは
肉の旨みを吸っているので、白ご飯にかけてかきこむのがオススメだそうです。


という感じで、好きな部位を一枚から注文できるという食べ方以外にも
色々と愉しめる焼肉店なので、是非一度立ち寄ってみて下さい。



▽メニュー紹介

▼本日のおすすめ
※日替わりのため参考までに
◇一枚焼肉
※一枚の値段です(約15g)
「中バラ(並カルビ) 180円」
「リブカブ(上カルビ) 280円」
「クラシタ(上カルビ) 280円」
「ゲタ(上カルビ) 280円」
「外バラ(上カルビ) 280円」
「三角(特上カルビ) 380円」
「ハバキ(並赤身) 180円」
「外平(並赤身) 180円」
「クリ(上赤身) 280円」
「内平(上赤身) 280円」
「とうがらし(上赤身) 280円」
「千本(特殊部位) 280円」
「ミスジ(特上赤身) 380円」
◇特選厚切り肉
「阿波牛A5フィレ(1人前100g) 2,980円」
「阿波牛A5シャトーブリアン(1人前100g) 3,480円」
◇ホルモン
「シマチョウ(1人前90g) 780円」
「レバー(1人前90g) 780円」
「上ミノ(1人前90g) 880円」
◇その他
「カッパ一枚焼き(100g) 1,480円」
◇豚
「豚トロ 580円」
◇鶏
「紅ふじ鶏ハラミ 580円」
「紅ふじ鶏せせり 580円」
「紅ふじ鶏ハツ 680円」
「紅ふじ鶏ささみ 680円」
◇一品野菜
「とりあえずキュウリ(自家製ピリ辛肉味噌) 300円」
「青森産ニンニクのホイル揚げ 500円」
◇焼き野菜
「ベビーコーン 280円」
「南瓜 280円」
「しいたけ 280円」
「しし唐 280円」
「長芋 280円」
「パプリカ 280円」
「マシュルーム 280円」
「茄子 280円」
「万願寺唐辛子 380円」

▼特選厚切り肉
「クリ(100g) 1,980円」
「ミスジ(100g) 1,980円」
「カイノミ(100g) 1,980円」
「内平(100g) 1,980円」
「マルシン(100g) 1,980円」
「ひうち(100g) 1,980円」
「イチボ(100g) 1,980円」
「ラムシン(100g) 1,980円」
「ラムヘレ(100g) 1,980円」
「フィレ(100g) 2,980円」
「シャトーブリアン(100g) 3,480円」

▼盛り合わせ
「おまかせ10点盛り 2,300円」
「赤盛り 980円」
「上赤盛り 1,480円」
「白盛り 980円」
「上白盛り 1,480円」
「タン盛り 1,200円」
「数量限定!厚切り上タン 1,980円」
「特選盛り 2,980円」
「ハラミ盛り 980円」
「A5サロスキ 780円」

▼肉一品
※焼かないシリーズ
「牛炙り握り(一貫) 480円」
「アキレス腱 480円」
「肉スルメ 480円」
「神戸牛の炙り焼き 780円」

▼サラダ
「塩キャベツ 300円」
「トマトサラダ 500円」
「もっちゃんサラダ 500円」
「もっちゃん塩サラダ 500円」

▼スープ
「たまごスープ 800円/ハーフ500円」
「もやしスープ 800円/ハーフ500円」
「ユッケジャンスープ 800円/ハーフ500円」
「わかめスープ 800円/ハーフ500円」

▼一品
「白菜キムチ 500円」
「カクテキ 500円」
「オイキムチ 500円」
「キムチ盛り合わせ 980円」
「特製ナムル 500円」
「辛もやしナムル 300円」
「チャンジャ 500円」
「肉みそ冷奴 500円」
「冷やしトマト 300円」
「きゅうり塩昆布 500円」
「韓国のり 300円」
「ニンニクホイル揚げ 500円」
「キノコのホイル焼き 500円」

▼ご飯系
「ライス 小150円/中250円/大350円」
「石焼きユッケビビンバ 1,200円」
「カルビクッパ 880円」
「地獄辛カルビクッパ 980円」
「自家製醤油の卵かけご飯 350円」
「和牛石焼きカレー 980円」

▼麺
「盛岡冷麺 880円」
「ビビン麺 780円」
「カレーうどん 680円」

▼デザート
「バニラアイス 300円」
「抹茶アイス 300円」
「牛乳アイス 300円」
「ブルーソルトアイス 300円」
「りんごシャーベット 300円」
「自家製ミルクプリン 400円」


【住】東京都墨田区吾妻橋2-2-4 フェスティワン2F
【電】03-6658-8029
【営】月~金 17:00~24:00(Lo.23:00)
   土 14:00~24:30(Lo.23:30)
   日・祝 14:00~23:00(Lo.22:00)
【休】火曜
【席】38席
【駐】無し




nice!(9) 
共通テーマ:グルメ・料理

『いきなりステーキ 高松レインボーロード店』 [ステーキ]

高松東バイパスからレインボーロードを約600m南下した場所にある
『いきなりステーキ 高松レインボーロード店』
いきなりステーキ-外観2.jpg


全国的に有名なステーキの量り売りのお店で、
2018年4月18日にオープンしました。

以前は『ごはんや 三光亭』があった場所で、
『ふーずらんどの』ある交差点の北西角なので
車で来店した場合は、南側と東側の両方から入れるのが便利。


有名店の香川初出店ということで
オープンして1ヶ月くらいは営業時間中ずっと行列が絶えませんでしたが、
約2ヶ月が経った最近では、ピーク時間を除けばいつでも入店できる状態に落ち着いてきたので
ディナータイムに食べに行ってきました。


『いきなりステーキ』といえば、量り売りと立ち食いスタイルが特徴でしたが、
お客様の要望に答える形で椅子を導入する店舗も増えてきて、
ここ高松レインボーロード店は、全席椅子が設置されていました。
いきなりステーキ-店内2.jpg

なので、お子さんを連れた人も利用できますが
4人が座れる席でも、テーブルを半分に割る形で
シルバーセットや薬味を置く壁が立っているので
ファミリー向けとは言い難いです。

ただ、立ち食いスタイルで高回転率を実現することで
リーズナブルにステーキを提供できるというのが元々のコンセプトなので
このままのほうが『いきなりステーキ』らしくていいです。


そんなお店で注文したのは
1グラム当たり9円の「ヒレステーキ」を200gと
1グラム当たり11円の「“本格熟成”国産牛サーロインステーキ」を200g。

注文はとりあえず客席で聞かれますが、
肉の正式な注文は、<カット場>と書かれた場所に行き、
担当の人に目の前で肉を切ってもらいます。


その時、ヒレステーキを200グラムと伝えると
一旦、冷蔵庫に保存しておいたカット済みの肉を取り出してきて量りに乗せ、
180グラムほどだったので、その肉を冷蔵庫に戻し、
大きな塊を出してきて、目安でカットしてくれました。

ただ、それは逆に240グラムくらいあったので
そこから少しカットして209グラム 1,881円まで調整していました。


で、そのヒレ肉が面積が狭かった事もあり、厚さがかなりあったので
「半分の厚さにカットしてお焼きいたしますが、よろしいでしょうか?」
と言うので、そのまま焼くとどうなるのか聞いてみると
「かなりお時間をいただきますのと、中心部分はレア状態になります。」
と教えてくれたので、当初の提案どおり半分の厚さにしてもらいました。


ちなみに、もう一つの「“本格熟成”国産牛サーロインステーキ」も
最初に冷蔵庫の肉を軽量して、足りなかったので塊を出してきてカットし、
多かったので調整して212グラム 2,332円にしていました。


その光景を眺めつつ、量り売りの最低グラムが200gなのに、
それを下回るグラムになっている塊とか
オーバーして調整した時に出た端数の肉は、まかないにでも使うのかと思いましたが、
メニューを見るとランチ限定で、いろんな種類の肉を集めた
数量限定「乱切りカットステーキ」というものがあったので、
おそらくそれに使うのだと思います。


それから席に戻って待つこと約10分、
鉄板にコーンと玉葱が添えられて届きましたが、
肉の焼き加減がそれ以上に進まないようにするためか、
手で触っても大丈夫なくらいの温かさだったので、
子供連れには火傷にしくい状態なのでいいかもしれません★★
いきなりステーキ-サーロイン2.jpg
いきなりステーキ-ヒレ2.jpg

焼き加減は両方ともミディアムレアでお願いしましたが、
厚さの調整の為に半分にして開いた状態のヒレ肉は、
半分にした時の厚さが均等でなかったので、
片側はウエルダンくらいに焼けてたおかげで、
一度に違った焼き加減を確認できてよかったです★★


味に関しては、同レベルの肉であれば
サーロインよりヒレ肉のほうが肉質が上ですが、
今回注文したのはヒレがUS牛で、サーロインが国産牛だったので
明らかにサーロインのほうが旨味が上で、
ヒレも国産牛を扱ってほしいと思いました。


という感じで、いつでも気軽にステーキを食べに立ち寄れるお店なので
まだ行ったことのない人は一度利用してみて下さい。


▽メニュー紹介

▼ランチ
※平日11:00~15:00限定
「ワイルドステーキ 200g 1,130円/300g 1,390円/450g 1,850円」
「ワイルドハンバーグ 300g 1,100円」
「乱切りカットステーキ 300g 1,650円/200g 1,100円」
「リブロースステーキ 1g 6.9円/300g 2,070円/400g 2,760円」
「ヒレステーキ 1g 9円/200g 1,800円/300g 2,700円」
「USアンガス牛 サーロインステーキ 1g 8.2円/200g 1,640円/300g 2,460円」

▼ディナー
「リブロースステーキ 1g 6.9円」※300gから
「ヒレステーキ 1g 9円」※200gから
「ワイルドステーキ 300g 1,390円/450g 1,850円」
「ワイルドハンバーグ 300g 1,100円」


【住】香川県高松市多肥下町1522-8
【電】087-814-6629
【営】11:00~23:00(Lo.22:45)
【休】無休
【席】51席
【駐】19台




nice!(13) 
共通テーマ:グルメ・料理

『香川のうまいもん喰うぞう!』讃岐つけ麺/コロッケの前田 [雑記]

CMS(ケーブルメディア四国)で放送された特別番組
『香川のうまいもん喰うぞう!』の第2弾がYouTubeで閲覧解禁になりました♪
讃岐つけ麺-長船2.jpg


▼『香川のうまいもん喰うぞう!』讃岐つけ麺/コロッケの前田
https://youtu.be/iuuAJR2xFxI

今回は2軒とも、こんな場所でこんな物が食べられるの?
といった印象をうける特徴あふれるお店なので、
存在自体を知らない人も結構いると思うので是非ご覧下さい。

ただ、1軒目に紹介する『讃岐つけ麺』さんは収録の後に移転が決まり、
6月中に、鍛冶屋町スミス通りでオープンするそうです。

これでまた、街中に美味しいうどんを食べられるお店が増えるので愉しみ♪
讃岐つけ麺-鶏ささみ天ざるつけ麺2.jpg
讃岐つけ麺-鶏ささみ天2.jpg
讃岐つけ麺-鮭と明太子のバターあえめん2.jpg


▼CMS(ケーブルメディア四国)
https://www.cavy.co.jp/

▼ロックバンドSHAMO
http://shamo70smix.com/

▼香川のグルメサイト 喰蔵
http://www.ku-zou.com/

▼セブンラノイ株式会社
http://sevenranoj.com/
nice!(9) 
共通テーマ:グルメ・料理

見事な飾り切り♪ [かに料理]

高松のカニ料理専門店として有名な
『高松甲羅本店 (たかまつこうらほんてん)』で
定期的に開催されている懇親会へ行ってきました。


蟹は元々高価な食べ物ですが、
近年、世界的に食べられるようになった影響で
どんどん値上がりして、蟹を扱う飲食店としては大変だそうです。

そんな中でも高松甲羅本店では様々な企業努力により、
極端な値上げをせず顧客満足度を保っているのが素晴らしい♪


懇親会では毎回その一端を垣間見れるのが愉しみですが、
今回は途中でサプライズの演出もあったので、その報告も。



そして始まった食事は【前菜】から。
甲羅_前菜2.jpg

氷室豆腐、蚕豆の冷製スープ、
盛合せ(じゅんさい・バイ貝・雲丹豆腐・紫陽花チーズ・あおさ蟹流し)
で構成されていて、色合い・盛り付け・器、全てが見事で、
まるで芸術品のようだし、全てに細かい調理が施されているのを見ると
調理人の気持ちが伝わってきます◎



次に【サラダ二種】。

カニサラダ(オクラ・ヤングコーン・ラディッシュ)
海鮮サラダ(讃岐サーモン・鯛・オニオン・イクラ)
甲羅_サラダ2.jpg

蟹や魚介はもちろん野菜も新鮮で、
それぞれ違うドレッシングが用意されているのがいい感じ。



次に【刺身】。
甲羅_ずわい蟹刺身2.jpg

ずわい蟹の刺身とタラバのチリ造りという贅沢な刺身は、
まずズワイ蟹を食べ、それが乗っていた透明な四角い器を取ると
タラバ蟹が姿を見せるのが面白かった♪
甲羅_タラバのチリ造り2.jpg

蟹の味をダイレクトに味わえる刺身は
素材の良し悪しを判断するのに最高の料理ですが、
ここの蟹は本当にいつ食べても甘さといい、旨味の濃さといい、抜群の美味しさです☆☆☆



で、その刺身を食べている途中に登場したのがサプライズの料理!

豪華な柄の大皿の中央に飾り切りが施されたウリが鎮座し、
それを囲むような形で一人前ずつの料理が花びらのように配置され、
更にドライアイスの煙で幻想的な演出された料理で、
甲羅では、こんな料理も作れるのだと感心させれる逸品でした◎
甲羅_飾り盛り2.jpg

花びらのように配置されていた料理は
今が旬の初鰹のタタキ。
甲羅_カツオたたき2.jpg

カツオのたたきは、ほんの少しでも鮮度が悪いと食べた後の臭みが気になりますが、
これはそんな事が全く無かったし、皮目の香ばしさと身の旨味がちょうど良く、
カニ専門店ですが、他の魚介料理のレベルの高さも再確認できました♪



次に【台の物】として
蟹と鱸の陶板蒸し
甲羅_台の物2.jpg

茹でるのではなく蒸す事で素材の旨味が外に逃げず、
しっかりと中に凝縮されつつも、後味がさっぱりしているのが特徴◎



次に【焼物】として
南タラバ焼き
甲羅_焼物2.jpg

北極圏などで穫れるタラバガニとは違い、
チリやアルゼンチンなどの近海で穫れるタラバガニだそうですが、
味そのものは一般的なタラバガニとほとんど変わらず、
焼き物に最適な身のしっかり具合だったし、美味しさも文句なし☆

しいて違う点を挙げるならば、タラバガニと比べて少しサイズが小さく感じますが、
何の説明も無く提供されれば、きっとほとんどの人が
普通のタラバガニだと思って食べると思います。



次に【揚げ物】として
ずわい蟹の磯辺揚げ。
甲羅_揚げ物2.jpg

ズワイガニの身に海苔を巻き、それに衣をつけて揚げた料理で、
海苔の風味が効いた秀逸でした♪



次に【酢の物】として
蛸と蟹の酢の物。
甲羅_酢の物2.jpg

濃いめの味の料理が続く中で、箸休めとしてピッタリの酢の物。
タコのプリコリッとした食感と甘味を、
ミョウガが引き締めてくれてるのがいい感じ◎



次に【お食事】として
お寿司の盛り合わせ(手毬寿司・カンパチ・鰻・帆立)
甲羅_お食事2.jpg

これまた見た目も上品だし、どのお寿司も鮮度抜群だったので
カニ料理を食べ続けた胃にも軽く収まってくれました♪



そして最後に【デザート】として
南瓜プリンと季節のフルーツ盛り。
甲羅_デザート2.jpg

食事の後に甘いものを食べないと気がすまない私としては、
果物とプリンがセットになっているのが最高で、
最初から最後まで大満足の懇親会でした◎


こんな感じで、カニ料理を筆頭に様々な料理を堪能できるお店なので、
特別な日の食事や宴会・接待などに是非利用してみて下さい。



▼『高松甲羅本店』の詳しい情報はこちら▼
■PC・スマホ版■ http://www.ku-zou.com/shop/takamatsukoura/
■ガラケー版■ http://www.ku-zou.com/mb/shop/takamatsukoura/
nice!(13) 
共通テーマ:グルメ・料理

『焼肉 鶴山 高松上天神店』 [焼肉]

ドン・キホーテ高松店がある上天神交差点から空港通りを南へ約200mの場所にある
『焼肉 鶴山 高松上天神店』
鶴山-外観2.jpg


2018年4月20日にオープンした焼肉店で、岡山に本店があるそうです。

ちなみに場所の説明として、
『ビーフレストラン ウエノ』の南隣と言ったほうが分かりやすいと思います。

にしても、肉料理のお店の隣に焼肉屋さんができるのは面白いし、
利用する側からしても、ハンバーグやステーキなら『ウエノ』、
焼肉なら『鶴山』という選択ができるのは便利です。


で、このお店の珍しいポイントは
格安店ではなく、どちらかといえば高級店なのに
昼から夜まで通し営業をしているということ。

格安店だとしても夜だけの営業も珍しくないのが焼肉業界なのに
昼間から贅沢な食事をいつでもできるのは貴重な存在です。

しかも、お得なランチメニューも無く、
一日を通してグランドメニューだけを扱っているのも珍しい。


店に入ると広くてオシャレな場所に客席がたくさん並んでいて、
それを囲むような形で様々なタイプの個室も用意されているので
全110席という豊富な客席が、あらゆるシチュエーションに応えてくれます。

今回は、その広い場所にあるテーブルに案内されましたが、
一般的な焼肉店と比べて照明が明るいせいか開放感がありました★
鶴山-店内2.jpg


そんなお店で注文したのは
「上カルビ(和牛) 1,650円」
「和牛特上ハラミ 1,600円」
「角切りヒレステーキ(和牛) 2,100円」


参考までに、今回立ち寄ったのは19時頃で、
「上ロース(和牛) 1,800円」も注文しようと思ったのですが
昼間のうちに完売してしまったとの事だったので
食べたい部位を余さず堪能したい場合は早い時間に立ち寄るほうがいいかもしれません。


ただし、お店のうんちくによると、一つのブランド牛に絞るのでなく、
A4・A5ランクの佐賀牛や千屋牛、桃太郎ビーフ、奈義ビーフ、国産黒毛和牛などを
オーナーの目利きによって仕入れているそうなので
前回食べた部位を次回注文しても同じ味ではないと思います。

が、厳選された牛肉を扱っているのは間違いないので
例え自分の食べたい部位が完売していても、
代替えで注文した部位で新しい味に出会えるかもしれません。


かくゆう私も「上ロース(和牛)」の代わりに注文したのが
「角切りヒレステーキ(和牛)」だったのですが、
ある意味、完売していてくれていた事に感謝したくなるほど美味しかった☆♪♪
鶴山-ヒレステーキ2.jpg

ステーキと呼ぶにふさわしい厚みのあるヒレは
柔らかさと肉の甘味・旨味を存分に兼ね備えているだけでなく、
少し焼きすぎても美味しさを損なわないほど高い品質が素晴らしかったです♪


もちろん「上カルビ(和牛)」と「和牛特上ハラミ 」の肉質も抜群で、
高級で上質な味わいが、焼肉を食べている満足度を上げてくれました☆
鶴山-カルビ&ハラミ2.jpg


という感じで昼間から贅沢を堪能できる焼肉店は
接客や盛り付けも良かったので、気になった人は立ち寄ってみて下さい★★


▽メニュー紹介

▼特選
「上ロース(和牛) 1,800円」
「上カルビ(和牛) 1,650円」
「和牛特上ハラミ 1,600円」
「上塩タン 1,500円」
「上ハラミ 1,300円」
「上タンたれ 1,500円」

▼ステーキ・熟成肉・ユッケ
「厚切りタンステーキ 1,650円」
「塩ヒレ(和牛) 2,600円」
「角切りヒレステーキ(和牛) 2,100円」
「熟成ロース 1,300円」
「熟成カルビ 1,200円」
「ユッケ 950円」

▼ネギ焼肉
「ネギハラミ(和牛サガリ) 1,200円」
「ネギタン 1,150円」

▼焼肉
「ロース(和牛) 1,100円」
「アバラ 850円」
「カルビ 820円」
「ハラミ 800円」
「塩タン 900円」
「タンたれ 900円」

▼ホルモン焼
「上ミノ 800円」
「大チョウ 700円」
「シンゾウ 500円」
「センマイ 500円」
「レバー 450円」
「ホルモン(小腸) 550円」

▼トリ・ブタ・海鮮
「鶏トロ(みつせ鶏) 700円」
「トリ 500円」
「ブタ(瀬戸内六穀豚) 600円」
「ウインナー 550円」
「エビ 850円」
「貝柱 850円」
「イカ 620円」
「あわびステーキ 1,500円」
「ロブスター 1,500円」

▼ちょっとずつ色々食べたいお客様
「鶴セット(280g) 2,000円」
「山セット(300g) 1,650円」

▼野菜
「チシャサラダ 700円」
「サンチュ 480円」
「焼野菜 480円」
「焼ほんしめじ 800円」
「国産にんにくオイル焼き 500円」
「ナムル盛り合わせ 600円」
「シーザーサラダ 900円」
「ポテトサラダ 500円」
「ツナサラダ 900円」

▼キムチ
「白菜キムチ 400円」
「大根キムチ 400円」
「胡瓜キムチ 400円」
「キムチ盛り合わせ 650円」
「オクラキムチ 450円」
「長芋キムチ 450円」
「キムチ2種盛り 650円」
「ポッサム 820円」

▼スープ
「タマゴスープ 400円」
「わかめスープ 400円」
「ミックススープ 450円」
「野菜スープ 450円」
「ほんしめじスープ 650円」
「カルビスープ(和牛) 870円」
「テールスープ(和牛) 900円」
「トーフチゲ 900円」
「トリクッパ 650円」
「カルビクッパ(和牛) 950円」
「テールクッパ(和牛) 950円」

▼ご飯・冷麺
「石焼ビビンバ 1,050円」
「ビビンバ 700円」
「ライス 小160円/中220円/大380円」
「冷麺 800円」
「あわび粥 1,700円」

▼デザート
「カルピスシャーベット 200円」
「ケーキ(チーズ・ガトーショコラ) 各250円」
「クレミア(ソフトクリーム) 500円」
「カタラーナ(焼きプリンのアイス) 350円」
「レモンシャーベット 350円」
「マンゴーシャーベット 520円」
「ピーチシャーベット 520円」
「メロンシャーベット 650円」
「柚子シャーベット 500円」
「パインシャーベット 650円」
「デザートセット 450円」


【住】香川県高松市上天神町777-1
【電】087-899-6089
【営】月~土11:30~22:00(Lo.21:30)
   日・祝11:30~21:30(Lo.21:00)
【休】木曜
【席】110席
【駐】有




nice!(13) 
共通テーマ:グルメ・料理

『香川のうまいもん喰うぞう!』レギュラー第1弾♪ [雑記]

CMS(ケーブルメディア四国)で放送された特別番組
『高松のレジェンド店を喰うぞう! 』が、
『香川のうまいもん喰うぞう!』と名を変えて4月から放送されていますが、
第1弾の本編がYouTubeで閲覧解禁になりました♪


記念すべき第1弾で紹介するお店は
『ぶつぎりたんちゃん』と『たこ焼きマークン』。

どちらもこだわりの強いお店なので必見です◎

▼『香川のうまいもん喰うぞう!』第1弾本編
https://youtu.be/iyDVYcKU2TQ


しゃべりド素人の私を
ロックバンドSHAMOのボーカル ヤスくんがフォローしてくれて
分かりやすく、テンポのいい番組になっていますので是非見てみて下さい♪
たんちゃん-長船2.jpg
たんちゃん-撮影スタッフ2.jpg


そして、CMS(ケーブルメディア四国)では
第2弾の放送が開始されていますので、
ケーブルテレビ視聴者様は最新映像もお見逃し無く◎

第2弾紹介店舗
『讃岐つけ麺』『WHIPPERS(ホイッパーズ)』

▼CMS(ケーブルメディア四国)
https://www.cavy.co.jp/

▼ロックバンドSHAMO
http://shamo70smix.com/

▼香川のグルメサイト 喰蔵
http://www.ku-zou.com/

▼セブンラノイ株式会社
http://sevenranoj.com/
nice!(11) 
共通テーマ:グルメ・料理

『しゃぶしゃぶブッフェ しゃぶ葉(しゃぶよう)高松レインボーロード店』 [しゃぶしゃぶ]

宮脇書店南本店の北隣にある
『しゃぶしゃぶブッフェ しゃぶ葉(しゃぶよう)高松レインボーロード店』
しゃぶ葉-外観2.jpg


『ガスト』や『ジョナサン』をはじめ、様々な飲食店を展開している
<すかいらーくグループ>が経営する食べ放題のしゃぶしゃぶ屋さんで、
以前は『レストラン 北斗 高松太田店』があった場所です。

入口脇に「ランチ1,199円~、ディナー1,599円~、平日ランチ時間無制限」と表示があるように
気軽にしゃぶしゃぶ食べ放題を楽しめるだけでなく、
寿司も食べ放題のメニューもあるのが魅力的。


あと、野菜や薬味の種類もすごく多くて
食べ放題の途中に色んな味変が可能なので
ガッツリ食べたい男性も、ヘルシーに色んな味を愉しみたい女性にも好評だと思います。
しゃぶ葉-野菜2.jpg
しゃぶ葉-薬味2.jpg
しゃぶ葉-ごはん2.jpg
しゃぶ葉-ドリンクバー2.jpg


しゃぶしゃぶ用の出汁にしても、
火鍋用の鍋を使用する事で、2種類の出汁を選べるので
更に味のバリエーションが広がるのが嬉しい。


そんなお店で注文したのが
「寿司付き 牛&三元豚 食べ放題コース 2,267円」

ちなみに寿司食べ放題のメニューがあるのはディナーだけで、
ネタの種類は「まぐろ・サーモン・サーモンハラス・すずき昆布〆・
いか・たこ・つぶ貝・海老・帆立・穴子・玉子」の11種類だけですが、
注文した時に渡される紙に記入して、専用コーナーの職人さんに渡すと
その場で握ってくれるのがいい。
しゃぶ葉-寿司2.jpg


それをもらってテーブルに戻るとすでに肉が到着していて、
鍋の出汁も沸騰していたので早速実食。
しゃぶ葉-肉2.jpg

食べ放題なので肉の質は極上というわけにはいきませんが、
それでも食べ放題としては十分満足できるレベルなので
100分の時間制限内で結構な量が食べられます。


しかも、食事の途中に甘いものを挟むと食欲が戻る私にとしては
ソフトクリーム、かき氷、わた菓子等が用意されたデザートコーナーがあるので
更に食べる量がかせげるのがよかったです♪
しゃぶ葉-アイスクリーム2.jpg


そんな感じでメインのしゃぶしゃぶ以外にも色々と楽しみの多いお店は、
和風の落ち着いた雰囲気と、若いスタッフの行き届いた接客もいい感じでした★★
しゃぶ葉-店内2.jpg


▽メニュー紹介

▼ランチコース
※11:00~16:00
※平日時間無制限・土日祝80分
※各コースの料金は土日祝は+100円
※3歳以下は全て無料
「牛&三元豚 食べ放題コース 大人1,599円/小学生899円/幼児599円」
「イベリコ豚&牛肉 食べ放題コース 大人1,999円/小学生1,399円/幼児599円」
「イベリコ豚&国産牛 食べ放題コース 大人2,999円/小学生1,999円/幼児599円」
「国産牛&三元豚 食べ放題コース 大人2,699円/小学生1,699円/幼児599円」
「三元豚 食べ放題コース 大人1,399円/小学生899円/幼児599円」
「三元豚バラ 食べ放題コース 大人1,199円/小学生899円/幼児599円」
「三元豚肩ロース 食べ放題コース 大人1,199円/小学生899円/幼児599円」

▼ディナーコース
※16:00~24:00
※平日・土日祝共に時間制限100分
※土日祝は表示料金に+100円
※22:00以降入店で深夜料金10%加算
※3歳以下は全て無料
「寿司付き 牛&三元豚 食べ放題コース 大人1,999円/小学生999円/幼児599円」
「イベリコ豚&牛肉 食べ放題コース 大人2,499円/小学生1,599円/幼児599円」
「イベリコ豚&国産牛 食べ放題コース 大人3,499円/小学生2,399円/幼児599円」
「寿司付き 国産牛&三元豚 食べ放題コース 大人3,099円/小学生1,999円/幼児599円」
「三元豚 食べ放題コース 大人1,799円/小学生999円/幼児599円」
「三元豚バラ 食べ放題コース 大人1,599円/小学生999円/幼児599円」
「三元豚肩ロース 食べ放題コース 大人1,599円/小学生999円/幼児599円」

▼飲み物
「ドリンクバー 220円」


【住】香川県高松市伏石町2139-9
【電】087-864-5060
【営】11:00~24:00(入店ストップ23:00)
【休】無休
【席】136席
【駐】共有駐車場有




nice!(8) 
共通テーマ:グルメ・料理

『インド&ネパール料理 Hot Chilli(ホットチリ)』 [カレー]

JR端岡駅から県道33号線を東へ約150mの場所にある
『インド&ネパール料理 Hot Chilli(ホットチリ)』
ホットチリ-外観2.jpg


以前は『ネパールキッチン サムジャナ 端岡店 』だった場所ですが、
更にその前の『讃岐の香り 石川うどん』だった場所と説明したほうが
分かりやすいかもしれません。
ホットチリ-店内2.jpg

で、今回のお店のジャンルはいわゆるインド系のカレー屋さん。

ちなみに、インド系のカレー屋さんの話をしていて
必ずといっていいほど名前が挙がるのが『チシティ』。

その『チシティ』や今回のお店も含め、インド系のカレーを食べられるお店の肩書として
<インド料理><パキスタン&インド料理>
<ネパールキッチン><ネパール・インド・レストラン>
といった感じで様々な分類分けがされているのは知っていますが
何がどう違うのかハッキリ分からないのが悔しい。


ただ、個人的にほぼ確定している要素としては、
インド系のカレー屋さんの店員さんは接客がものすごく丁寧な人が多いという事。

しかも丁寧なだけでなく、フレンドリーさも兼ね備えているので
その接客を受けているだけで少し癒やされるのが心地いい♪


そんなお店で注文したのは
「ウエルカムセット 1,580円」を2人前。

カレー2種類・ライス・ナン・サラダ・タンドリーチキン1P・ドリンク
がセットになっているので、初めて利用する人にはピッタリだと思います。


という事でカレーは全部で4種類選べるにもかかわらずチョイスしたのは
「チキンカレー」「バターチキン」「チキンほうれん草」「チーズほうれん草」という
王道系ばかりww
ホットチリ-カレー2.jpg

ただし、辛さは「チキンカレー」「バターチキン」を普通、
「チキンほうれん草」「チーズほうれん草」は激辛でお願いしたので
辛さのレベルの違いはしっかりと判断できてよかったです。

で、やっぱり再認識できたのはインド系カレーの辛さはあまり辛くないという事。

かといって普通の辛さでも物足りなさを感じないのは
様々なスパイスを絶妙なバランスで調合しているからだと思います◎


にしても、どのカレーも美味しさのレベルが高くてビックリ☆
ホットチリ-カレー俯瞰2.jpg

正直、こういうタイプのカレーの味は可もなく不可もなく感じる事がありますが
ここの味は明らかに美味しい♪

4種類あっても最後まで飽きる事が全く無いどころか
ナンを追加してもっと食べたくなりました◎

そのナンに関しても、
一つは普通に、一つは200円を追加してチーズナンに変更してみましたが
普通のナンの大きさは驚嘆に値するサイズで、
他の客席からも「うわっ!デカッ!!」という声が聞こえてきたし、
チーズナンに使われている大量のチーズと、
ふんわりトロ~リの食感と共に口に広がる濃厚なクリーミーな旨味が最高に美味しかった☆


それと、タンドリーチキンは独特な風味があって苦手な場合がありますが
ここは香ばしさといい、肉の柔らかさといい、スパイシーな味わいといい
少なくとも私の好みにはピッタリで、単品で注文してたくさん食べたい絶品でした♪♪


という感じで、意外な場所で想像を超える美味しさを満喫できるお店なので
近くに寄った時だけでなく、わざわざ行く価値があると思います♪



▽メニュー紹介

▼ランチセットメニュー
「Aセット 700円」
┗カレー1種類・サラダ・ナン又はライス
「Bセット 880円」
┗カレー2種類・サラダ・ナン又はライス・シシカバブ1P・チキンティッカ1P
※1種類は日替りカレーになります
「Cセット 880円」
┗チーズほうれん草カレー・サラダ・チーズナン又はライス・チキンティッカ1P
「Dセット 1,400円」
┗カレー1種類・サラダ・選べるナン又はライス・シシカバブ1P・チキンティッカ1P・ソフトドリンク
◇選べるセットカレー
チキン/サグチキン/キーマ/野菜/チーズパラク/アルパラク/ダルバター

▼ランチサイドメニュー
「ミニサラダ 150円」
「シシカバブ 1P 200円」
「ガーリックティッカ 1P 180円」

▼ディナーセットメニュー
「ラッシーセット 1,480円」
┗カレー・タンドリーチキン1P・シークカバブ1P・ナン・サラダ・ドリンク
「ビールセット 1,800円」
┗カレー・ビール・サモサ・パパド・タンドリーチキン1P・ナン・サラダ
「ウエルカムセット 1,580円」
┗カレー2種類・ライス・ナン・サラダ・タンドリーチキン1P・ドリンク
「サモサセット 1,280円」
┗カレー・サモサ・ナン・ドリンク
「マハラジャタリセット 2,300円」
┗カレー2種類・タンドリーチキン1P・シークカバブ1P・パパド・ビリヤニ・ナン・サラダ・ビールorワイン
「ラジナセット 1,480円」
┗カレー2種類・チョコレートナン・ライス・ホットチャイ
「キーママタルライスセット 1,000円」
┗ひき肉とグリーンピーズのカレー・サラダ・ラッシー
「ラビナセット 1,480円」
┗カレー・ナン・サラダ・ビリヤニ・タンドリーチキン1P・ラッシー
「お子様セット 550円」
「カレー・サラダ・ライス・ナン・ドリンク・デザート」

▼一品料理
「グリーンサラダ 500円」
「チキンサラダ 550円」
「ツナサラダ 600円」
「パトマスサンデコ 500円」
「タンドリーチキン2P 500円」
「チキンティッカ3P 500円」
「ガーリックティッカ3P 680円」
「シークカバブ3P 600円」
「ボティティカ 500円」
「チキンビリヤニ 850円」
「マトンビリヤニ 950円」
「ベジタブルビリヤニ 800円」
「ブロウンビリヤニ 980円」
「トムヤムクン 900円」
「じゃがいもの天ぷら 700円」
「じゃがいもの漬物 370円」
「豚のスパイシー焼き2P 600円」
「トゥクパ 900円」

▼カレー料理
「チキンカダイ 980円」
「チキンカレー 800円」
「バターチキン 950円」
「キーママタル 850円」
「チキンほうれん草 880円」
「チキンブナ 880円」
「ごまチキン 1,000円」
「ダールチキン 900円」
「たまごカレー 750円」
「カダイマトン 1,000円」
「マトンカレー 900円」
「マトンほうれん草 980円」
「マトンブナ 980円」
「ダールマトン 950円」
「ごまマトン 1,300円」
「ベジタブルカレー 850円」
「じゃがいもほうれん草 850円」
「ほうれん草ベジタブル 850円」
「ヒヨコ豆カレー 850円」
「とうふほうれん草 850円」
「チーズほうれん草 850円」
「とうふカダイ 900円」
「ダール豆 800円」
「ブロウんカレー 900円」
「ブロウンほうれん草 980円」
「シーフードマサラ 1,000円」
「ブロンブナ 1,000円」

▼ナン
「プレーンナン 300円」
「チーズナン 450円」
「キーマナン 500円」
「ガーリックナン 500円」
「チョコレートナン 500円」
「さつまいもナン 450円」
「ハニーナン 500円」
「ロールナン 500円」
「ツナロールナン 500円」
「チーズロールナン 500円」
「ベジタブルサンド 500円」
「チキンナンサンド 500円」
「ツナサンド 500円」
「ポテトチーズナン 500円」
「かぼちゃナン 500円」

▼デザート
「バニラアイス 400円」

▼食べ放題
※前日までに要予約 ※2名様~
「2時間 食べ飲み放題 3,800円」

▼アルコール
「キリンビール 500円」
「ハイボール 450円」
「コーラハイボール 500円」
「ジンジャーハイボール 500円」
「レモン酎ハイ 380円」
「ライム酎ハイ 380円」
「グラスワイン(赤・白) 380円」
「焼酎(水割り・お湯割り・ロック) 500円」
「キングフィッシャー 500円」
「ゴッドファーザー 550円」

▼ソフトドリンク
「ラッシー 400円」
「マンゴーラッシー 450円」
「オレンジジュース 300円」
「コーヒー(アイス・ホット) 300円」
「チャイ(アイス・ホット) 300円」
「コーラ 300円」
「ジンジャーエール 300円」
「マンゴージュース 400円」
「ウーロン茶 300円」


【住】香川県高松市国分寺町新居349-4
【電】087-874-5911
【営】11:00~15:00(Lo.14:30)/17:00~22:00(Lo.21:30)
【休】無休
【席】50席
【駐】10台




nice!(8) 
共通テーマ:グルメ・料理

チリチーズバーガー♪ [レストラン]

西村ジョイ屋島店の北側の交差点から瀬戸大橋通りを東へ約250mの場所にある
『HANDMADE BURGERS &CAFE SANTA'S DINER』
(ハンドメイドバーガー&カフェ サンタズダイナー)
サンタズダイナー-外観2.jpg


チェーンではない、手作りならではの本格派ハンバーガーを食べられるお店で、
アメリカナイズされた内装や小物も人気の秘訣となっていますが、
お店を切り盛りするオーナー“通称おっちゃん”の
魅力に惹かれてリピートするファンも多い人気店です♪
サンタズダイナー-店内2.jpg


価格帯としては、
オーソドックスな「ハンバーガー」で680円なので決して安いとは言えませんが、
どのハンバーガー・サンドイッチ・ホットドッグを注文しても
「ポテト」「サラダ」「トルティーヤ」のどれかが付いてくるのが嬉しい◎


しかし、そんなおまけが無くても
十分すぎるほど値段以上の価値があると思わせてくれる美味しさが最大の特徴です☆

そんなお店で注文したのが
春限定の「チリチーズバーガー 890円」と
定番メニューの「Wベーコンチーズバーガー 1,180円」


約6年前に書いた記事を見返してみると
当時より少し値上がりしていましたが、やはり許容範囲内です♪

▼過去記事
http://ku-zou.blog.so-net.ne.jp/2012-10-27

その時も書いた事ですが、注文してから作ってくれるので
約16分待った頃に完成。

これが平均時間かどうかは分かりませんが、
ファストフードのように速攻では完成しないのは確かなので
時間に余裕をもって立ち寄るのをオススメします。


そうして届いたハンバーガーに対し、
おっちゃんが丁寧に食べ方や味付けの仕方を教えてくれるのも楽しいので
過去に利用した経験があっても、初めてのフリをしてレクチャーしてもらうのも一興◎


で、おっちゃん曰く、テーブルに置いてある
ケチャップやマスタードをかけるのもオススメらしいけど
やっぱり最初はそのまま食べるのがベスト♪

肉感の強い、特注の国産合挽きパティからは
噛む度に肉汁が溢れて包んだ袋の中に溜まり、
カリカリベーコンの密度の高い味と、とろけるチーズの濃厚かつコクのある旨味が
新鮮なレタスとトマトのみずみずしさとマッチして、本当に美味しい☆
サンタズダイナー-ベーコンチーズバーガー2.jpg


もちろん、タルタルソースやバンズだけでなく
おまけのポテトやトルティーヤにも一切の手抜きを感じないのが素晴らしい◎


「チリチーズバーガー」も、店によってはクセがありすぎたりしますが
ちょっと甘めで少しピリッとくるチリソースが絶妙なので、
こういったメニューが苦手な人にも食べてみてほしい逸品に仕上がっていました♪
サンタズダイナー-チリチーズバーガー2.jpg


そんなお店は、ハンバーガー目当てだけでなく
飲み物だけの利用も大歓迎らしいし、
コーラとジンジャーエールに至っては
注文した後に、店内に設置してあるレトロな自動販売機から
自分で取り出すというイベント性も楽しめるので是非一度利用してみて下さい。



▽メニュー紹介

▼春限定
「チリバーガー 830円」
「チリチーズバーガー 890円」
「チリベーコンチーズバーガー 1,040円」

▼HAMBURGERS
「ハンバーガー 680円」
「Wバーガー 980円」
「チーズバーガー 740円」
「Wチーズバーガー 1,040円」
「ベーコンチーズバーガー 890円」
「Wベーコンチーズバーガー 1,180円」
「てりたまバーガー 860円」

▼SANDWICH & HOTDOG
「ツナサンド 660円」
「プレーンドッグ 500円」
「チリドッグ 620円/+50円でハラペーニョ付き」
「ベーコンエグドッグ 620円」
「チリチーズドッグ 670円/+50円でハラペーニョ付き」

▼SIDE DISHES
「サンタズチキン 520円」
「骨付きフランク 490円」
「フライドポテト 320円」
「オニオンリング 320円」
「ハッシュドポテト 320円」
「トルティーヤ 210円」

▼DESSERTS
「フォンダンショコラ 500円」
「トロピカルジンジャー 460円」


【住】香川県高松市屋島西町2506-17
【電】087-816-0889
【営】11:00~20:00/土日祝9:00~20:00
【休】火曜
【席】40席
【駐】10台




nice!(12) 
共通テーマ:グルメ・料理
焼鳥てんやわんや
お好み焼 多美也 -たみや-
お好み焼 ふみや 加治屋町店
飲茶居 天胡同 (やむちゃどころ ティンプートン)
CMS ケーブルメディア四国
香川のグルメ情報検索サイト 喰蔵 -くうぞう-